Razer Huntsman レビュー! オプティカルスイッチ搭載のゲーミングキーボード

Razer Huntsman

高速なオプティカルスイッチを搭載したRazer(レイザー)のゲーミングキーボードをご紹介です。
Huntsman、Huntsman Elite、Huntsman Mini、Huntsman Tournament Edition、Huntsman V2 Analogの5種類がありそれぞれ特徴をレビューしています。FPSやMMOなどのゲームをプレイしている方へ選ぶ時のご参考になれば幸いです。

Razer Huntsmanの特徴

Razer Huntsmanの特徴

出典:Razer

Razer Huntsman (レイザー ハンツマン) ゲーミングキーボードは光の速さで作動するオプティカルスイッチを搭載しているのが特徴です。
ゲームで素早く反応することができます。また、押し間違えを防ぐゲーミングモードやキーロールオーバーを搭載しています。
マクロにより機能をカスタマイズすることができるので効率的に操作することが可能です。RGBライティングは「RAZER SYNAPSE 3」で光り方を調整できるのも魅力ですね。

Razer Huntsmanの選び方

Razer Huntsmanの選び方

出典:Razer : Huntsman V2 Analog

オプティカルスイッチで選ぶ

Razer オプティカルスイッチは光で作動するメカニカルスイッチで種類は3種類あります。

・クリッキーオプティカルスイッチは作動距離が1.5 mm、押下圧(作動力)は45g。
・リニアオプティカルスイッチは作動距離が1.0 mm、押下圧は40g。
・アナログオプティカルスイッチは作動距離が1.5~3.6 mm、2段階式のアクチュエーションポイントがあり、1回の入力で浅く打鍵すると一つめのアクションを深く押し込む2つ目のアクションを実行できます。

チャタリングが無く浅めのキーストロークで入力することができます。
打鍵音はクリッキーなタイプとアナログは音が鳴ります。リニアタイプは静音性が高く静かです。

色で選ぶ

色で選ぶ

出典:Razer:Huntsman Mercury White

選べる色はBlack(黒)、Mercury White(白)、Quartz Pink(ピンク)があります。
Razer Huntsmanのキーボードの種類によってカラーバリエーションが異なります。

日本語配列と英語配列から選ぶ

普段遣いするなら日本語配列(JP)だとタイピングでわかりやすいです。
英語配列(US)はカッコなど記号のキーが並んでいるので好んで使うかたもいます。購入するときにはキーレイアウトがどちらの配列かチェックしておくと良いですね。

Razer Huntsmanのおすすめ

Razer Huntsman Elite JP


Razer Huntsman Elite JP(日本語配列)
Razer Huntsman Elite JP(日本語配列)はリストレスト付ゲーミングキーボードです。
質感の良いレザーレット製のリストレスト付属しており手首の疲労を和らげます。
レビューではリストレストのフワフワした感じが心地よいという口コミがあります。

「Razer Huntsman」と同じオプトメカニカルスイッチを採用。違いがあるのはメディアキーが3つありマルチファンクションデジタルダイヤルを搭載しています。
ダイヤルとメディアキーはプログラムが可能になっており音量のボリュームコントロールや明るさ調整などを設定できます。

マクロのプロファイルはローカルとクラウドの両方に保存できるハイブリッドストレージです。
ゲーミングモードに設定するとWindowsキーを無効にしてアンチゴースト機能を効果的に使うことができます。

スペック

  • 製品型番(日本語配列):RZ03-01870800-R3J1
  • 製品型番(英語語配列):RZ03-01870100-R3M1
  • 発売日:2019年 2月9日
  • 日本正規代理店保証品
  • アルミ製マット仕上げトッププレート
  • キースタビライザーバー
  • Razer Chroma アンダーグロー・バックライト
  • 寸法:23.4 x 44.7 x 3.6 cm
  • 重量:1.7 kg

● 選ぶポイント

  • リストレスト付きのゲーミングキーボード
価格:¥24,800
(価格は変動します。)


Razer Huntsman JP


Razer Huntsman JP(日本語配列)
Razer Huntsman JPは、日本語配列のゲーミングキーボードです。
オプトメカニカルスイッチを採用しており、クリッキーな打鍵感でアクチュエーションポイントが1.5mmと浅く押下圧が45gでしっかり入力できます。
耐久性に優れており、1億回キーストロークです。
レビューでは反応速度が速く打鍵音がするという口コミがあり、カチャカチャと高速にタイピングしたいかたには良いですね。
同時押しでも正確に入力できる10キーロールオーバーとアンチゴースト機能を搭載しています。

プログラムはマクロやボタンの割り当てができるようになっており設定したプロファイルはオンボードメモリを5つまで保存できます。またクラウドストレージにも保存することもできます。
バックライトは1,680万色に対応しているChroma RGBライティングで「Razer Synapse 3」で光り方をカスタマイズの設定ができます。

スペック

  • 製品型番(JP):RZ03-02520800-R3J1
  • 製品型番(US):RZ03-02520100-R3M1
  • 発売日:2018年 8月24日
  • 日本正規代理店保証品
  • 有線接続
  • 編組ファイバーケーブル
  • 1000 Hz ウルトラポーリング
  • 寸法:14.02 x 44.44 x 3.5 cm
  • 重量:860 g

