外付けブルーレイドライブおすすめランキング10選! 2024年

外付けブルーレイドライブ

外付けブルーレイドライブではノートパソコンなどに接続することができてデータの保存に便利です。
Blue-Ray、DVD、CDが使えるモデルでは使えるメディアも広がります。映像を再生したり書き込んだりできるメーカーもあります。
データ転送の速いUSB3.0以上がおすすめです。

ブルーレイドライブをおすすめ順で商品をランキングしています。

コンテンツについて、一部にアフィリエイト広告が含まれます。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

外付けブルーレイドライブとは?

外付けのブルーレイドライブは、ノートパソコンやデスクトップパソコンなどで光学ドライブが搭載されていないときに使うと便利です。
メディアの読み書きをすることができてデータを保存しておくのに便利です。
ドライブはブルーレイ、DVD、CDに対応している機種がほとんどです。
再生ソフトを使えばブルーレイの映画をパソコンで視聴できるので楽しいです。パーツなど相性もあるのでよくチェックして選ぶと良いですね。

外付けブルーレイ ドライブの選び方

外付けブルーレイ ドライブの選び方

出典:BUFFALO

チェックするポイント

外付けBDドライブは読み書きはできても再生ソフトは付いてない場合も多いので別途用意する必要があります。
レンタルBlu-rayなどでは再生のみ対応しています。ブルーレイが再生できない場合にはコピープロテクトがかかっていることがあり、AACS対応のソフトウェアを使います。無料のフリーソフトではLeawo Blu-ray Playerが有名です。
ちなみに、BD-ROMの場合には読み取り専用なので、書き込みはできません。

ブルーレイドライブは内蔵タイプと外付けタイプのどちらを選べば良いかと迷っているかたもいるかもしれません。
内蔵BDのメリットは種類が多く機種によってはバルク品などがあり安く購入できます。外付けBDは、ノートパソコンのように内蔵できない時に使います。
また、他のデバイスでも外付けで使えたり、持ち歩きができるのも良いところです。

保存の書き込み速度で選ぶ

ブルーレイドライブは書き込み速度はデータを保存するのにどれくらい時間がかかるかということに影響します。
2倍速、4倍速、6倍速、16倍速、24倍速などがあります。
BD、DVD、CDなどのメディアで1層、2層、R、RWなどディスクによってもスピードは変わってきます。

データを書き込む容量が大きければそれだけ時間も長くなるので速いドライブを選ぶと良いです。
また、データ転送はUSBポートも大きく影響するのでUSB3.0に対応しているモデルがおすすめです。

外付けブルーレイドライブのおすすめ

Pioneer パイオニア Win & Mac対応 BDXL対応 外付けブルーレイドライブ クラムシェル型 BDR-XD08MB-S


Pioneer パイオニア Win & Mac対応 BDXL対応 外付けブルーレイドライブ
Pioneer(パイオニア)の「BDR-XD08MB-S」は外付けブルーレイドライブでWinとMacで使えます。
ポータブルな大きさで、サイズは幅133×奥行き133mmで重さは230gです。クラムシェル型の開閉なので便利ですね。

BDXL規格に対応しておりデータの読み取りが高性能。UHDブルーレイに対応しています。
M-Discで記録と再生をしたいかたにおすすめです。また読み取りのPureRead 4+を搭載しています。
アプリを使えばAndroidでもブルーレイドライブが使えるようになります。ACアダプター(別売り)と接続することで音楽のCDを取り込むことができます。

USB 3.2 Type-Cコネクタを搭載しているモデルです。

選ぶポイント:

OSはWindows 11にも対応

  • WinとMac対応のブルーレイドライブ

スペック

  • 対応:Windows 11/10/8.1/8/7・macOS Big Sur
  • Ultra HD Blu-ray UHDBD再生対応


BUFFALO(バッファロー) USB3.2(Gen1)/3.0 外付けブルーレイドライブ / ソフト付き


BUFFALO(バッファロー) USB3.2(Gen1)/3.0 外付けブルーレイドライブ
BUFFALO(バッファロー)製の外付けブルーレイドライブで、開閉はトレー式のタイプです。
「BRXL-PUV6U3-BK/N」は、薄型ポータブルBDでバスパワーです。

給電ケーブルが付属しておりUSB3.2(Gen1)/3.0に対応しおり、Type-A端子を搭載しているWindowsやMacに対応しています。付属のソフトウェアはWindows専用で音楽を書き込む設定ができます。

