おすすめのブルーライトカットフィルム!長時間の疲れ目対策

パソコンのブルーライトカットフィルムで疲れ目の対策

パソコンのモニタに貼るブルーライトカットフィルム(液晶保護フィルム)のおすすめです。

長時間パソコンをしていると目が疲れて肩が凝ったり頭が痛くなったりするときがありますよね?
目の疲れは光が強いブルーライトが原因なんです。

目を守るためのブルーライトカットフィルムとフィルターを厳選してご紹介していきます。

パソコン用ブルーライトカットフィルム

パソコン用ブルーライトカットフィルム

パソコン用のブルーライトカットフィルムを貼るメリットは3つあります。

  1. ブルーライトをカットすることで目を守る
  2. となりからの覗き見されないようにできる
  3. 傷や指紋の汚れから守り、指の油や汚れが目立ちにくくなる
  4. 光の反射を防ぐ

ノートパソコンの場合にはカフェなど、外で周囲に人がいる状態でPC作業することもあるので覗き見からプライバシーを保護するのが大事ですね。特に会社のパソコンを持ち出している場合にはセキュリティーは重量です。

ノートパソコンのディスプレイがグレア(光沢)やハーフグレア(半光沢)の場合には光を反射してしまいます。
太陽光や電灯が画面に映り込むと見にくくなるため非光沢のフィルムを貼ると見やすくなります。

パソコン画面に取り付けるのはシリコンの吸着タイプとマグネットでペタッとつけるタイプがあります。一般的なのは価格の安いシリコンで貼るタイプです。

スマホに貼るのと同じようなものですね。価格は2000円~3000円ぐらいで買うことができます。

マグネット式のものは、貼る必要性がないので手間がかからず便利です。昔からありますがちょっと画面が暗くなります。マグネットのフィルターだと4000円ぐらいします。

ブルーライトから目のダメージを軽減する目的であれば、「パソコンにフィルムを貼付するタイプ」でも「マグネットで付けるタイプ」も機能的にはほとんど変わりません。

ブルーライトとは

ブルーライトというのはLEDのバックライトから発せられる光です。
青色光の波長をブルーライトと呼ばれています。
380~500nmの波長で短いナノメートルなので刺激が強く網膜まで達するのが特長です。
ブルーライトは、目の疲れや精神の乱れ、睡眠への影響もあるため体には良くない波長です。
また、疲労やドライアイを引き起こす原因になります。

ブルーライトカットで疲れ目の対策

ブルーライトから目を守るブルーライトカット

パソコンを長時間ずっとやっていると目の奥が疲れてきて痛くなることもありますよね。
ブルーライトフィルムを貼っておけば、ブルーライトや紫外線をカットできるので目の負担を減らすことができます。

特にゲームを長くやるような方は何時間も続けてやるのでブルーライトフィルムはおすすめです。
または、ゲーミングモニターもブルーライト軽減機能が付いているものがあります。

紫外線は目が疲れる

紫外線は目にとっては有害です。肩こりの原因になったり屋外で強い紫外線を受けると結膜炎が起こりやすくなり白内障の危険もあります。

パソコンで目を酷使している方は、外でもサングラスなどで紫外線カットをした方が良いですね。

フィルムを貼って傷の防止

ノートパソコンでは外に持ち歩くこともあります。
そんな時もブルーライトカットのフィルムを貼っておけば安心ですね。

何かが画面にあたって傷が一本でも入ると気になるものです。
フィルムを貼っておけば0.1mm~0.2mmの膜ができるため傷を防止することができます。
タッチパネルのタイプでもフィルムがあっても動作するものがほとんどです。

フィルムはPC画面のサイズで選べる

パソコンは色々なサイズがあります。
モニターの画面に貼るフィルムは10インチから24インチまで貼るものがあります。
メーカーにもよりますが豊富にあるので貼るサイズに困ることはありません。また、柔らかい素材のフィルムは液晶画面のサイズに合わせてカットできる商品もあります。サイズが大きい場合には切ってから張りましょう。

画面の透過率は92%なので美しい画面も綺麗にそのまま表示できます。

ブルーライトカットフィルムはなるべくピッタリサイズで貼る方がおすすめです。

おすすめのブルーライトカットフィルム

エレコム 液晶保護フィルム ブルーライトカット

エレコム 液晶保護フィルム ブルーライトカット
エレコムのブルーライトカットフィルムはパソコンのブルーライトを42%カットできます。
紫外線カット率は99%で目に優しい保護フィルムです。

