バッファロー 中継機のおすすめ6選!Wi-Fiの電波が届く 2022年

バッファロー 中継機

バッファロー(BUFFALO)の中継機はAirStationシリーズなどが人気で、種類も豊富です。

親機のWiFiルーターの電波が自分の部屋に届かないとか1Fから2Fに電波を届けるときに使用します。戸建の場合には、設置していない階数でネットが遅いとイライラするときがあるもの。中継機は2階建などで、どちらの階でも速い速度で電波を使用したいときに便利ですね。

バッファローの中継機は無線の電波が使える範囲を拡大することができます。
WPSボタン付きもあるので設定も簡単。
また、電波の強弱がわかるLEDライトがある機種もあります。

Wi-Fi 中継機とは?

テレワークなどビデオ通話をする場合にはネットワークも必要になります。
電波が弱い場合にはビデオ通話などが途切れることもあります。
1Fと2Fで親機が置いていない方では電波も弱くなるからです。

バッファローのWi-Fi 中継機があれば電波が届くようになります。Wi-Fiから中継機をはさんでノートパソコンやスマホで電波が使えます。

基本的に中継機は電波を中継するだけなので、親機の性能以上に強くなることはありません。
でも、離れた場所まで飛ばしてくれるのがメリットですね。範囲を広げるのが中継機の使い方です。

バッファローWi-Fi 中継機の選び方

バッファローWi-Fi 中継機の選び方

出典:BUFFALO

バッファローの無線LAN製品

バッファローの無線LAN製品は国内メーカーなので信頼性があります。

AirStationのWi-FiルーターではWi-Fi 6(11ax) 対応のフラッグシップモデルやハイパフォーマンスモデルなど種類も豊富。現状はWi-Fi対応モデルが最強ですね。最新の規格で2台以上のデバイスで同時接続でも通信速度のスピードも速いです。
独自メッシュ機能を搭載しているモデルもあります。ホテル用Wi-Fiルーターなど業務用の製品も出しており、無線LANならバッファローは専門分野ですね。

バッファローの中継機は11ac対応が高速

バッファローの中継機は11ac対応が高速でおすすめです
11n対応モデルと比べるとおよそ11倍速くなります。

11acは、Wi-Fiの規格で2014年から使われている最新の規格です。
「IEEE802.11ac」の略で帯域幅が広がったことで5GHz帯の電波で最大6.9Gbpsまで高速になるのが特徴です。

有線LANポートをチェック

有線LANポートをチェック
Wi-Fi中継機でも有線LANポートが使えるモデルもあります。もしLANポートがなければ電波を拡張するだけですが、ポートがあれば有線で使いたいときに便利になります。
たとえば、パソコンやHDDでネットワーク対応モデルならLANの端子に直接接続することができます。Giga対応であれば高速通信が可能になります。
また、中継機によってLANポートの数が違うので、使用するならチェックしておくと良いでしょう。

デュアルバンド同時接続を選ぶ

中継機を選ぶ時にはデュアルバンド同時接続を選ぶとスピードが安定します。
5GHz帯と2.4GHz帯の両方を同時に使えるため通信速度が半減せずに接続できます。また、シングルバンドの場合には親機と子機が同じ周波数帯になるためスピードは半減します。

バッファロー 中継機のおすすめ

バッファロー WiFi 無線LAN 中継機 WEX-1166DHP2/N


BUFFALO バッファロー WiFi 無線LAN 中継機 WEX-1166DHP
WEX-1166DHPはバッファローのコンセント直挿しモデルの中継機です。Giga対応の有線LANポートを搭載しています。
11ac対応でデュアルバンドで同時接続できるので通信が高速で安定します。WiFiの通信速度が866+300Mbpsに対応しているモデルです。
有線機器を高速無線化にすることも可能です。

障害物や距離による電波のロスを抑止をして安定して通信しやすくなるビームフォーミングに対応しています。(子機も対応している必要があります。)
アンテナは2本で送信と受信が可能で5Gと2.4Gに対応しています。可動式の外部アンテナなので電波を飛ばす方向を調整できるのもポイントです。

