MOFT ノートパソコンスタンドをレビュー!種類の違いは?

MOFT ノートパソコンスタンド

MOFTのスタンドでPCで使えるおすすめ製品のご紹介です。

MOFTのノートパソコンスタンドやスマホスタンドは薄型で画面を立てられるので便利。
視線が低いときに使うと姿勢も改善できます。

折りたたむとスタンドが厚みが超極薄になるのでケースにも入るため持ち運びも楽です。
種類ごとに特徴をピックアップしているので商品を購入する時にご参考になれば幸いです。

コンテンツについて、一部にPRが含まれています。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

MOFTパソコン用スタンドの使い方

MOFTのパソコン用スタンドは、ノートパソコンの背面に貼り付けて使います。少し上がることでPCの放熱性も良くなりますね。また、タブレットスタンドとして使えるタイプもあります。

スタンドの付け方は、貼る位置を決めてからロゴが手前にくるようにしてノートPCの裏面に取り付けます。粘着タイプと置くだけの非粘着タイプがあるのでスタンドを選ぶときにチェックするのがポイントです。
空気が入らないように中心から外に向かって、手で抑えます。
作業的には5分ぐらいで完了しますが、慌てずにゆっくり貼りましょう。

取り付けるメリットとしては少し上がるので、キーボードが打ちやすくなります。普段からスタンドを使用しているかたには持ち運べるので便利ですね。
また、デザインがスタイリッシュなのでMacなどとの相性も良さそうです。

MOFTノートパソコンスタンドのおすすめ8選

MOFT 軽量ノートパソコンスタンド 超薄型


MOFT 軽量ノートパソコンスタンド 超薄型
MOFTのノートパソコンスタンドの超薄型タイプで排熱孔を採用しています。
大きさは最大15.6インチまで対応。軽量で重さは89g、素材の厚みは3mmほどで薄い仕様です。丈夫なポリウレタンとグラスファイバーで強度があり、耐荷重は最大5kgで支えることができます。

ノートパソコンやタブレットなどを設置します。スタンドとパソコンは接着剤で貼り付けます。折りたたみ式で持ち歩くことができます。

角度調整は2段階で、15度または25度の角度でPCをタイピングできます。姿勢が悪くなってしまうときに薄型スタンドを使うと良いですね。
デザインもおしゃれなスタンドです。

選ぶポイント:

15.6インチまでのスタンドで貼り付けるタイプ

  • ノートパソコンに貼り付ける、粘着タイプのスタンド


MOFT ノートパソコン スタンド 折りたたみ 超軽量(角度 15°&25)


MOFT ノートパソコン スタンド PCスタンド テレワーク 折りたたみ 超軽量 超極薄
超極薄タイプのMOFT ノートパソコンスタンドのアクセサリーです。
モニターの高さを8cmまたは5cm高くすることができるようになっており、角度は15°または25°に対応しています。デスクが低い時には背中が丸まらなくて快適に。

PUとファイバーグラスの素材により超軽量で89gのスタンドです。持ち歩きのラップトップに付けても重さが気にならずに便利ですね。
折りたたみなので使う時にはサッと広げて磁石で固定するため、安定性があります。

レビューでは安定してPCを立てられるスタンドという口コミがあり評価も優れています。

色はゴールド、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールドから選べます。

選ぶポイント:

Macbook Pro・Air・タブレットなどの持ち運びスタンド

  • カラーが選べるノートPC用のスタンド


MOFT 排気口がある ノートパソコンスタンド / 粘着タイプ


MOFT 排気口がある 最薄クラス 汎用ノートPC ノートパソコンスタンド コンパクトで軽量 2段階に調整
MOFT(モフト)の「MS006-M」は、排気口があるので放熱性に優れているノートパソコンスタンドです。
背面に円形の穴が開いており放熱性があります。熱を持ちやすいPCや暑い時には良いですね。

コンパクトですが対応サイズは幅広く11.6インチ~15.6インチのノートパソコンやiPadなどのタブレットで使えます。
ただし、貼付するため貼る位置が平らである必要です。
スタンドの取り付けはリムーバブルグルー(再貼付)可能です。粘着力が弱くなって復活させたいときには、ウエットシートで拭き取るとまた使えるようになるようです。

高さは2段階でハイリフティングモードの8cmとローリフティングモードの5cmに調整できます。

選ぶポイント:

