Mac対応Webカメラのおすすめ8選!接続する方法も解説

Mac対応のWebカメラのおすすめと接続する方法

「Macで外付けWebカメラを使いたい。設定方法は?」
という方にむけてまとめました。
MacのWebカメラの接続方法のやり方やおすすめをご紹介しています。

Windowsに比べるとMacは情報が少ないこともあり、対応しているかどうかもわからない時がありますよね。

Mac対応のWebカメラのみ集めており、メーカーではロジクールなどが人気です。マイクが内蔵されているものもありZoomやスカイプで便利です。
Web会議ではノイズキャンセリングマイクならクリアな音声で相手との通話がしやすいです。

MacとWebカメラの接続方法なども詳しく解説しており、カメラを認識しない時の対処方法もご案内しています。
ぜひ、ご参考ください。

Macの内蔵カメラを使う方法

Macの内蔵カメラを使う方法
MacにはWebカメラを内蔵しているモデルもあります。ディスプレイの上部にカメラがある場合はそれが使えます。

MacBook、MacBook Pro、iMacなどノートパソコンの最新モデルではiSightカメラが内蔵されています。

Macの内蔵カメラの画質は120万画素ぐらいなので、200万画素以上に画質を上げたいなら外付けのWebカメラがおすすめです。
また、デスクトップやMac miniのようにカメラが付いていない場合や、広角で使いたいとか、マイクの音質が悪い時ですね。

Macの「ホーム」アプリを使えば防犯カメラや監視カメラとしても使えます。

通話アプリケーションはFaceTimeで通話ができますが、Mac同士じゃないと使えないのでSkype(スカイプや)Zoomを利用する方も多いでしょう。

MacにWebカメラを接続する方法

MacにWebカメラを接続する方法
WebカメラとはスカイプやZoomでオンライン通話する時に使う外付けカメラのことです。
Macでも接続をして使える機種があります。

Webカメラの使い方です。
内蔵カメラと外部接続のWebカメラを切り替える場合は、まず「Photo Booth」を起動します。
メニューに「カメラ」があるので外部Webカメラの機種名を選択すればOKです。
Webカメラがメニューの中に無い時には、ドライバーをインストールする必要があります。

もしそれでも認識しないようであれば、Mac用の無料ソフトで「CamTwist」を使うという方法もあります。Macで外部Webカメラを認識しやすいと評判の良いソフトです。

Webカメラの代用として一眼レフのようなデジカメを使うという場合でも「CamTwist」で解決できます。
iphoneで代用する場合は「EpocCam」ですね。ですが、スカイプやZoomのようなビデオ会議ではスマホを固定して使った方が良いですね。

WebカメラをMacに接続できたら、スカイプできちんと映るかテストしましょう。
Mac側は「Appleメニュー」のシステム環境設定で消音になっていないかチェックもしておくと良いですね。

Mac対応のWebカメラの選び方

Mac対応のWebカメラの選び方
Macで使えるWebカメラを選ぶ時には、商品の詳細ページにMac対応としっかり明記してあることをチェックする必要があります。
ちなみにiChatに対応しているかどうかは確認不要です。開発そのものが終わっているからです。

カメラは使えるけど編集ソフトは使えないという場合も多いです。
そんな時には動画編集をする時は「iMovie」を使うと良いですね。
タイトルを表示したり、フィルタの加工もかけられるし、映像が完成したらYoutubeに書き出すこともできます。
もしくはMacなら「Quick Time Player」もありですね。

それからWebカメラを選ぶ時にはFaceTimeに対応しているか確認する必要はないです。なぜなら、MacとiPhoneとかMacとiPadのようなAppleユーザーじゃないと使えないからです。
もちろん、無料でビデオ通話ができるというメリットもありますが、windowsやAndroidを使っている人とは話せないというデメリットがあります。
ロジクールのC270nのようにFaceTimeに対応している機種もあります。

画素数で選ぶなら、200万画素あれば十分です。Web会議などで使う場合は高精細に映し出すよりも相手の表示がカクついたり、止まったりするのを抑えられます。
つまり、動画のファイルなので300万画素以上あるとネットワークが混雑するので映像が乱れる場合が出てくるわけですね。

