片耳ヘッドセットの人気ランキング!2020年

片耳のヘッドセット

ヘッドセット 片耳のタイプは、自分の声や周囲の音と相手の声を聞いたり話すのに便利です。有線やワイヤレスもありエレコムやJabraなどのメーカーが人気です。片耳の場合にはオーディオに強いソニーよりも通話できる機種も豊富なPlantronicsなどのほうが実績が多いですね。
片耳のヘッドセットを購入ページのレビューの数などをもとに人気ランキングをしています。

テレワークやゲーム、英会話など用途によって形も色々あります。屋外で使えるイヤホンのタイプもありますが、この記事ではオーバーヘッドのタイプをご紹介しています。
屋外で使えるヘッドセットはノイズキャンセリングタイプがおすすめです。
ぜひ、ご参考ください。

片耳ヘッドセット人気ランキング

安い片耳ヘッドセット:エレコム


2000円以内で買える片耳ヘッドセット:エレコム
エレコムの安い片耳のヘッドセットで2000円以内で販売されています。
エレコムのヘッドセットは評判も良いですね。
HS-HP21SVはオーバーヘッドですが安いので手軽に使えます。
コードはファブリックで絡みにくく、音量とON・OFFのコントローラーが付いています。

ヘッドセットのマイクはノイズ軽減する機能があり明瞭な声で伝えることができます。
コスパに優れた有線の片耳ヘッドセットです。
>>エレコムの片耳ヘッドセットを楽天で探す

スペック

  • インターフェイス:φ3.5mmモノラルミニジャック
  • 対応OS:Windows8.1/8/ 7/Vista(~SP2)/XP(SP2~SP3)
  • ケーブル:1.8m
  • 質量:63g
  • ダイナミック型(モノラル)
  • ドライバーユニット:30mm
  • 周波数帯域:20~20,000Hz
  • マイク・指向性:無指向性

●選ぶポイント

  • 2000円以内で買える低価格な片耳ヘッドセット
  • Windowsユーザーが使える
価格:¥1,295
(価格は変動します。)


ヘッドセット片耳で4極対応:サンワサプライ


ヘッドセット片耳で4極対応:サンワサプライ
片耳4極に対応しているサンワサプライのヘッドセットです。
3.5mm4極ミニプラグを接続ができるWindowsやMacなどのパソコン・タブレット・スマートフォンで使えます。
マイクは無指向性で周囲の音は同じ感度で拾います。

MM-HS402SVは、ウインドスクリーン付きで話した時にマイクにかかる息によるノイズを軽減することができます。
頭にセットする時には両耳に対応しており左右のどっちでも使える仕様です。

スペック

  • ヘッドホン部:ダイナミック型27mm(モノラル)
  • 周波数特性:20~20,000Hz
  • マイクロホン部:コンデンサータイプ
  • 重量:63.5 g
  • サイズ:23.6 x 17.7 x 6.6 cm
  • ケーブル長:約1.8m

●選ぶポイント

  • ヘッドセット片耳の4極対応
  • フレキシブルでマイクの位置調整が可能
価格:¥1,880
(価格は変動します。)


業務用の片耳ヘッドセット:Jabra


Jabraのヘッドセット 片耳
Jabraのヘッドセットで片耳のタイプです。コールセンターが使う本格的な仕様になっています。
ビジネスで使えるパッシブノイズキャンセル機能を搭載し周囲の雑音が入りにくくします。
業務用なのでビジーライトがあり通話中であることがすぐにわかります。

Jabra EVOLVE 40 MS Monoは、コールセンターで使える片耳ヘッドセットでヘッドホンもマイクも高性能。
長時間使っていても快適なイヤークッションでテレワークのヘッドセットとしても最適です。

スペック

  • 重 さ: 72 g
  • USB,3.5mmピンジャック

●選ぶポイント

  • USB接続可能
  • マイクロソフト社認証の片耳ヘッドセット
  • 柔らかいクッション
価格:¥18,106
(価格は変動します。)


Jabra TALK 45

Jabra TALK 45
屋外で使いやすいJabra TALK 45です。
車載充電器付で車を運転するビジネスマンに最適です。
マイクを搭載しておりリダイヤル機能もあり通話するときに便利です。
バッテリーは最大で6時間使うことができます。

●選ぶポイント

  • 屋外向けでノイズキャンセリング対応のヘッドセット

価格:¥5,891
(価格は変動します。)

