ノートパソコンを外出先でWi-Fiを使うおすすめの方法3選

ノートPCはWi-Fiがおすすめ

ノートPCを外出先でインターネットをする時があります。
Wi-Fiを外で使うにはどうすれば良いか、ネット利用するための方法をまとめました。

ノートパソコンは外でネット接続ができると便利です。
ネットができればPCでメールの送受信もキーボードでできるし楽ですね。

Wi-Fiっていうのは無線LANですね。つまり、LANケーブルが無くてワイヤレスでネットにつなげるということです。

Wi-Fiは、Wireless Fidelityの略で無線に忠実っていう意味なんですね。

外でノートPCをつなげようとした場合にはすぐに思いつくのはWi-Fiスポットですね。
駅やカフェなどでWi-Fiスポットで使えるサービスもありますが探すのも大変です。
セキュリティー的にも保証されているわけではありません。
ノートンのセキュリティソフトでパソコンを守る必要があります。

そこで簡単にネットにつなげられる、おすすめの方法がレンタルWi-Fiです。
小さなWiFiルーターを持ち歩いてネットにつなげるというものです。

コンテンツについて、一部にアフィリエイト広告が含まれます。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

ノートPCはWi-Fiがおすすめ

ノートPCはWi-Fiがおすすめ

フリーWiFiで無料のインターネットを使う

フリーWiFiのインターネットを使う方法もあります。
駅周辺に飛んでいる無料の無線LANをノートパソコンに接続することもできます。

たとえば、カフェでノートPCを開いて作業している方もいますが、スタバのようなカフェにもフリーWi-Fiが使えるようになっています。無料で使えるのががメリットですね。

ただし、リスクもあり、あまり信用ができないと感じたらやめた方が良いですね。
特にセキュリティー的には確実ではないので、メールの覗き見をされたくなければやめといた方が良いです。もうひとつ、通信のスピードはルーターなど環境にもよりますが、多くの人が使えば回線が混み合うと通信速度が遅くなるというデメリットもあります。

Wi-Fiスポット

Wi-Fiスポット
Wi-Fiスポットは駅など人が多く利用する場所で提供されています。
ですので空港や飲食店などでも使えるようになっている場合があり、都心ではスポットも多いですね。
フリーWi-Fiが使える場合にはマークなどで表示されていることも多いです。街なかで接続をしたい場合に便利です。

利用する注意点としては安全性には気をつけた方が良いですね。無料のWi-Fiスポットの場合にはパスワードを盗まれてしまう可能性もあります。
また、Webページなどでブラウジングする時にはhttps以外のサイトは暗号化されていないので見ないようにしましょう。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」アプリなどで設定するスマートフォンでは定額サービス・プランに加入していないと別途、パケット代は発生するので注意です。



ノートパソコンでスマホのテザリングする

テザリングはスマートフォンを使って、ノートパソコンやゲーム機などを接続する方法です。iPhoneならインターネット共有をオンにして使う設定をします。Wi-Fiで接続をするならパスワードなどセキュリティにも注意する必要があります。
メリットはプランに入れば手軽にはじめられることですが、データ通信量には十分注意しましょう。スマホをアクセスポイントにしてネット接続が可能になります。ソフトバンクの場合には「テザリングオプション」のデータ(パケット)定額サービスが550円かかりますね。プランによっても違うようです。(価格は2024年1月24日の時点)また、ドコモでも通信料金が高くなるため、パケット定額サービスでの利用を推奨していますね。

モバイルWiFiルーターをレンタルする

モバイルWiFiルーター
WiFiを使いたい時にはモバイルルーターをレンタルする方法もあります。モバイルWiFiルーターなら電波を気にせずにどこでもWi-Fiが使えます。
ときどき使うぐらいなら買うよりも借りた方が料金が安い場合もあります。数日間、外出する時におすすめです。初期費用とか、年間契約も不要です。
無料のWiFiに比べればレンタルの方が安全ですね。

