初心者向けパソコンの選び方【失敗しない】

初めてのパソコンのおすすめ

初心者向けパソコンの選び方を解説しています。

初めてのパソコンって何を買えば良いのかわからないものですよね。初めてでも失敗しないように選ぶポイントをまとめています。
また、予算に合う安いモデルを購入する方法も掲載しています。

パソコンがあるととても便利です。
インターネットをしたり映画を見たり音楽を聞いたりできます。
プログラミングなどのパソコンのスキルがあれば仕事でも使える技術になります。

はじめてのパソコンは激安でも良いと思います。PCに慣れたら色々とメーカーなどを比べてお気に入りの1台を見つけましょう。

初めてでも使いやすいパソコンのスペックとは

パソコンを選ぶ基準になるのは性能です。
なにを目的に使うのかによってパソコンを選ぶ判断基準になります。
初めてのパソコン選びではPC(パソコン)のスペックを選ぶための用語を解説していきます。


CPUとは

CPUとは「central processing unit」の略で中央処理装置です。
パソコンの脳みそと言われる速さが関係してきます。
例えばインテルというメーカーがCore i7という商品があります。

ただ、激安でノートパソコンを選ぶ場合には処理の性能スピードはあまり速いものではありません。
なぜならCPUのスペックはパソコンの価格に反映されやすいからですね。


メモリとは

メモリとは一時的にデータを記憶する装置です。
RAMと呼ばれます。Random Access Memory(ランダム・アクセス・メモリ)

メモリは作業台に例えられることが多いのですが、メモリが小さいと作業が遅くなります。メモリが大きいと作業しやすい環境になります。
つまりCPUが速くてメモリがある程度大きいとサクサク動くパソコンということになります。

激安PCでも、できればメモリは8GBあったほうが良いですね。


HDDやSSDとは

HDDやSSDは、ストレージと呼ばれる部分です。
ストレージはデータを保存しておくための装置です。

HDDはハードディスクドライブと呼ばれ安いですが、SSDに比べると遅いです。

SSDは(Solid State Drive)の略でメモリのように半導体ですがHDDのように使えて保存ができるストレージです。
HDDよりも小さく、速いのが特徴です。ノートパソコンに搭載されていることが多いですね。
日本のブランドではバッファローの外付けSSDが高速でおすすめです。

初心者向けパソコン

初心者におすすめのパソコンは、WindowsかMACかによって変わってきます。
一般的で安いものが多いのがWindowsです。
クリエイターが使うのがMacです。

初心者なら利用者が多いWindowsにしておきましょう。
目的があればもちろんMacでも良いですね。


Windowsのノートパソコンは初心者に最適

Windowsのノートパソコンは初心者に最適です。ガイドブックなども充実しており対応している周辺機器も多いからです。
Windowsなら使いやすいのHPあたりが高すぎず、買いやすい価格で購入できます。
初心者の方でもはじめやすい安いノートパソコンです。

HP15-db0000のノートパソコンは基本性能が高いのでおすすめです。
DVDが付いているしWindows10なのでセキュリティー面も安心です。
重くないゲームならギリギリできるスペックですね。

ブランド:ヒューレット・パッカード
商品重量:2 Kg
梱包サイズ:24.7 x 37.7 x 2.6 cm
商品の寸法:37.7 x 2.6 cm
画面サイズ 15.60 インチ
ディスプレイ最大解像度 1920×1080
CPU:AMD A4
CPU速度:2.30 GHz
プロセッサ数:2
RAM容量 8 GB
HDD容量 256 GB
ハードディスク種類:SSD
OS:Windows 10 Home

officeのセットを選ぶこともできるのも良いところです。
webカメラとデュアルスピーカーが付いているのでスカイプなどもできますね。

6万円ぐらいが相場です。 (価格は変動します)Amazonでも評判が高くずっと使える1台です。


Macのノートパソコンはデザインをしたい方

MacBook Airはデザインの作業におすすめのノートパソコンです。
高解像度の解像度のディスプレイなのでデザイナーさんなら使いやすいでしょう。
2,560×1,600の解像度、印刷物のようなクリアな画面です。

Macの場合はWindowsとOSが異なるので、周辺機器では使えないものも出てくるので注意です。

安くて良いパソコンの選び方

初心者の方におすすめなのが中国製のノートパソコンです。
GLMやエイサーなど安くて良いものが多いです。

GLMのマイクロソフトのオフィスが入ったノートパソコンが安いです。

BTOのパソコンで選ぶのは、初心者さんにはおすすめできません。
良いパソコンにするために必要以上にスペック高くなってしまうためです。

中古のパソコンで選ぶのは失敗しても良ければ良いでしょう。
中古車と違って中古で安くて速いものを見つけるのは難しいです。
中古で買う場合は、初心者の方は価格で決めてしまいがちですが4万円以上のものにしておきましょう。
安すぎるとメモリが不足していて遅いPCが多いです。

インターネットはどうすれば良いの?

パソコンを買ったら次はインターネットです。
プロバイダを選ぶか無線LANを借りましょう。


プロバイダと契約する

プロバイダ探しはなかなか大変ですね。
大手を使っておけばまず間違いないでしょう。
NTTの下記のサイトが参考になります。

教えて!プロバイダって何?


無線LANを借りる

家の中ならLANでインターネットができますが、外で使うときにはWiFiを借りる必要があります。
>>ノートPCはWi-Fiがおすすめ【外出先でインターネットを使いたい】

使い方がわからない時

使い方がわからない時は、ネットがつながる環境でなければ本を見ながらやりましょう。
ネットにつながったら、Googleで調べながら解決していくのが良いでしょう。


パソコンの本で調べる

Amazonなどでわかりやすそうな本を1冊かっておくと何かと便利です。
ネットの情報では部分的に書いてあることが、体系的に書かれています。


ネットでパソコンの使い方を検索する

Windowsならエッジ、MacならサファリといったWebブラウザをダブルクリックしすれば良いですね。
ネットでわからない言葉を検索BOXに入れて検索しましょう。

まとめ

初心者ならWindowsのパソコンがおすすめです。
ノートパソコンなら4万円~7万円ぐらいの安すぎず高すぎない価格帯が良いでしょう。

●関連記事
初心者におすすめのノートパソコン