ポータブル外付けSSDのおすすめ!ノートパソコンで便利

ノートパソコンで外付けSSDのおすすめ

ノートパソコンで便利なポータブル外付けSSDをご紹介です。
パスワードをかけられるSSDや高速に書き込みと読み出しができる性能の高いSSDは便利ですね。

「ノートパソコンを外付けSSDで高速にしたい。」
「外付けSSDで高速にファイルをバックアップしたい。」

外付けSSDではノートPCとデータを同期できるタイプもあります。
万が一の復元用としてバックアップしたい時におすすめです。

外付けSSDがあればノートパソコンの作業も快適です。
便利な使い方やおすすめの外付けSSDをご紹介していきます。

外付けSSDがあればノートパソコンの作業も快適

外付けSSDの使い方

外付けSSDの使い方は簡単です。
SSDをノートパソコンのUSBに接続をするだけ
ドライバを別に用意する必要もありません。

内蔵しているSSDはメーカーから出ている専用のSSDケースに入れれば外付けのストレージとして使うこともできます。

ノートパソコンで外付けSSDを使うメリット

ノートパソコンで外付けSSDを使うメリット

外付けSSDのメリットは、外付けHDDと比べてSSDは読み書きが速いということです。
USBで接続すれば容量の少ないノートパソコンでもストレージの容量を増やせます。
HDDと比べると衝撃に強く軽いので持ち運びにも最適ですね。

外付けSSDがあれば大量のデータを保存することができます。
カメラで撮影したファイルの大きい画像や動画もSSDに入れて管理できます。性能の良いSSDなら大きなファイルでも高速です。

ノートパソコンのデータに関する機能を補うのが外付けSSDの上手な使い方ですね。

ノートパソコンを外付けSSDから起動する方法

ノートパソコンを外付けSSDから起動する場合にはwindows10なら可能なようですね。
ただUSBでブートするのは初心者には難しいです。
起動する場合には内蔵ディスクから起動するようにしましょう。

もしくは、スマートツインズを使うという方法もあります。
その場合にはスマートツインズ ブートエディション対応のSSDを使いましょう。

スマートツインズ対応のSSD
ノートパソコンを外付けSSDから起動する
BUFFALOのスマートツインズ対応の外付けSSDです。
USBでノートパソコンなどに接続します。

ノートパソコン 外付けSSDの選び方

ノートパソコン 外付けSSDの選び方

ノートパソコンで使うときの外付けSSDの選び方です。
最終的な性能はSSDとノートパソコンの両方が影響します。
最速の外付けSSDを選ぶ時にはUSBインターフェイスをチェックしましょう。
スピードはUSBの規格によって変わってきます。

SSDを高速に使うならUSB3.1(Gen2)に対応しているSSDを選ぶことが大事です。
USB3.1は2013年8月に規格された一番新しいタイプです。
USB 3.0(USB 3.1 Gen1)では最大の速度が5Gbpsに対して、USB3.1(Gen2)では10Gbpsの速度なので2倍の速さがあります。
スピード重視の場合はUSBの規格をチェックしてUSB3.1(Gen2)を選びましょう。

※注意点としてはノートパソコン側もUSB3.1(Gen2)に対応している必要があります。
外付けSSDが遅いという時にはノートパソコンのUSBの規格が古い場合があります。

ノートパソコンのGen1のUSBの場合には外付けSSDがGen2でもスピードはGen1になります。
ただ、Gen2のSSDを選んでおけばノートパソコンを買い替えた時に高速で使えるようになりますね。

ノートパソコンにオススメの外付けSSD 8選

それでは早速、ノートパソコンにオススメの外付けSSDのご紹介です。

SSDは持ち歩くこともあるため、落しても大丈夫といった衝撃に強いものがおすすめです。
大きなファイルをあつかう場合には、SSDの読み込み書きが速いスピード重視で選ぶと良いですね。

SanDisk ポータブルSSD:SDSSDE60-1T00-J25

SanDisk ポータブルSSD

SanDisk(サンディスク)のポータブルSSDです。
SDSSDE60-1T00-J25は、衝撃に強いので外付けSSDを2mからの落下させても耐えられる構造です。
ノートパソコンといっしょに外付けSSDを置いたとします。
スペック的には誤ってテーブルからSSDを落しても大丈夫ということですね。
3年間限定保証されているのも安心ですね。1TB,2TBなど容量を選ぶことができます。

スピードも速くノートPCで使う外付けSSDでは一番のおすすめです。

価格:¥16,882
(容量/1TBの価格です。2020年7月28日の時点です。日時や容量によって変動します。)

バッファロー 外付けSSD:SSD-PG1.0U3-B/NL

BUFFALO 外付けSSD:SSD-PG1.0U3-B/NL
バッファローの外付けSSDで人気の「SSD-PG1.0U3-B/NL」です。
従来製品と比較をするとデータへのアクセスする性能が向上しており、10秒から4.5秒へと約55%高速になりました。

ポータブルSSDにはコネクタのケーブルで接続をして、WindowsやMac、PS4に接続します。USB3.1に対応しています。

コンパクトなポータブルSSDなのでノートパソコンにはぴったりですね。
振動と衝撃に強いSSDで米国規格MIL-STDに準拠している設計です。

120GB~1.9TBまで容量を選ぶことができます。

価格:¥11,964
(容量/1.0TBの価格です。2020年5月20日の時点です。日時や容量によって変動します。)

Samsung SSD 外付けケース付:MZ-76Q1T0B

Samsung SSD 外付けケース付:MZ-76Q1T0B
Samsung(サムスン)の外付けSSDです。
MZ-76Q1T0Bは外付けケースが付いた内蔵型のSSDです。