ノートパソコンでは電車の中など、外で使うことも多いですが光の反射を抑えることができます。なのでフィルムを貼った後は画面が見やすくなりますね。

タッチパネルの画面では指の指紋が付きにくいので画面の保護にも役立ちます。
フィルムを貼るときには自己吸着機能があるのでヘラで綺麗に貼れます。

レビュー

・貼ると目に優しいの感じがしてぜんぜん違う。
・貼り直しは難しいので気泡が入らないように丁寧に貼ったほうが良い。
・光沢の画面がギラギラして見にくかったが貼ったら見やすくなった。

スペック

  • フィルターサイズ:10.1インチワイド~24インチワイド
  • 取付方法:シリコン吸着
  • 反射率:1.3%(MAX0.9%)
  • 紫外線カット率:99%(MAX99.6%)
  • 紫外線カット機能:有り

¥1,893~¥3,384が相場です。サイズによって価格が変わります。


サンワサプライ 液晶保護フィルム

サンワサプライ 液晶保護フィルム
価格が安いブルーライトカットのフィルムです。
ノートパソコンでタッチパネルやペン入力にも対応しています。
接着面がシリコンなので剥がすこともできます。

PET素材なので画面を傷から守ることもできますね。
画面に貼り付けるヘラが付属品として付いています。

レビュー

・画面に写り込んでいた自分が消えて見やすくなった。
・映り込みが無くなったので反射が気になっているひとには便利。
・小さなゴミが入らないようにセロハンテープでゴミをとってから貼った方が良い。

スペック

  • サイズ:10.1ワイド~23.0ワイド
  • 【厚み】:0.2mm
  • 【材質】:接着面/シリコン膜、外側/PET(ポリエチレンテレフタレート)
  • 【光線透過率】:90%
  • 【紫外線カット】:99.9%

価格は¥535~¥2,290 が相場です。サイズによって価格が変わってきます。


「極上」ブルーライトカットアンチグレア 液晶保護フィルム Agrado

ブルーライトカットアンチグレア
「極上」は、国内生産のブルーライトカットフィルムです。
貼りやすいというレビューが多く、Amazon’s Choiceにも選ばれています。

目に有害な紫外線を99%カットしており目の疲れを軽減します。
ブルーライトを32%カットできます。

フィルムの粘着力は30mNに抑えているので剥がすときに画面がデリケートなMacBookのディスプレイでも破損することがありません。

国内正規品 メーカー30日保証付

レビュー

・貼りやすい。Windows15インチにサイズがぴったりだった。
・長くパソコンをやっていると目が疲れて目薬をさしていたけど、目薬が不要になった。
・気泡が入ってしまった。一発で綺麗に貼るようにした方が良い。

サイズは12.5型ワイド~15.6ワイドまでサイズがあります。
アンチグレアと光沢のタイプの2種類があるので選ぶ時に注意です。
価格は¥2,380~¥2,980が相場です。


YMYWorld マグネット式 覗き見防止フィルター ブルーライトカット

覗き見防止フィルター ブルーライトカット
マグネット式のブルーライトカットフィルターです。
フィルムを上手に貼ることができない方にはおすすめです。

ブルーライトは約49%カットできます。

Macbook pro 13 インチ用のフィルターをリンク先にしましたが、「Amazonで見る」の青いボタンのリンク先でプルダウンメニューからサイズを選ぶことができます。

ブルーライトカットフィルターのサイズ
選べるサイズはMacが多いです。

レビュー

・マグネットは取り外しができて便利。
・フィルターを付けると若干、画面が暗くなる。
・フィルターを付けると横から見られなくなるので電車の中で重宝している。

3500円~4000円ぐらいの価格なので貼るフィルムに比べるとちょっと高いですね。貼り込む作業が無いので楽です。


まとめ

現在のパソコンはLEDライトがほとんどなのでブルーライトカットフィルムは必要です。ブルーライトだけでなく紫外線もカットできるので貼っておけば目の負担を減らすことができます。

40代以上の方では昔つけたことがあったけど、画面が暗くなるからいやだ。
という方もいると思いますが最近のブルーライトカットフィルムは透過率が高いので気にならず快適です。

特に長時間作業をするプログラマの方とかゲーマーの方には、生活のほとんどが画面を見ていることになると思いますので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

子供がパソコンを使うときにも、目を守るためにブルーライトフィルムを付けると良いですね。
オンライン授業のパソコンでも紫外線やブルーライトのフィルムをカットしましょう。

もしくは、子供のブルーライトメガネというものもあります。
大事な目を守るためにも有害な可視光線は防ぎたいですね。

大人向けのブルーライトカットのメガネはおしゃれなものもあります。
一日中パソコンのモニターを見て作業する時には必要です。

パソコン用フィルムの関連記事
カフェなどで周りに人がいる時にはノートパソコンのフィルムを貼るのがおすすめです。