外出先でWi-Fiを使う方法

ノートPCはWi-Fiがおすすめ

ノートPCを外出先でインターネットをする時があります。
外でネット利用するため、Wi-Fiを使う方法をまとめました。

ノートパソコンは外でネット接続ができると便利です。
ネットができればPCでメールの送受信もキーボードでできるし楽ですね。

Wi-Fiっていうのは無線LANですね。つまり、LANケーブルが無くてワイヤレスでネットにつなげるということです。

Wi-Fiは、Wireless Fidelityの略で無線に忠実っていう意味なんですね。

外でノートPCをつなげようとした場合にはすぐに思いつくのはWi-Fiスポットですね。
駅やカフェなどでWi-Fiスポットで使えるサービスもありますが探すのも大変です。
セキュリティー的にも保証されているわけではありません。
ノートンのセキュリティソフトでパソコンを守る必要があります。

そこで簡単にネットにつなげられる、おすすめの方法がレンタルWi-Fiです。
小さなWiFiルーターを持ち歩いてネットにつなげるというものです。

ノートPCはWi-Fiがおすすめ

ノートPCはWi-Fiがおすすめ

フリーWiFiを使う

フリーWiFiを使うという方法もあります。
駅周辺に飛んでいる無料の無線LANをノートパソコンに接続することもできます。

ただし、リスクもあり、あまり信用ができないと感じたらやめた方が良いですね。
特にセキュリティー的には確実ではないので盗聴やメールの覗き見をされたくなければやめといた方が良いです。

無料のWi-Fiスポットの場合にはパスワードを盗まれてしまう可能性もあります。
また、Webページなどでブラウジングする時にはhttps以外のサイトは暗号化されていないので見ないようにしましょう。

WiFiをレンタルする

WiFiを使いたい時にレンタルする方法です。
ちょっとした出先におすすめです。初期費用とか、年間契約も不要です。
無料のWiFiに比べればレンタルの方が安全ですね。

Wi-Fiはレンタルすることができるので旅行や出張のときに便利です。
レンタルの場合は、1日だけでも使えます。1日の場合は目安としては550円ぐらいであります。1週間借りたい時には3000円ぐらいですね。
ちなみにポケットWi-Fiの場合には通信の上限があることが多く、無制限では使えないので注意をした方が良いです。

WiFiレンタル屋さんというサービスでは1日あたり450円から借りられます。

旅行の場合には宿泊先のホテルなどでWi-Fiが使える場合があります。

WiFiとノートパソコンの接続方法は、WiFiの電源をONにしてノートパソコンで電波を選んでパスワードを入れます。

WiFiルーターの選び方

WiFiルーターの選び方は電波を使うエリアによって選びましょう。キャリアによっても通信の得意・不得意があるので使う環境によって、回線の安いプランを検討できると良いですね。
都心などはWiMAXがおすすめです。郊外でも広い範囲に対応しているのはY!mobileですね。
山でつながりやすいのはdocomoといわれています。
地図で接続地域を確認した方がよいですね。

小型のノートパソコンなどでは持ち運ぶ機会も多いため外でネットにつなぐ方法をおさえておきましょう。
>>超小型のノートパソコンのおすすめ 7インチのOne-Netbook Technology

デザリングよりもWiFiがおすすめ

ノートPCでデザリングをしてスマホを親機として接続する方法もあります。
その場合には別途携帯電話会社と契約が必要になるので毎月500円~1000円支払う必要が出てきます。

WiFiレンタルと比べると月に2日以上ノートパソコンを外で接続するならテザリングを機能を使う方が安くなります。

ただし注意点としてはあくまで、ノートパソコンのデザリングは携帯の回線なので使いすぎると速度制限されます
ノートPCだけでなくスマホまで使えなくなるとちょっと大変ですね。

ノートパソコンはスマホと違ってアカウント認証やソフトウェアの更新チェックなどバックグラウンドでネットにアクセスしたりするので通信量を気にするとなかなか大変です。
あまり気にせずノートパソコンでネットを使える環境を用意するならレンタルWiFiがおすすめです。



ノートパソコンを外で何日使うか決まったらレンタルするのが良いですね。
会社や学校でwifiが使えるならそれが一番なんですよね。

WiFiの関連記事
自宅で1Fから2Fに電波が届かないという場合にはバッファローの中継機がおすすめです。

WiFi レンタル