Mac対応Webカメラのおすすめ8選

Mac対応のWebカメラのおすすめをご紹介しています。
一時期は人気のロジクールなどは品薄になりましたが、「在庫あり」も多くなり現在では購入することができます。

MacOS 10.10以降に対応 ロジクール C270n



MacOS 10.10以降に対応 ロジクール C270n
C270nはMacに対応しているロジクールのWebカメラです。
スイスのブランドらしいシンプルなデザインで人気があります。

ノイズリダクションマイクを搭載しており、相手に通話の声をクリアに届けることができます。
雑音を抑えられるのがメリットです。

30フレームで遅延がなく、Skype(スカイプ)などに最適なスペックですね。部屋が暗くなると自動的に明るさとコントラストを調整する機能があります。

スペック

  • 解像度:720p/30fps
  • マイク:ノイズキャンセリングマイク
  • 重量:72.6 g
  • サイズ:6.9 x 7 x 3.2 cm
  • 対応:MacOS 10.10以降
  • 視野:60°

●選ぶポイント

  • ノイズキャンセリングを搭載
  • コスパが良い
価格:¥4,200
(価格は変動します。)


MacOS 10.7以降に対応 ロジクール B525


MacOS 10.7以降に対応 ロジクール B525
ロジクール Logicool B525はMac OS X 10.7 Lion(2011年発売のMac)以降で使えるWebカメラです。

オートフォーカスのWebカメラになっておりフルHDで撮影。また、雑音を軽減できるマイクを内蔵しています。

Skype for Businessに認定されているWebカメラで、仕事でオンライン会議をするのに良いですね。また、Zoomで使うことも可能です。
折りたたんで持ち運びができるので、出張にも最適です。

スペック

  • 解像度:フルHD 1080P / 30fps
  • マイク:ノイズキャンセリング
  • 重量:200 g
  • サイズ:4 x 2.9 x 6.9 cm

●選ぶポイント

  • オートフォーカスで自動的にピントが合う
  • Skype for Business対応でWeb会議に使える
価格:¥8,700
(価格は変動します。)


広角Webカメラ Mac対応 バッファロー BSW500MBK


広角Webカメラ Mac対応 バッファロー BSW500MBK
バッファローの広角レンズを搭載しているWebカメラです。120°のレンズを使って200万画素で撮影できます。
BSW500MBKは、高速に映像を伝送できるCMOSセンサーを採用しています。

プライバシーシャッターがあるので、Webカメラを使わない時にはレンズを閉じておくと安心ですね。

WebカメラはMacに対応していますが、「cyberLink YouCam6」はWindowsのみ使えます。

スペック

  • マイク内蔵
  • 重量:236 g
  • サイズ:21.6 x 14.9 x 6 cm
  • 視野角:120°

●選ぶポイント

  • 広角レンズ搭載のWebカメラ
  • プライバシーシャッターで映像の流出防止
価格:¥24,800
(価格は変動します。)


MacOS 10.12 Sierra 以降対応 エレコム WEBカメラ UCAM-C520FBBK


MacOS 10.12 Sierra 以降対応 エレコム WEBカメラ UCAM-C520FBBK
エレコムのWEBカメラでUCAM-C520FBBKです。
macOS 10.12 Sierra 以降で使えます。※動画を編集する無料ソフト「WebCamアシスタント」はwindowsのみです。

高精細ガラスレンズを搭載しているWebカメラで映りが綺麗です。
200万画素の動画だけでなく静止画を800万画素で映す事が可能です。
注意点としてはUSBはタイプAになっています。

UCAM-C520FBBKの評判は、無料ソフトに不具合があるというレビューがあります。(Winのみ対応ソフト)全般的には良い評価ですね。Amazonのレビューをチェックするときには4機種混ざっているので注意です。

スペック

  • 解像度:1600×1200
  • マイク:エレクトレットコンデンサー方式(モノラル)無指向性
  • 重量:約 66g
  • サイズ:約 幅60.0mm×奥行52.3mm×高さ39.0mm
  • 受像素子:1/5型 CMOSセンサー

●選ぶポイント

  • ガラスレンズを搭載しているWebカメラ
  • Skype、Facebook Live、Twitchなどで動作確認されている
価格:¥3,312
(価格は変動します。)