WPSボタン付きで無線LANの設定も楽ですね。
親機をどこに設置しようかお悩みの場合に1Fと2Fで中継をするような使い方で最適です。

スペック

  • 外形寸法(幅×高さ×奥行): 160×80×28mm
  • 重量:230g
  • Giga対応有線ポート
  • 中継機用SSID
  • 付属品:スタンド / LANケーブル / AC延長コード(2m) / 取扱説明書 / 保証書
  • 保証1年

選ぶポイント:

設置場所はいろいろ置ける中継器

  • 省スペースでコンセント直挿しも可能


バッファロー WiFi 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS


BUFFALO WiFi 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS
WEX-1166DHPS/Nはバッファローでハイパワーでコンパクトモデルの無線LAN中継機です。内蔵アンテナでスッキリしたデザインになっています。
WPSボタンでスマホのWi-Fi設定変更がなくワンタッチで引き継ぎできます。
iPhoneX/iPhoneXSシリーズをメーカーにて動作確認しています。

バッファローのスマホ用アプリで「中継機設置ガイド」に対応しています。
また、電波の強度がLEDで表示されるのでWiFi中継の設置に最適な場所が探しやすくなっています

スペック

  • 11ac/n/a/g/b

●選ぶポイント

  • 簡易パッケージなので機能は同じで少し安い


バッファロー WiFi 無線LAN中継機 WEX-1800AX4EA


バッファロー WiFi 無線LAN中継機 WEX-1800AX4EA
バッファローのWiFi 無線LAN中継機で「WEX-1800AX4EA」です。Wi-Fi6(11ax)に対応しており、Wi-Fi5などの機器にもサポート。最大1201+573Mbpsに対応しています。

設置方法は、コンセントの直挿しと床に設置するような据え置きの両方が可能になっています。自宅の廊下に設置をして、スマートフォンやタブレット端末の安定性を高めたいときに便利でしょう。

動画の視聴などインターネット環境を改善して、構築したいかたにおすすめです。

コスパの良いWi-Fi中継機

  • 1万円以下で購入できるコスパの良いモデル(2022年8月16日の時点)


バッファロー 無線LAN中継機 11n/g/b 300Mbps エアステーション Giga 据え置き WEX-G300


BUFFALO 無線LAN中継機 11n/g/b 300Mbps エアステーション Giga 据え置き WEX-G300
WEX-G300はバッファローの据え置き型の無線LAN中継機です。エアステーション Gigaは「11n/g/b 300Mbps」です。

※ロングセラーですがレビューでは電波が切れるという内容もあります。親機と接続の相性があるのかもしれませんね。

スペック

  • 主な付属品:スタンド、ACアダプター、取扱説明書、保証書
  • 1年保証

●選ぶポイント

  • 縦置きや横置き、壁掛けも可能


バッファロー WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733DHPS


WEX-733DHPS
バッファローのWEX-733DHPS 無線LAN中継機でエアステーションです。
通信の速度は11ac/n/a/g/b 433+300Mbps。デュアルバンドの同時接続で性能が良いですね。

無線LANインターフェースと有線LANインターフェースで、有線でのアクセスはCSMA/CDに対応しています。


バッファロー WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733DHP


BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733DHP
WEX-733DHPはバッファローの11ac対応の中継機です。「n/a/g/b」を使わなければ安いですね。

設定が簡単なWPSボタン付きです。
Wi-Fiエリアを広げたい場合に便利です。

まとめ

バッファローの中継機があれば、「電波が弱いので、あの場所でスマホが使えない。」ということも無くなります。
突然途切れたり使えないのは結構ストレスですよね。中継機の組み合わせで無線が切れる場合にはファームウェアを更新するのも一つの方法です。
親機から使いたい位置へ中継をして快適にWi-FiでスマホやノートPCの操作をしましょう。


WiFiの関連情報
バッファロー Wi-Fi 無線LAN ルーター…ルーターの中には買い足したときに中継機として再活用できる商品もあります。

外出先でWi-Fiを使う方法

価格が安い機種で購入するならTP-Linkの中継機もおすすめです。

参考文献

バッファロー(BUFFALO) 公式



この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。