広角Webカメラのおすすめ!多人数の会議でも撮せる!

広角Webカメラのおすすめ

「多人数でWeb会議をするので広角のWebカメラってないの?」
というかたへ、
広角レンズを搭載したWebカメラでおすすめの機種をご紹介しています。
画角が広ければ広範囲で撮影できるので会議に参加している人が多く画面に入ります

たしかに、大人数の会議なのに一部のひとだけがウェブカメラに映っていたら、発言しているひとが相手にわからないですよね。

広角のWebカメラではマイクも内蔵しているロジクールやサンワサプライが人気です。
100万画素以上で明るさやコントラストを自動で調整したりオートフォーカスできる機種もあります。
ぜひ、ご参考ください。

広角WEBカメラの選び方

広角WEBカメラの選び方
画角とはWebカメラで撮影したときに映る範囲の角度です。
遠くまで撮せる距離が長くなるほど望遠になり画角が狭くなります。
また、焦点距離が短くなると広角になります。

一般的には60度以上の画角がワイドレンズのWebカメラになります。
ですので、1人でSkypeをするなら画角が狭いレンズで70度から80度ぐらいで十分です。
多人数なら120度ぐらいあれば撮影しやすいですね。フレームに入る範囲も広いので大勢での会議でも入りやすいです。
広角レンズで映す場合は角度が広すぎると歪んで不自然になるためビジネスの会議で使うなら150度ぐらいまでが現実的でしょう。

特に複数人でオンライン会議でコミュニケーションをする場合、ワイドな画角で撮影できる広角レンズのWebカメラがおすすめです。

多人数の会議を想定しておいた方が会社で使うWebカメラは安心ですね。社内のメンバーだけでなくクライアントも加わるとミーティングの参加人数も増えることもあります。離れた場所から多くのひとが参加できるのがWeb会議の良いところです。

ちなみに購入する場合にはあまり安い機種だと画質が悪い場合があるので、ビジネスで使うなら5,000円以上の方が品質的には安心です。

フレームレートと画素数

フレームレートと画素数
Webカメラを選ぶ時にはフレームレートと画素数もチェックしましょう。
SkypeやZoomなどのWeb会議で使うなら、30fpsあれば大丈夫です。
15fpsより60fpsを比べた場合、数値の多い60fpsの方が良いというわけでもありません。
高いfpsでは滑らかになるというメリットもありますが、データの容量を使うため回線が重くなるというデメリットも発生します。

画素数は100万画素から200万画素がオンライン会議では最適です。
グラフィックボードやCPUの性能も関係するためです。
これも高すぎる画素数は回線に負担がかかるため、最新の機種でも200万画素ぐらいに設定されているのはそのためです。

Webカメラの撮影方法

Webカメラの撮影方法

出典:サンワサプライ 会議用ワイドレンズカメラ 150°超広角

Webカメラの設置はディスプレイの上にひっかけるのが一般的です。
機種によってはスタンドとして机の上に配置できるタイプもあります。
また、折り畳めるようになっているスタンドやフレキシブルアームになっている場合もあります。

多人数で広角Webカメラを使う場合には三脚を使うかどうか、決めて置いたほうが選びやすくなります。
カメラの底面に三脚用の穴があるものと無いものがあります。
また、Webカメラに三脚がセットになっている商品もあります。

会議室のディスプレイが80インチ以上ある場合など、上にウェブカメラのクリップで付けるのが難しい場合には三脚を使うことになります。

また、Webカメラはマイク内蔵の機種が多いですが、基本的にはスピーカーはありません。
パソコンのスピーカーが使えない場合にはマイクスピーカー(スピーカーフォン)を使うという方法もあります。

Webカメラ 広角のおすすめ7選

広角 90度 C930eR logicool ロジクール


広角 90度 C930eR logicool ロジクール
ロジクール C930eRのWebカメラです。
90度の広角でHD画質。Web会議などで使いやすい機種です。
使わない時にはシャッターのカバーをすることでプライバシーを守ることができます。

レビューではパラメーターの保存ができないとの声もありますが、監視カメラの利用用途でなく通話をする分には問題ないですね。
オートフォーカスで自動的にピントが合うカメラです。

Skype for Business認定のWebカメラで、WindowsとMacに対応しています。

スペック

  • サイズ:43.3mm × 94mm × 71mm
  • 重さ:162g
  • 全方位マイクを搭載
  • USB 2.0対応

●選ぶポイント

  • 90度の広角Webカメラ
  • オートフォーカスを搭載
価格:¥15,750
(価格は変動します。)


広角 150度 CMS-V43BK サンワサプライ


広角 150度 CMS-V43BK サンワサプライ
CMS-V43BKはサンワサプライのワイドレンズカメラでマイクを内蔵しています。
Web会議をする時にはパソコンにスピーカーが付いていればUSBを接続するだけで通話することができます。

