USBハブおすすめ5選!接続で便利な人気モデル 2024

USBハブおすすすめ

USBポートがあれば、使いたいデバイスがさらに増やせて、使いたかった周辺機器がぐっと便利になると思いませんか?入力する端子が少ないと作業効率で悩んだりするものです。
そこで、この記事ではあると便利な、USBハブのおすすめ商品をご紹介しています。

ご自分の用途や環境に合ったUSBハブを選ぶことが大事になります。例えば、HDDで使うなら速度が速いUSB3.2もチェックするようにしましょう。
給電方式についてはバスパワーのタイプや、ACアダプタから給電するセルフパワーがあり、用途や電源供給を求める安定などから選択するようにします。
この記事では、私、タローが厳選しておすすめしたいUSBハブを5点ご紹介しています。ぜひ、ご参考ください。

コンテンツについて、一部にPRが含まれています。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

USBハブの選び方

USBハブの選び方

ポート数

必要なデバイスの数を考慮して、十分な数のUSBポートを備えたハブを選びましょう。デバイスが多い場合は、4ポート以上のハブが便利ですが、電源を必要とする場合にはセルフパワーも検討すると良いでしょう。デバイスの電力不足によるエラーや接続の不具合を防ぐことができます。
また、ハブ本体の互換性の問題もあるので、使用しているコンピュータやオペレーティングシステムとの互換性を確認が必要です。

データ転送速度

データ転送速度
USB 3.0やUSB 3.1をサポートするハブを選ぶと、高速なデータ転送が可能です。とくにUSB 3.1 Gen2では最大10Gbpsのデータ転送が可能になっています。
そのため、大容量のビデオファイルを編集する場合や、重要なデータを外部ドライブにバックアップする際には、これらの高速転送が大きなメリットとなります。また、高速転送をサポートするUSBハブは時間を大幅に節約してくれます。

電力供給

デバイスによっては高い電力が必要なものもあります。パワーデリバリ(PD)対応のハブを選ぶと、充電が必要なデバイスも効率的に充電できます。
電力を十分に供給する場合にはセルフパワーのタイプを選ぶようにします。ただし、セルフパワーのタイプはAC電源が必要になるため、モバイル利用を考えている場合は、直挿しのタイプなど小さくて軽量なハブを選ぶと便利です。また、ケーブルが内蔵されているモデルもあります。

USBハブのおすすめ

ゲームに最適なUSBハブ : PC/PS5/PS4/Xboxに対応


ゲームに最適なUSBハブ : PC/PS5/PS4/Xboxに対応
UGREENのUSB3.0 ハブで、ゲームに最適なタイプです。ゲーム機ではPS5/PS4/Xboxに対応しており、PCやSurfaceでも利用することができます。
接続端子は4ポートを拡張することが可能で、給電用のUSB-Cポートが付いています。接続するケーブルは耐久性があるナイロン製を採用しているのもポイント。

アルミケースなので軽量で持ち運びにも便利ですね。重量は59.82 gと軽く、サイズは11.6 x 2.7 x 1.2 cmです。

選ぶポイント:

USB3.0による高速転送

  • USB3.0による高速転送を実現しており、USB2.0と比べておよそ10倍の速さ


サンワサプライ USB Type-C USB2.0 4ポート USB-2TCH23SN


サンワサプライ USB Type-C USB2.0 4ポート USB-2TCH23SN
サンワサプライのUSB Type-Cハブで、「USB-2TCH23SN」です。
パソコンとの接続はUSB Type-Cになっておりバスパワーに対応、USB2.0 Type-Aが4ポート備わっています。 対応デバイスはWindows・macOS・Chrome・iPadOSで利用できます。

外観がシンプルな形状のデザインなのおしゃれです。厚みが少なくスリムで、わずか8mmなので収納しやすい大きさです。ノートPCを使うときにあると嬉しいガジェットですね。

選ぶポイント:

価格が安いUSB-Cのハブ

  • 価格が安く2024年04月13日13:38の時点では税込み1,036円


デスクトップ用USBハブ バスパワー USB3.2 Gen1 USB-A接続 400-HUBA097


デスクトップ用USBハブ バスパワー USB3.2 Gen1 USB-A接続 400-HUBA097
サンワダイレクトのUSBハブで、デスクトップ用のUSBハブ「400-HUBA097」です。
何がノートパソコンと違うの?と考えると思いますが、ケーブルの長さが異なります。
この製品では、ケーブルの長さが1mあるため、デスクの下にあるパソコンのUSB Type-Aポートにつなげて、ハブ本体をデスクに置いて使うことができます。また、別売りのクランプを使えば、固定することも可能です。

ハブは4ポートUSB3.2 Gen1で、高速データ転送 5Gbps USB-A接続が可能です。
電源はバスパワーのタイプです。

選ぶポイント:

高速データ転送

  • 5Gbpsの高速データ転送に対応


エレコム USB3.0 ハブ 7ポート ACアダプタ付 セルフパワー


エレコム USB3.0 ハブ 7ポート ACアダプタ付 セルフパワー
エレコムのセルフパワー型USBハブで、U3H-T719SBKです。
USB3.0 ハブを搭載しており7ポート使えるタイプです。 ACアダプタ付きでセルフパワーで動作する点が特徴です。セルフパワーの魅力としては、同時に7台接続した歳にも、電力供給が不足することがありません。安定した動作で使用したい方は注目です。
また、USBの規格は転送速度が速いUSB3.0なので、外付けハードディスクなど大量のデータ転送も可能です。

選ぶポイント:

7ポートで豊富な接続

  • USB3.0が7ポートあり豊富に使える


Anker(アンカー) PowerExpand Direct MacBook向け 直挿しUSBハブ


Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD / 直挿しUSBハブ
Anker(アンカー)のPowerExpand Directです。
MacBook向けの直挿しUSBハブで、Apple MacBook ProやAirに対応しています。
この多機能USB-Cポートは、パススルー充電を最大100Wまでサポートし、データ転送速度は最大40Gbpsに達します。さらにディスプレイ出力も可能で、複数の機能を一つのポートで実現できるため、作業スペースをすっきりと保ちつつ、高速なデータアクセスと効率的な充電が可能になります。

ちなみに、USB以外の機能もあるので、正確にはドッキングステーションです。

選ぶポイント:

コンパクトなハブ

  • コンパクトなサイズでMacBookで使いやすい

商品のまとめ

USBハブのおすすめ商品をご紹介しました。ポートの数は様々な仕様があります。
ただし、7ポート以上あるタイプで注意したいのは消費電力です。そこで、側面のポートの数をチェックしてみてください。ポートの数が増えれば、少ないタイプと比較して、それだけ電力も使うということになります。電源が不足して不安定にならないように、ポート数が多いタイプはAC電源を使うタイプがおすすめです。
また、机の上をすっきりと省スペースで使うなら、直挿しの製品も便利ですね。


USBハブの関連商品
モバイルバッテリー
著者情報タロー

タローが解説しました。私はもともと販売を経歴としていて、現在はパソコン・周辺機器・ゲーム業界に関連する情報を執筆と監修をしています。趣味はパソコンのカスタマイズで、20年以上多くのデバイスを使ってきた経験があります。詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

監修

「オススメPCドットコム」編集部にて記事の詳細、価格や機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、ユーザーに最適な選択をサポートできればと思います。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーなど販売店のサイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。