GPDのパソコン MicroPCおすすめ厳選レビュー! 超小型 2024

GPD MicroPC

GPDのパソコンでMicroPCシリーズは超小型で持ち運びが楽々。「Pocket 3」は人気があります。

小型なので持ち運びで便利。GPD MicroPCを通勤や通学の時に電車で使えば、時間も有効に活用できます。また、Windowsなのでエクセルで資料を作るのも移動する時間が使えるようになります。

GPDは中国・深センに会社がある超小型のモバイルノートパソコンに特化しており、小さなPCなら専門性の高いメーカーといえます。日本では株式会社天空が国内正規代理店になっています。
サイズが小さい、いわゆるウルトラモバイルパソコンでUltra-Mobile PCの表記で通称UMPCと呼ばれたりします。

UMPCを購入したことがある方ならわかりますが、スマホと比べるとキーボードなので文字入力が楽です。
モバイルとは軽量なので、いつもPCを持ち歩くエンジニアの方におすすめです。

小さいノートパソコンなので携帯性がバツグンです。
GPD MicroPCなら、いつでもどこへでもストレス無く持ち運びができるウルトラモバイルパソコンですね。

コンテンツについて、一部にPRが含まれています。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

GPD Pocket3 モバイルノートパソコン


GPD Pocket3 モバイルノートパソコン
GPD Pocket3は超小型のモバイルノートパソコンです。液晶ディスプレイは8インチで解像度は‎1920 x 1200ピクセルの画面。重量が約730gと軽量なモデルです。グラフィックカード(GPU)は内蔵型の‎‎‎Intel UHD Graphicsを搭載しています。

小さくて速いUMPCならおすすめです。CPUはPentium Silver N6000を搭載。(2022年に発売された最新のUMPCで、高性能なスペックで第11世代インテルCore i7-1195G7は無くなったようです。2023年12月26日の時点)、ストレージは512GB M.2 2280 SSDで大容量です。
インターフェースのUSB 3.2 Gen2ポートも便利です。

キーボードはキーピッチが16mmと小さめながら、タッチタイピングもできます。

●選ぶポイント

  • 動作が速くサクサク動くUMPC


GPD MicroPC 2021 6インチ

GPD MicroPC 2021 6インチ
GPD MicroPC 6インチの重量はわずか440gで軽量なノートパソコンで片手で操作できます。
電車のつり革に片手でつかんで、片手でGPD MicroPCを持てる軽さです。

キーボードはQWERTYでバックライトを搭載しています。キーボードの右上にあるタッチパッドは立って操作するのに使いやすい位置にあり、可動領域が広いので操作性が良いです。右手の親指でタッチする感じですね。

CPUは、Intel Celeron N4120 プロセッサー(4コア、4スレッド 1.10 GHz-2.60 GHz)を搭載しています。メモリは8GB、ストレージは256GBです。CPUのベンチマークでは性能はそれほど高くはないですが、省電力なタイプです。
マイクやスピーカーも内蔵しています。

日本語に対応している説明書が付いており、保証書のサポートとしてはダウンロードするようになっています。オリジナルの専用ケースが付属していないので、別途必要になりますが持ち運びに便利です。

スペック

  • OS:Windows 10 Pro
  • サイズ:幅153mm × 奥行き 113mm × 厚み23.5mm
  • 重量:約440g
  • メモリ規格:‎LPDDR4 ‎DDR4 SDRAM
  • インターフェイス:RS-232C(拡張ポート)/有線LANポート/USB3.0×3ポート/USB Type-C×1/microSDカードスロット

選ぶポイント:

価格が安い小型PC

  • コンパクトなサイズでどこでも使える製品


GPD MicroPC Pocket2

GPD MicroPC Pocket2
GPD MicroPC 6インチよりも画面のサイズにゆとりがあった方が良いという方にはGPD Pocket2があります。

GPD MicroPC Pocket2は7インチで解像度はWUXGAの高精細なディスプレイを搭載しています。サイズは18.1cm x 11.3cm、厚みが1.4 cm、重量は510 gです。
7インチの超小型パソコンにはOne-Netbookというものもあります。

パソコンの性能が高く小さくても使いやすいWindowsです。
CPUはインテルのIntel Celeron 3965Yプロセッサー、メモリ8GBを搭載しています。eMMCのストレージ128GBなので小さなノートパソコンを使う分には十分な量ですね。
タッチパネルで操作性が向上しています。
スピーカーを搭載しているので映画を視聴したり、好きな音楽を聴いたり日常的に使えますね。

PCのボディには合金を使っており軽い素材です。産業用としてのコンセプトで開発されており、ビジネスでPCを持ち歩きする時には最適です。

インターフェイスが豊富で高速無線LAN Wi-Fi 802.11ac、Bluetooth 4.1、USB Type-A (USB3.0/2.0)×2、USB Type-C (USB3.0)×1に対応しており、microSDカードスロット搭載。スピーカーによるオーディオ出力もできます。
バッテリーの駆動時間は最大10時間です。

Pocket2付属品

  • ACアダプター
  • USB Type-C電源ケーブル
  • 取扱説明書(保証書付)

GPD MicroPC N4120 (256GB)

GPD MicroPC N4120 (256GB)
ディスプレイが6インチでCPUがIntel Celeron N4120のプロセッサーを搭載しています。
メモリは8GB RAM、ストレージの容量は256GB M.2 SSD、バッテリーは6200mAhです。
マルチ言語(日本語に対応)で保証が1年間付いています。

インターフェースはUSB3.0 Type-C、USB3.0 Type-A、HDMI 2.0 Type-A、RS-232、RJ45、Micro SDXCなどの端子が使えます。

まとめ

GPD MicroPCのノートパソコンは圧倒的にコンパクトです。
「小さくて軽い」ということで探しているならおすすめのノートパソコンですね。CPUはCore i5やCore i7と比較して性能はそれほど高くはないですが、メールなどWebブラウジングをするならストレスなく動作します。

外で使えるノートパソコンでお探しであれば下記の記事もご参考ください。
電車で使えるパソコンは軽くて小さいPCがおすすめ【迷惑にならない】

UMPCのおすすめ記事もあります。UMPCでは新しいモデルも出てきていますね。

著者情報タロー

タローが解説しました。私はもともと販売を経歴としていて、現在はパソコン・周辺機器・ゲーム業界に関連する情報を執筆と監修をしています。趣味はパソコンのカスタマイズで、20年以上多くのデバイスを使ってきた経験があります。詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

監修

「オススメPCドットコム」編集部にて記事の詳細、価格や機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、ユーザーに最適な選択をサポートできればと思います。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーなど販売店のサイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。