BD書き込み速度

  • BD-R XL(4層)(3層)4倍
  • BD-R(2層)(1層)6倍
  • BD-RE XL(3層)2倍
  • BD-RE(2層)(1層)2倍
  • DVD-RAM 5倍、DVD-R(1層)8倍
  • DVD-R(2層)6倍
  • DVD-RW 6倍
  • DVD+R(1層)8倍
  • DVD+R(2層)6倍
  • DVD+RW 8倍
  • CD-R 24倍
  • CD-RW 16倍
  • M-DISC 4倍

ダウンロードして簡単に使えるソフトウェア(Power2Go)が付属しています。国内メーカーなのでサポートも安心ですね。

選ぶポイント:

USB接続のスリムなブルーレイディスク

  • USB3.2対応で利用しやすいストレージ


I-O DATA 外付けブルーレイドライブ 薄型 EX-BD03K


I-O DATA 外付け Blu-ray ブルーレイ BDドライブ 薄型
I-O DATA(アイ・オー・データ)の外付けブルーレイドライブです。
薄型で厚みは約14.6mmとスリムなデザインになっています。ポータブルで収納をして持ち運びするのに便利。重量は240gで軽量です。
インターフェースはUSB3.2 Gen1 (USB3.0)に対応しており高速にデータを転送できます。

EX-BD03Kはバスパワーでパソコンに接続をすればUSBケーブル一本で給電が可能になっており、ACアダプターが不要です。
※給電できないパソコンの場合はACアダプターセットもあります。
パソコンの対応OSは、Windows 10/8.1/8/7、Mac OS X 10.6~10.11に対応しています。
※Macではブルーレイの動画は視聴できないので注意です。

Blu-rayはBDXL(4層BD-R)の128GBに対応しており録画なども大容量でデータをバックアップできます。書き込みと読み込み速度も速いのでおすすめです。

保存メディアはVerbatim(バーベイタム) Millenniata社の「M-DISC」にも対応しており、データを長期間保存したい時に便利ですね。

選ぶポイント:

速い光学ドライブ

  • BDは最大6x、DVDは最大8x、CDは最大24xに対応


アイ・オー・データ(I-O DATA)外付けブルーレイドライブ BRD-UT16WX


I-O DATA 外付けブルーレイドライブ BRD-UT16WX
アイ・オー・データ(I-O DATA) の16倍速高速書き込みの外付型ブルーレイドライブの「BRD-UT16WX」です。縦置きすると高さは約158mmになります。
OSはWindowsに対応しておりUSB 3.0またはUSB 2.0の接続に対応しています。
パソコンの電源を落とすとドライブの電源も落ちる連動型です。
ブルーレイディスクは、BDXLとM-DISCの書き込みと読み込みに対応しています。レコーダーでハイビジョンの映像で録画したデスクをパソコンで観ることができます。


BUFFALO(バッファロー) 外付けポータブルブルーレイドライブ BRUHD-PU3-BK


BUFFALO 外付けブルーレイドライブ BRUHD-PU3-BK
BUFFALO(バッファロー)の外付けポータブルブルーレイドライブで「BRUHD-PU3-BK」です。
Ultra HD Blu-rayの再生に対応しています。4K解像度などパフォーマンスの高い映像やHDRの規格にも対応しています。
電源はUSBバスパワーまたは外部電源も使えるので、重宝するアイテムですね。

選ぶポイント:

Ultra HD Blu-rayに対応しているモデル

  • 4KやHDR (ハイダイナミックレンジ) も滑らかに再生できる



ロジテック BD ブルーレイドライブ 外付け


ロジテック BD ブルーレイドライブ 外付け
ロジテックの外付けブルーレイドライブです。
LBD-PVA6UCVBKはUSB TypeAやUSB Type-Cコネクタに対応しているのが特徴で、Windows/SurfaceProシリーズ/Intel CPU搭載のMacに対応しています。
動画の再生・編集・書き込みソフトが添付されています。
M-DISCに対応しています。

対応メディアはBD-R 1層、BD-RE 1層、BD-R DL 2層、BD-RE DL 2層、BD-R XL 3層のディスクが使えます。1層と比較して2層や3層などは高密度で記録をすることが可能です。


Archgon USB 3.1外付けCD/DVD/Blu-ray


Archgon USB 3.1外付けCD/DVD/Blu-ray
Archgonの外付けブルーレイドライブです。
CD/DVD/Blu-rayに対応しています。4K Ultra HD Blu-rayの動画再生にも対応しています。※再生ソフトウェアが別途必要です。
アルミ製筐体で保護ケースが付いています。
レビューでは動作時に音が鳴るので静音性がないという感想もあります。