コンパクトなサイズ

  • コンパクトなサイズで大きさは22.4cm×17cm、のせる大きさは15.6インチのノートパソコンまで対応


MOFT MINIノートパソコンスタンド 軽量(Universal)


MOFT MINIノートパソコンスタンド 軽量(Universal)
MOFT MINIノートパソコンスタンドでユニバーサルタイプで放熱性の穴があるのでエアフローの排熱も良いですね。内蔵マグネットでパッと広げられるのも良いですね。
人間工学に基づいたデザインになっておりタイピングでも腕や肩の疲労も軽減できます。
MacBook ProやAirに対応しています。158g(5.6オンス)なので普段、アルミ製のスタンドを使っている方でも軽く感じると思います。

上で紹介しているスタンドのタイプと似ていますが、こちらは厚みが4mmで微妙に違います。
価格やカラーも異なり、シルバーまたはUniversalから選べます。

材質はグラスファイバーを使っているため丈夫です。最大15.6インチまでのノートパソコンで約8kg(18ポンド)まで耐えられます。


MOFT 貼らない非粘着 ノートパソコンスタンド


MOFT 貼らない非粘着 ノートパソコンスタンド
MOFTの貼らない非粘着タイプのノートパソコンスタンド「MS002-M-GRY-EN01」です。
直置きタイプでのせるだけの使い方です。裏面には排気口があり厚さは3mm。90gの重さで持ち運びができます。
最大15.6インチまでのノートPCに対応しています。非粘着の場合には、張り替えて使い回すのに比べて、PCをのせるだけなので使い勝手も良いですね。

レビューでは安定していて良いと、満足しているコメントが多い製品です。初心者の方が実際に、商品を選ぶときには粘着と非粘着を確認してからの購入をおすすめします。

2023年05月17日12:40の時点では税込み3,480 円です。


MOFT MINIノートパソコンスタンド


MOFT MINIノートパソコンスタンド
MOFT MINIノートパソコンスタンドです。
プロダクトデザインとして不可視の美学がメーカーとしてあるようで、使わない時には折り畳めて目立たない存在になります。傷や跡が残らずに何度も繰り返し設置できる粘着剤。

高さ調整はできないタイプのスタンドですが、重量はわずか37gで持ち運びに優れています
構造は特許取得済みの製品です。

色のバリエーションはシルバー・グレー・Universalがあります。

●選ぶポイント

  • 37gの軽量なPCスタンド


MOFT Z ノートパソコン スタンド


MOFT Z ノートパソコン スタンド
MOFT Z のノートパソコン スタンドは2020年7月に発売された最新のモデルです。
デスクの上で使うと立ち作業でPCを操作できるようになります。

角度は4段階に調整できます。
ノートパソコンを立てたりソファーで使ったりするのに最適です。
また、収納すると1.2cmの薄さになります。

●選ぶポイント

  • スタンディングデスクになるPCスタンド


MOFT X 最薄クラス iPhone Android スマホスタンド / 簡単に使える


MOFT X 最薄クラス iPhone Android スマホスタンド
MOFT X(モフト エックス)はスマホスタンドで最薄クラスです。
約60度に固定して立たせることができて、縦から横に配置するのも簡単です。
スキミング防止でカードを3枚まで収納することができます。

iPhoneやAndroidなどのスマホに直接スタンドを貼り付けます。
特殊な粘着シートなので約500回まで貼り直しをすることが可能です。また、磁石が付いており色々な場所に設置することができます。

●選ぶポイント

  • 再貼付できるスマホスタンド

まとめ

MOFTのノートパソコンスタンドを解説しました。姿勢もスッと伸びるので肩こりも軽減されます。ブランドの商品ですが、それほど価格が高くないのも良いところです。
耐久性があり薄型で軽いのでどこへ行っても使えますね。角度を付けることでパソコン作業が快適になります。ちなみに、パソコンに透明のシートを剥がして貼り付けるタイプと、磁石の非粘着タイプがあるので、買う前に確認するようにしましょう。

持ち運ぶならおすすめのノートパソコンスタンドです。


MOFTノートパソコンスタンドの関連情報
BoYataのノートパソコンスタンド

著者情報タロー

タローが解説しました。私はもともと販売をしていて、現在はパソコン・周辺機器・ゲームに関する情報の執筆と監修をしています。20年以上多くのデバイスを使ってきた経験があります。詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

監修

「オススメPCドットコム」編集部にて記事の詳細、機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、ユーザーに最適な選択をサポートできればと思います。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーのサイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。スペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。