Wi-Fiはレンタルすることができるので旅行や出張のときに便利です。海外に住んでいるかたが一時的に国内で使われることも多いですね。
レンタルの場合は、1日だけでも使えます。1日の場合は目安としては550円ぐらいであります。1週間借りたい時には3000円ぐらいですね。
ちなみにポケットWi-Fiの場合には通信の上限があることが多く、無制限では使えないので注意をした方が良いです。

WiFiとノートパソコンの接続方法は、WiFiの電源をONにしてノートパソコンで電波を選んでパスワードを入れます。

通信速度をチェック

通信速度をチェック
通信速度には4Gや5Gなどがあります。4Gの場合には最大で約1Gbpsの速度があるとすると、5Gでは最大10Gbpsの速度になります。(使用する環境やルーターの製品・デバイスなどの条件にもよります。)
いずれにしても高速に端末を使うことができるのは4Gより5Gのほうが速く通信することが可能になります。レンタルするときには5G対応モデルはやや高くなりますが、「Wifiレンタルどっとこむ」でレンタルできます。
>>Wifiルータが格安で1日からレンタル可能【Wifiレンタルどっとこむ】

WiFiルーターの選び方

WiFiルーターは自宅の光回線と違って通信接続の安定性が会社によっても変わってきます。

WiFiルーターの選び方は電波を使うエリアによって選びましょう。キャリアによっても通信の得意・不得意があるので使う環境によって、回線の安いプランを検討できると良いですね。
都心などはWiMAXがおすすめです。郊外でも広い範囲に対応しているのはY!mobileですね。
山でつながりやすいのはdocomoといわれています。地図で接続地域を確認した方がよいですね。

小型のノートパソコンなどでは持ち運ぶ機会も多いため外でネットにつなぐ方法をおさえておきましょう。

デザリングよりもWiFiがおすすめ

ノートPCでデザリングをしてスマホを親機として接続する方法もあります。
その場合には別途携帯電話会社と契約が必要になるので毎月500円~1000円支払う必要が出てきます。

WiFiレンタルと比べると月に2日以上ノートパソコンを外で接続するならテザリングを機能を使う方が安くなります。

ただし注意点としてはあくまで、ノートパソコンのデザリングは携帯の回線なので使いすぎると速度制限されます
ノートPCだけでなくスマホまで使えなくなるとちょっと大変ですね。

ノートパソコンはスマホと違ってアカウント認証やソフトウェアの更新チェックなどバックグラウンドでネットにアクセスしたりするので通信量を気にするとなかなか大変です。
あまり気にせずノートパソコンでネットを使える環境を用意するならレンタルWiFiがおすすめです。



↑ Wi-FiレンタルではauLTEやY!mobile、WiMAX2、docomo、SoftBankなどがあります。

ノートパソコンを外で何日使うか決まったらレンタルするのが良いでしょう。プロバイダ契約するよりもレンタルのほうが手軽です。

4Gと5Gの比較

4Gと5Gを比較して大きなポイントはデータ速度です。5Gは4Gよりも非常に高速です。5Gはピーク時に20 Gbpsまでのデータ速度を提供できる一方で、4G LTEは最大で約1 Gbpsです。これにより、5Gでは大容量のファイルを数秒以内にダウンロードしたり、4Kや8Kのビデオストリーミングを無遅延で行うことが可能となります。また、レイテンシについて5Gは4Gと比べて低いレイテンシを持っています。(レイテンシとは、データパケットが送信元から送信先まで移動するのにかかる時間です)。さらに、5Gは4Gよりも多くのデバイスを同時にサポートできます。

WiFiの関連記事
自宅で1Fから2Fに電波が届かないという場合にはバッファローの中継機がおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむ
旅行でWiFiレンタル
WiMAXレンタル

この記事は「オススメPCドットコム」のタローが解説しました。初心者の方が知りたい情報や、買いたい商品が探せるコンテンツにしていきます!

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーの販売サイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。

●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。