WindowsとMacで使えるブルーレイディスクドライブです。


Pioneer パイオニア USB3.0 BD再生対応 ポータブルBDドライブ BDR-XD08LE


Pioneer パイオニア USB3.0 BD再生対応 ポータブルBDドライブ BDR-XD08LE
Pioneer(パイオニア)のポータブルBDドライブで「BDR-XD08LE」です。
USB Type-AやUSB Type-CでPCやAndoroid端末と接続することもできます。エントリーモデルで、横置きで使用するタイプですね。
また、長期間データを保存できる、光学メディアM-DISCに対応しています。

重量が230gで軽いのが魅力。持ち運びの用途に最適です。

スペック

  • 色:ブラック
  • サイズ:133 mm(W)×14.8 mm(H)×133 mm(D)
  • 重量:230 g


ASUS ブルーレイドライブ外付け SBW-06D5H-U


ASUS ブルーレイドライブ外付け SBW-06D5H-U
ASUSの外付けブルーレイドライブ SBW-06D5H-Uです。
高速にデータ転送ができるUSB3.1に対応しています。
長期間保存ができるM-DISCに対応しており、撮影した動画など長く保管しておきたいときに便利です。
耐久性があるウルトラスリムでバックアップソリューションとパスワード制御によるBlu-rayディスク暗号化機能を搭載しています。

Audio CDの再生にも対応しており、音楽CDで曲を再生したいときにもおすすめです。

レビューでは動作が安定していると満足している感想が多くあります。


パナソニック ブルーレイ プレーヤー 再生のみ


パナソニック ブルーレイプレーヤー 再生のみ
パナソニック(Panasonic)の外付けブルーレイ プレーヤー「DMP-BD90-K」です。
再生のみのタイプで録画はできません。テレビ用のブルーレイプレーヤーで、テレビにHDMIで接続して使用します。
他のプレーヤー製品と比べて幅が狭くコンパクトなサイズなので省スペースで設置できます。※ブルーレイの外付けディスクと比較すれば本体サイズは大きいです。
ディスクのトレイが高速に開くので操作も快適ですね。

売れ筋ランキングから商品を選ぶ

外付ブルーレイドライブを売れ筋ランキングから選ぶならAmazonが便利です。
価格と評価が一覧になってラインナップされているので選択しやすいですね。もちろん、細かな仕様は詳細の情報をチェックする必要はあると思います。
 
用途としてスマホで撮影した写真など画像の保存であれば、初心者が利用するエントリーモデルのように、すこし遅いぐらいの製品でも良いと思います。ただし、録画した番組を保存するような作業であれば、実際に容量が大きくなるため性能が高いハイエンドなタイプがおすすめです。

担当よりひとこと

外付けブルーレイドライブを一覧で解説しました。大事なデータを長く保存ができて便利です。
WindowsやMacで使えるモデルもあります。相性が繊細なようで再生できないといったレビューはどの機種でも見られます。
ちなみに、テレビに外付けできるタイプは探した限りではありません。
映画を再生して楽しんでいるというかたもいますが、基本的には長期間保存したいデータをブルーレイに焼くという使い方が良いと思います。また、高画質な4K Ultra HD Blu-rayの再生にも対応していれば、綺麗なコンテンツを楽しめますね。

Blu-rayディスクのファイナライズは不要です。DVDやCDと違い読み取り用と記録用の互換性がとれるようになっています。また、高速書き込みができるタイプは時間も短縮できて快適ですね。クリエイターさんでデータを頻繁に保存するプロの方は、保存するスピードのチェックは必須といえるかもしれません。


外付けブルーレイドライブの関連情報
外付けハードディスク
外付けSSD
外付けGPU

ドライブ付きノートパソコン

著者情報

「オススメPCドットコム」のタローが解説しました。私はもともと販売を経歴としていて、パソコン・周辺機器・ゲーム業界に関連する情報を発信しています。趣味はパソコンのカスタマイズで、20年以上多くのWindowsやMacを使ってきた実績があります。 記事については、初心者からプロまで全てのユーザーに役立つ深い分析をコンテンツにしていきたいと考えます。また、価格や機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、最適な選択をサポートできればと思います。 詳しい略歴はプロフィールのページをご覧ください。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーの販売サイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。

●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。