高級な片耳ヘッドセット:ゼンハイザー


高級な片耳ヘッドセット:ゼンハイザー
ゼンハイザーの高級な片耳ヘッドセットです。
ゼンハイザーのヘッドセットはプロも使う音響機器を作っているドイツのメーカーです。
音楽業界や映画業界でも使用されています。
504196 PC-7-USBは2011年より販売されておりロングセラーの片耳ヘッドセットで実績が長く安心して使えます。音楽を聴くのにも良いですね。

スペック

  • USBプラグ対応
  • イヤフォン部 再生周波数帯域 : 42-17,000 Hz
  • マイク部 有効周波数帯域 : 90 ‒ 15,000Hz
  • 指向性 : 単一指向性

●選ぶポイント

  • プロも使うゼンハイザーの片耳ヘッドセット
  • ドイツ品質で2年間のメーカー保証
価格:¥7,450
(価格は変動します。)


スカイプで使えるヘッドセット:Arama


片側の耳で使うヘッドセット:Arama
Aramaのスカイプで使える片耳ヘッドセットです。
3.5mmが使えるパソコンやスマートフォンで使えます。
ジャック端子は表面に酸化膜ができないように24k金メッキされており、長く使っても音質が良いです。
マイクは自分の使いやすいように360度回転させて位置調整できます。

人間工学設計でバンドはフィットされるようになっています。
ヘッドバンドは調整できるので男性や女性、子供が使えるヘッドセットです。
>>スカイプのヘッドセットおすすめ

スペック

  • 接続:3.5mmジャック
  • サイズ:19.1 x 15.3 x 4.2 cm
  • 重さ:159 g

●選ぶポイント

  • コントロールは着信応答・終話の切り替えのボタン有り
  • ヘッドバンド調整可能
価格:¥2,899
(価格は変動します。)


Razer Tetra 片耳 ヘッドセット 3.5mm


左右どちらでも使える片耳ヘッドセット:Razer
左右でどちらの耳でも使える片耳ヘッドセットです。
Razer ゲーミングヘッドセットなどゲーム用のデバイスを多く作っているブランドで技術力が高く独創的です。
「Razer Tetra」はスピーカーを左側でも右側でも使えるタイプです。
インラインでボリュームコントロールが可能でマイクミュートもあります。
マイクは単一指向性で口元の音を集中して拾えるため周囲の音を遮断しクリアな音で伝えられます。

ヘッドセットは超軽量で70gほど。
ずっと装着しても軽いので首も楽です。
メガネをかけたままでも使える仕様になっています。

スペック

  • 重量:68 g
  • サイズ:15.5 x 17.5 cm
  • 3.5mmアナログジャック

●選ぶポイント

  • メガネをかけたまま使用可能
  • 周囲の音が入り込みにくい単一指向性マイク
価格:¥3,929
(価格は変動します。)


Bluetoothのヘッドセット 片耳:プラントロニクス(Plantronics)


Bluetoothのヘッドセット 片耳:プラントロニクス(Plantronics)
PlantronicsのヘッドセットでBluetoothで使える片耳で使えるタイプです。
プラントロニクスはヘッドセットを多く作っているアメリカの世界的なブランドです。

片耳イヤフォンは車の運転中でも使うことができて便利です。
また、ランニングをなど屋外で使えるのもメリットです。

Voyager 5200はBluetoothで接続するワイヤレスタイプ。
90分の充電で最大7時間通話することができます。
P2iナノコーティング技術で撥水加工しています。

最先端のノイズキャンセリング機能を搭載しており、屋外でも使えます
iphoneやAndroidなどのスマートフォンに対応。

スペック

  • サイズ:5.2 x 18 x 10.6 cm
  • 重量:18.1 g

●選ぶポイント

  • 屋内と屋外で利用可能
  • IPX4 生活防水対応
価格:¥13,936
(価格は変動します。)


PS4 対応の片耳ヘッドセット:エレコム


PS4 対応の片耳ヘッドセット エレコム
PS4に対応している片耳ヘッドセットです。
エレコムのGM-HSHP25BKは、PS4のコントローラーにジャックを差して使います。
ゲームをしながらボイスチャットをするのにピッタリですね。
片耳なので片方でテレビからゲームの音を聞いて、もう片方の耳で通話できます。