150度で広角のWebカメラで多人数でもフレームの中に収まるので便利です。
多くの話している人が映像に入ります。会議用のWebカメラとしておすすめです。

明るさやコントラスト、ホワイトバランス、絞りは自動ですが、フォーカスは手動なので会議の前にはピントを合わせておく必要があります。

スペック

  • センサー:100万画素CMOS
  • 解像度:最大1280×720
  • レンズ:F1.75 f=2.5mm
  • 最短接写距離:3cm
  • フレームレート:最大30fps
  • サイズ:W115×D25×H33mm(スタンド除く)
  • 重量:140g

●選ぶポイント

  • 超広角の150°レンズ
  • カメラの三脚穴があり取り付けできる
価格:¥5,970
(価格は変動します。)


広角 120度 BSW505MBK BUFFALO


広角 120度 BSW505MBK BUFFALO
BSW505MBKはBUFFALOのフルHD搭載で滑らかな映像のWebカメラです。

200万画素のWebカメラで広角120°で幅広く綺麗に撮せます。
旧モデルと比べて価格も安くなりコスパの良いカメラです。

ノートパソコンのディスプレイの上にひっかけたり、机の上に配置をすることもできるスタンド。
盗撮防止のプライバシーシャッターを搭載しています。

スペック

  • 最大解像度:最大1920×1080/li>
  • フレームレート:30fps
  • 開放F値:F2.2
  • 視野角度:約120度
  • サイズ:80×51×50mm
  • 重さ:110g
  • インターフェース:USB 2.0 Type-A

●選ぶポイント

  • 200万画素で綺麗な広角のWebカメラ
  • 上下・左右に撮影方向を調整できる
価格:¥2,980
(価格は変動します。)


広角 110度 三脚付属


広角レンズ搭載ウェブカメラで三脚付き
IVSOというブランドの広角レンズ搭載ウェブカメラで三脚付き。レビューでは業務用として仕事で使っている方も多くみられます。

WindowsやMacに対応しておりSkype、Googleなどのビデオ通話で使えます。

三脚が付属している広角110度のWebカメラ
近くに取り付けるディスプレイが無い場合やYoutubeを撮影する時にも便利です。

スペック

  • フレームレート:30fps
  • 画素数:1080p
  • センサー:200万画素
  • マイク内蔵
  • 三脚付き

●選ぶポイント

  • 三脚付きの広角Webカメラ
  • ドライバ不要でPCに接続すれば使える
価格:¥2,499
(価格は変動します。)


広角 110度 VANKYO


広角 110度 VANKYO
VANKYOのWebカメラはアーム(スタンド)が特徴的で自由に曲がります。
ディスプレイの厚みがあっても設置することができます。

360°全方向集音できるマイクを搭載した110度の広角Webカメラ
Zoomやskypeに対応しており4~5人の会議でも使いやすいです。

レビューでも評価が優れているウェブカメラの機種で、コロナの影響で急ぎでリモートになった方や在宅勤務でも使われています。

スペック

  • フレームレート:30fps
  • フルHD 1080P
  • サイズ:10 x 30 x 29 cm

●選ぶポイント

  • スタンドが自由で110度の広角Web
  • ガラスレンズで映りがきれい
価格:¥3,699
(価格は変動します。)


広角 110度 Trynow


広角 110度 Trynow
TrynowのWebカメラで110度の広角レンズを搭載しています。
ノイズリダクションマイクを搭載しており格安です。光の補正機能も備えています。

残念ながらレビューでの評判があまり良くないです。
出荷元の会社住所を隠して配送しているようなので注意ですね。

価格:¥1,899
(価格は変動します。)


広角 180度 BSW180ABK iBUFFALO


広角 180度 BSW180ABK iBUFFALO
iBUFFALOの60万画素のWebカメラです。

なんと、180度の広角Webカメラで他のメーカーにも存在していない、唯一の機種。
現在は生産されていないモデルですが超広角で歴史的ですね。

180度広角は、もはや魚眼レンズです。
撮影の範囲が広すぎて形が歪むのであまりにも広すぎることと、Skypeに対応していないので実用的ではないかもしれません。

価格:売り切れ

まとめ

広角レンズのWebカメラは会社の会議など参加者が多人数の打ち合わせでも全員が画角に入りやすくなります。

90度以上の広角Webカメラをご紹介しましたが、90度以上というのは少ないです。
70度でも広角と表現している商品もありますが、広角の使い方をするなら90度以上はほしいところです。

マイクも内蔵のロジクールやサンワサプライも人気です。
ここ最近では品切れというのも無くなってきたので、オンライン会議で使いやすいWebカメラをそろえる良い機会ですね。


Webカメラ 広角の関連情報
マイク スピーカー 一体型はWeb会議であると便利です。