Mac OS10.10以降対応 WEBカメラ eMeet C960


>Mac OS10.10以降対応 WEBカメラ eMeet C960
C960はeMeetのWebカメラです。Mac OS10.10以降に対応しています。
三脚を取り付けられるようなっています。Quick timeとPhoto Boothの場合はMacに搭載されています。

人気があるWebカメラで5,000円以下で買えて、基本機能がそろっています。
フルHD 1080pで200万画素あり、5枚のレンズによる調整で映りもくっきりしています。光の補正されるため明るい画像でskypeなどの会話ができます。

スペック

  • 解像度:1920X1080p
  • マイク:全指向性マイク
  • 重量:145 g
  • サイズ:8.4 x 10.1 x 3.8 cm
  • フレームレート:30fps
  • 視野角:80度

●選ぶポイント

  • 設定が簡単なUSB接続のWebカメラ
価格:¥4,999
(価格は変動します。)


Mac OS 10.6以降対応Webカメラ Vitade 826M


Mac OS 10.6以降対応Webカメラ Vitade 826M
Mac OS 10.6以降で使えるVitadeのWebカメラです。
周囲の音を全て拾う無指向性マイクを搭載しており、バックグラウンドノイズを低減するノイズリダクション機能がついています。

USB接続のインターフェースで、接続をすれば使えるプラグ&プレイのタイプ。
広角は少し広めで110°のレンズです。フレームレートは30fps以上あるので画質も滑らかですね。

価格が安くレビューの評価が良いWebカメラです。

スペック

  • 解像度:1080P
  • マイク:ステレオマイク2台
  • 重量:200 g
  • サイズ:11.6 x 11.6 x 7.2 cm
  • 200万画素
  • フレームレート:30fps

●選ぶポイント

  • 200万画素で微光補正されて使いやすいWebカメラ
価格:¥3,399
(価格は変動します。)


Mac OS X対応 Webカメラ Sross


Mac OS X対応 Webカメラ Sross
SrossのWebカメラで手動でフォーカスをするタイプです。
レンズの周囲が指で回してピントをあわせます。

Amazonでベストセラー1位のWebカメラです。(2020年7月2日の時点)
価格が非常に安く、突然の在宅勤務などにぴったりですね。
マイク内蔵のWebカメラで広角のフルHDです。

Mac bookなどに対応しておりディスプレイの上にひっかけて使います。

スペック

  • 解像度:フルHD 1080P
  • マイク:双方向ノイズ低減マイク
  • 重量:104g
  • サイズ:9.8 x 8.4 x 5.6 cm
  • フレームレート:30FPS

●選ぶポイント

  • ノイズキャンセリングマイクを搭載
価格:¥3,699
(価格は変動します。)


Macbook対応 Webカメラ Logitubo


Macbook対応 Webカメラ Logitubo
Macbook対応のWebカメラで、Logitubo 200万画素です。
ストリーミングや録画ではH.264ビデオ圧縮されて高速です。

F1.8の大口径なので光が多く入るため明るい映像になります。
歪みのないレンズで100°の広角で写せます。

ビデオ通話でサポートしているのは、Face Time for Macをはじめ、Skype,Google Hangouts,Amazon Chimeです。

スペック

  • 解像度:1080P
  • マイク:ノイズキャンセリングマイク
  • 重量:154 g
  • サイズ:8.5 x 5.2 x 7.1 cm
  • Mac OS 10.6以上

●選ぶポイント

  • F1.8の明るく撮影しやすいWebカメラ
価格:¥5,499
(価格は変動します。)

まとめ

Macで使えるWebカメラではロジクールなどが人気です。
Web会議では通話しやすいノイズキャンセリングのマイクを搭載した機種がおすすめです。Webカメラの接続は認識されるようにソフトウェアやシステム設定をチェックすれば大丈夫です。

Webカメラを購入するときにはAmazonや楽天が安いです。楽天の場合はクーポンやポイントが使えます。価格で比較をするとAmazonの方が安い場合が多いですね。

外付けWebカメラがあればスカイプなどのビデオ通話が快適です。

参考文献

Apple公式サイト「Macのカメラへのアクセス」へのリンク