ドライバーユニットは30mmで小型なので66gと軽いのも特徴です。
PlayStation4専用の片耳ヘッドセット

スペック

  • φ3.5mm4極ミニプラグ
  • 寸法:幅140×奥行50×高さ155mm
  • インピーダンス:32Ω
  • マイク・ミュート機能:有
  • マイク:無指向性
  • 小型オーバーヘッドタイプ

●選ぶポイント

  • PS4 ゲーム専用の片耳ヘッドセット
  • ファブリックの絡まりにくいケーブル
価格:¥2,800
(価格は変動します。)


HyperX Cloud Chat 片耳 ヘッドセット

HyperX Cloud Chat 片耳 ヘッドセット
HyperXのCloud Chatは片耳 ヘッドセットで重さが123gと超軽量なタイプです。左耳でも右耳でも装着できるようなデザインになっています。

PS4公式のチャット用のヘッドセットでPCでも使うことができます。クリアな音声が可能なのでゲームでボイスチャットするのに最適ですね。
もちろん、在宅勤務でビデオ会議でも使えます。

インラインオーディオコントロールを搭載しておりマイクのミュートや音量調節が可能です。

スペック

  • 接続:3.5mm (4 極)
  • マイク:双指向性、ノイズキャンセリング
  • ドライバー:ネオジム磁石、ダイナミック40mm径
  • 重量:123g
  • 18 x 13.2 x 6.2 cm
  • HX-HSCCHS-BK/AS
  • 2年保証

片耳ヘッドセットの比較

人気の片耳ヘッドセットを3機種ピックアップして比較しました。
パソコンなどで使えるエレコムやJabraと屋外で使うことが多いプラントロニクスのワイヤレスタイプです。

←比較表はスクロールできます。→

エレコム Jabra プラントロニクス
デザイン エレコムの片耳ヘッドセット
Amazonで見る
Jabraの片耳ヘッドセット
Amazonで見る
プラントロニクスの片耳ヘッドセット
Amazonで見る
価格 ¥ 1,295 ¥ 18,106 ¥ 13,936
接続 3.5mm有線 USBまたは3.5mm有線 Bluetooth
ワイヤレス
用途 スカイプ
ボイスチャット
英会話など
ビジネス用
コールセンターなど
Bluetooth
外での通話など
コントローラー
撥水機能 × ×

※価格は変動するのでAmazonの販売ページにてご確認ください。

片耳ヘッドセットの選び方

ヘッドセット片耳の選び方
ヘッドセット片耳の選び方です。

ヘッドセットには有線とワイヤレスがあります。

  • 有線の片耳ヘッドセット…3.5mmモノラルミニジャック接続とUSB接続がある
  • ワイヤレスの片耳ヘッドセット…Bluetoothでペアリングして接続する

パソコンで使う片耳ヘッドセットは有線のタイプが一般的です。
3.5mmかUSBを使うかは好みの問題ですが、ヘッドセットを使っている時に他の音響機器を使うことは考えにくいので、3.5mmミニジャックのタイプを選べば汎用的に使えます。

Bluetoothのワイヤレスタイプの片耳のヘッドセットは屋外で使いたいときに選びます。
ヘッドセットで電話をしたりラインの音声通話をしたりできます。
撥水加工されていますが完全防水ではないので雨が降った時にはしまった方が良いですね。

片耳ヘッドセットのメリット

ヘッドセット片耳のメリット
片耳のヘッドセットを使うメリットは何か解説します。
なぜ片耳を使うのかと疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

例えば、オンラインでの英会話で片耳のヘッドセットがよく使われます。
片方の耳が空いているので、自分が話す言葉か聞こえるのがメリットです。

また、屋外では両耳のヘッドセットをすると周りの音が聞こえにくくなってしまうため危険です。
片耳のみヘッドセットを装着することで周囲の環境音と相手の声を聞くことができるのがメリットです。

逆に片耳のヘッドセットのデメリットは音の方位がわからないということです。片耳が聞こえないので左右の感覚はありません。
ゲーミング用のヘッドセットでは敵の方位が把握できる必要がありますが、片耳だと難しいですね。

まとめ

通販でも人気のある片耳用のヘッドセットをランキングしました。
片耳のタイプは自分の声や周囲の音と相手の声を聞いたり話すのに便利ですね。
外で使うヘッドセットは風や車の音が入りにくいノイズキャンセリングタイプが良いですね。

相手と通話しやすい快適な片耳のヘッドセットがあると楽しいですね。

参考文献

エレコム 片耳ヘッドセット 公式サイト