サムスンは壊れにくいメーカーとしても有名です。
BCN AWARDで5年連続国内販売台数1位。
レビューでの評価も良くメーカーで選ぶなら信頼性の高いSSDのおすすめメーカーですね。

ノートパソコンでは外付けストレージとして便利です。

デスクトップのパソコンでHDDからSSDへの改装でも多く使われています。
読み出し550MB/s 書き込み520MB/s

価格:¥13,818
(容量/1.0TBケースセットの価格です。2020年4月22日の時点です。日時や容量によって変動します。)

アイ・オー・データ ポータブルSSD:SSPH-UA960NV/E

アイ・オー・データ ポータブルSSD:SSPH-UA960NV/E
アイ・オー・データ(I-O DATA)の外付けSSDで「SSPH-UA960NV/E」です。
サイズが約8×8cmと小さくコンパクトで持ち運びに便利です。
WindowsのノートパソコンやPS4に接続できます。

SSDがラバー素材の筐体で振動や衝撃に強いのが特徴。
1.2mの高さからの落下に耐えられます。
(落下試験基準は米国国防省制定MIL-STD-810Gに準拠)

価格:¥12,481 (容量/960GBの価格です。2020年4月22日の時点です。日時や容量によって変動します。)

WD 外付けSSD 暗号化 パスワード保護:WDBKVX0010PSL-WESN

WD 外付けSSD
WDはWESTERNDIGITAL(ウエスタンデジタル)の略です。
WDの外付けSSDはパスワードをかけることができます
ノートパソコンと一緒に外付けSSDを持ち歩いて、うっかりSSDを無くしてしまった。
っていう時にパスワードがかかっていれば安心です。

また、自動バックアップも可能なので便利ですね。
USB3.1 Gen 2に対応しており読み書きも高速です。

価格:¥15,960
(容量/1TBの価格です。2020年4月22日の時点です。日時や容量によって変動します。)

ダダンドールの外付けSSD:DDSS002T01BK

ダダンドールの外付けSSD

ダダンドールの外付けSSDは読み込みスピードが高速です。
NVMe規格のSSDでデータ転送速度は最大読出し1,050 MB/s 、最大書込み 1,000 MB/sです。
アルミの筐体で冷却効果を上げるためヒートシンクのような溝加工がされています。

USBのインターフェースはUSB 3.2 Gen2になっています。
とにかくスピードが速いSSDでベンチマークもあるので見てみてください。

価格:¥12,990
(容量/512GBの価格です。2020年4月22日の時点です。日時や容量によって変動します。)


Samsung T5 外付けSSD

Samsung T5 外付けSSD
Samsung T5 外付けSSDはメタリックで外でも使いやすいなデザインです。
外に持ち歩くことも多いノートパソコン。
人前で見せたくなる良いデザインの外付けSSDですね。

Samsung T5はシンプルでスタイリッシュなデザインのSSDです。
機能的にも安定しており、外付けHDDよりも約4.9倍高速です。
名刺よりも一回り小さなサイズで74×57.3mm、厚みは10.5mmです。

価格:¥11,091
(容量/500GBの価格です。2020年4月22日の時点です。日時や容量によって変動します。)

Seagate BarraCuda FAST 外付けポータブルSSD Windows/Mac対応

Seagate BarraCuda FAST 外付けポータブルSSD
Seagateの外付けポータブルSSD「BarraCuda FAST SSD」はフォルダを同期して使うことができます。
つまりノートパソコンのバックアップ用として使える外付けSSDです。
SSDにはソフトウェアが付属しおり、ファイルの追加や削除・変更などを同期してミラーリングを行えます。

ファイルの転送も高速でWindowsとMac対応しているSSDです。

価格:¥21,894
(容量/1TBの価格です。2020年4月22日の時点です。日時や容量によって変動します。)

外付けSSDの豆知識

外付けSSDのちょっとした知識もまとめました。

外付けSSDを認識しないしない時

外付けSSDを認識しないしない時には原因としては3つ考えられます。

外付けSSDを認識しないしない原因

  1. ノートパソコンのUSBが壊れている。
  2. SSDのフォーマットが必要な場合。
  3. SSDの初期不良。

まずUSBが壊れている場合にはSSDは認識しません。
USBの調子が悪いというのは意外とよくあるので注意です。
USBのマウスとか別のものを接続してUSBが壊れているかどうかテストしてみましょう。

もし、他のUSB機器が動くようであればノートパソコン側は問題ないのでフォーマットしましょう。
フォーマットの場合には初期化します。
Windows10の場合にはスタートメニューからコンピュータの管理へ進みます。
ディスクの管理で未割り当てのディスクを選択してフォーマットします。
SSDを新品で買った場合にはほとんどないですね。

もしパソコンで外付けSSDをまったく認識しないのであれば初期不良なので交換してもらいましょう。

外付けSSDの寿命はどれくらい?

外付けSSDの寿命はおおよそ5年です。
あくまで目安ですが使い方や頻度によっても変わってきます。
海外の実験ではSSDで読み書きをする回数と関係してくるようですね。
HDDも5年ぐらいで故障が増えるので同じぐらいです。

まとめ

外付けのSSDはノートパソコンと合わせて使うと便利ですね。
特に容量が不足するような時やデータを持ち歩きたいときに活躍します。

外付けSSDをもしメーカーで選ぶならバッファローやサムスンが人気ですね。

SSDを買う時には容量によって価格が変わります。
大きな容量で買うと高くなります。
自分が必要な容量だけ買うのが安く買えるコツですね。

関連情報
HDDの改装ではハードディスクケースがあると便利です。

外付けハードディスク おすすめ

外付けブルーレイドライブ

外付けGPU