● 選ぶポイント

  • オプトメカニカルスイッチを搭載したフルキーボード
  • キースイッチは浅くクリック感があり正確に入力できる
中古品 価格:¥11,000
(価格は変動します。)


Razer Huntsman Mini JP


Razer Huntsman Mini JP
Razer Huntsman Mini JPは、60%小型のゲーミングキーボードでテンキーレスなので省スペースです。
リニアオプティカルスイッチを採用しており滑らかなタイピングが可能です。アクチュエーションポイントは1.2mmで押下圧は48gでタクタイルバンプのないキーストローク。
レビューでは打鍵音が静かという評価があります。静音タイプのキーボードを使いたいかたにおすすめですね。

Razer Chroma RGBライティングのプロファイルの呼び出しはソフトウェアを使わなくてもFNキー+CTRLキーで色の光り方を設定できます。
マクロは最大5つまでキーバインドプロファイルをハイブリッド内蔵ストレージに保存できます。

長時間のゲーミングに対応する耐久性のあるアルミ製で、印字が消えないダブルショットのPBTキーキャップを採用しています。

色はBlack(黒)またはMercury White(白)よりカラーを選べます。

スペック

  • 製品型番(JP):RZ03-03390800-R3J1
  • 製品型番(US):RZ03-03390200-R3M1
  • 発売日:2020年10月21日
  • 接続:着脱式USB-Cケーブル
  • 寸法:29.33 x 10.33 x 3.68 cm
  • 重量:460 g

● 選ぶポイント

  • リニアキースイッチを搭載した60%キーボード
価格:¥15,133
(価格は変動します。)


Razer Huntsman Tournament Edition JP


Razer Huntsman Tournament Edition JP
Razer Huntsman Tournament Editionは、テンキーレスの日本語配列ゲーミングキーボードです。
Linear Optical Switchを搭載しており超高速のアクチュエーションポイントが1.0mmで作動。押下圧が40gのリニア触感のキースイッチです。
レビューでは打鍵音はやや大きめという声が多いですね。信号処理遅延がないオプティカル式でNキーロールオーバーに対応しています。

「Huntsman Mini」との違いはある程度余裕のあるキーの配置になっているのでエスケープキーなどが押しやすいのが特徴です。

Chroma RGBのライティングはカスタマイズが可能です。マクロのプロファイルは5つまでクラウドまたはオンボードメモリに保存できます。

スペック

  • 製品型番(JP):RZ03-03080500-R3J1
  • 製品型番(US):RZ03-03080100-R3M1
  • 発売日:2021年3月4日
  • 寸法:362 mm (幅) X 140 mm (長さ) X 37 mm (高さ)
  • 重量:752mm

● 選ぶポイント

  • リニアタイプのキースイッチを搭載したHuntsman TE JP
価格:¥13,119
(価格は変動します。)


Razer Huntsman V2 Analog JP


Razer Huntsman V2 Analog JP
Razer Huntsman V2 Analog JPはキーの深さを調節できるゲーミングキーボードです。
アナログオプティカルスイッチを搭載しており1.5mm~3.6mmの範囲でアクチュエーションポイントを調整可能できるのが特徴です。
また、2段式で1回の押下で2つのアクション(機能)を設定することが可能になっています。
キーキャップはダブルショットPBTで耐久性があります。

キーボードの上部には4つのメディアキーとマルチファンクションデジタルダイヤルを搭載しており、停止や再生などの操作ができます。
リストレストはマグネット式でキーボードに固定することができます。

スペック

  • 製品型番(日本語配列):RZ03-03610900-R3J1
  • 製品型番(英語配列):RZ03-03610100-R3M1
  • 日本正規代理店保証品
  • 発売日:2021年3月18日
  • 色:ブラック
  • Chroma RGB対応
  • USB 3.0 パススルー
  • 接続:USB-A / USB-C
  • 寸法:44.6 x 14.1 x 4.5 cm
  • 重量:1.24 Kg

● 選ぶポイント

  • キーの作動する深さを調整できるアクチュエーション
価格:¥32,780
(価格は変動します。)

レビューのまとめ

良い点をレビュー

一番の魅力は光で作動するオプティカルスイッチです。キー入力が高速に反応するためストレスなく入力ができます。
アナログオプティカルスイッチは自分好みの打鍵感で作動点を設定できるのも評価できるところです。また、マクロを設定してオンボードに保存できるのも便利。

悪い点をレビュー

「Razer Huntsman V2 Analog」に関しては価格が高いですね。
他のメーカーでもアクションポイントを設定できる機種は3万円ぐらいしますがやや高いです。また、Razer製品は売り切れになりやすいので生産が少ないと感じます。

総評としては、レイザーのキーボードの中でもHuntsmanシリーズは新しくeスポーツなどプロゲーマーでも使える性能です。
使いやすいゲーミングキーボードがあればゲームでも快適ですね。


Razer Huntsmanの関連情報
Razer キーボードのおすすめ
Razer ゲーミングマウスのおすすめ

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて商品の価格とスペックについて、ご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)