ハードディスク ケースのおすすめ厳選! RAID機能も

ハードディスク ケースのおすすめ

ハードディスク ケースのおすすめです。
HDDケースはどれを購入すれば良いか、よくわからないという時に選ぶ参考ください。

初心者さん
ハードディスクケースってなに?
タロー
パソコンの中に入っているハードディスクを、外付けHDDのように外に出して使うことができるよ。

ハードディスクケースがあれば、内蔵しているストレージの容量がいっぱいになった時に取り替えて必要な時にUSBでつなげて取り出せるので便利です。HDDケースの価格は2000円ぐらいから売っています。

ハードディスクケースの選び方

HDDの製品には2.5インチと3.5インチがあります。ドライブがケースに入る大きさかどうかチェックしましょう。両方のサイズに対応しているタイプもありますが、一つのサイズにしか適応していない場合も多いのでケースを選ぶ時には注意です。
データの容量をHDDに多く保存したい場合には3.5インチのハードディスクケースを選ぶのがポイントです。

また、冷却性はケースの形状や素材によっても変わってきます。耐衝撃性はケースに対応しているモデルもあります。

RAID機能搭載のケースを選ぶ

RAID機能はミラーリングやストライピングといった機能があります。
ストライピング(RAID 0)では2台のハードディスクを1つとして認識することでデータを高速に転送できるのがメリットです。
ミラーリング(RAID 1)では2台のうち1台を自動的にバックアップすることができるのが特徴です。安全にHDDを使用するならミラーリングがあると安心ですね。

おすすめのハードディスクケース

HDDとSSDの両方に対応しているものもあります。

ハードディスクのケースは3.5インチと2.5インチなどサイズに注意しましょう。
通常は、デスクトップのハードディスクなら3.5インチ、ノートパソコンなら2.5インチになります。

玄人志向 2.5型 & 3.5型 SATA HDD / SSDスタンド KURO-DACHI/CLONE/ESKP/MU3 2022年モデル

玄人志向 2.5型 & 3.5型 SATA HDD / SSDスタンド KURO-DACHI/CLONE/ESKP/MU3 2022年モデル
玄人志向の2.5型と3.5型の両方に対応しています。クローン機能付きでSATA HDD / SSDスタンドで「KURO-DACHI/CLONE/ESKP/MU3」です。
2台搭載することができます。
2022年モデルでUSB3.2 Gen1接続に対応。SSD移行ソフト付属が付いているのも魅力ですね。同梱しているソフトは、「ターミネーター10Plusデータ完全抹消BIOS/UEFI版」と「ファイナルハードディスク/SSD入れ替え(v16)」です。

ORICO 2.5インチ HDDケース USB3.0

ORICO 2.5インチ HDDケース USB3.0
ORICO(オリコ)の2.5インチ HDDケースでUSB3.0に対応しており2.0に比べると10倍の速さで転送ができて便利です。ドライバーのインストールが不要で使えます。
小さなハードディスクのケースで使いやすくて良いですね。

安いハードディスクケースでも耐久性があり、ABSと金属の素材によるケースになっています。安価でたくさん売れているケースで、レビューでの評価も良い商品ですね。

ORICO 2.5インチ HDDの場合には、小さくてコンパクトなのが魅力。(縦置きはできません。)


玄人志向 2.5 / 3.5型 SATA接続 KURO-DACHI

玄人志向 2.5 / 3.5型 HDDケース SATA接続 KURO-DACHI
玄人志向のクローン コピーするためのドッキングステーションです。
厳密にいえばハードディスクケースではないのですが、パソコンの内蔵ドライブを入れ替える時に使えます。SATAであればHDDだけでなくSSDも使えるので一台あると便利ですね。USB2.0のインターフェイスはType-AのポートでUSB3.2 Gen2, USB3.2 Gen1 USB3.1 Gen2, USB3.1 Gen1, USB3.0, USB 2.0に対応しています。

評価では使い方も簡単なのが良いという声があります。ボタンを押せばすぐにクローンでバックアップ。容量は各スロットで最大16TBまで使用できます。

玄人志向はパソコンが好きなら一度は聞いたことがあるブランドですね。スタンドなので構造的に熱がこもることもありません。

スペック

  • サイズ:‎21.6 x 16.3 x 7.8 cm
  • 重量:720 g


ロジテック 外付けハードディスクケース 3.5インチ USB3.0

ロジテック 外付けハードディスクケース

ロジテック(Logitec)の外付けハードディスクケース LGB-EKU3はSATA3で、アルミのボディなので放熱性に優れたハードディスクのケースです。

ロジテックなのでブランドの安心感もありますね。見た目の質感も良い筐体です。

電源連動機能搭載しています。
使い方はパソコンをONにすればハードディスクもONになりPCの電源を落とせば連動して電源が切れる優れものです。
電源ボタンは無いので連動して使うということになります。

縦置き専用スタンドが付属しています。堅牢性もあるので縦置きでも安心ですね。
もちろん、横置きもできます。

ファンレスの静音タイプで動作も静かです。インターフェースはUSB3.1 Gen.1(USB 3.0)に対応しています。

データのバックアップがとれるミラーリングのソフトも無料でダウンロードできます。
OSは、Windows 10, 8.1, 7に対応。macOS High Sierra(10.13), Sierra(10.12)・Mac OS X (10.11, 10.10, 10.9, 10.8)です。Macの場合にはうまく認識しない場合があるようなので、必ずバージョンをチェックしておきましょう。


Logitec HDDドライブケース 3.5インチ 4台まで対応

Logitec HDDドライブケース 3.5インチ 4台まで対応
Logitec(ロジテック)の3.5インチ HDDドライブケース LHR-4BNHEU3です。
最大で4台まで対応しており、全てのハードディスクが装着されていなくても使用することができます。
インターフェースはUSB3.1 Gen1(USB3.0)で高速。eSATAにも対応しています。
付属品は、本体、ACアダプタ、電源ケーブル、USB3.1 Gen1(USB3.0)ケーブル、eSATAケーブルなどが付いています。


サンワサプライ 2.5インチハードディスクケース TK-RF253SAUL

サンワサプライ 2.5インチハードディスクケース TK-RF253SAUL
サンワサプライの2.5インチ用ハードディスクケースで「TK-RF253SAUL」です。
アルミの筐体なので軽量で放熱性に優れています。コネクタはUSB3.0で「Super Speed」モード転送速度5Gbps/理論値に対応しています。

サイズがW75×D127×H12mmでコンパクトなボディなのでポータブルで持ち運びに便利。キャリングケースや供給機能付きUSB3.0ケーブルが付属しています。
パソコン周辺はスッキリさせておきたいので、小さなサイズは嬉しいですね。ノートパソコンなどと合わせて使うかたにおすすめです。

レビューではLEDで動作が解るという評価があります。
2022年10月12日14:26の時点では1,282円でコストパフォーマンスが良いです。

センチュリー SATA HDD/SSD専用クレードル

センチュリー SATA HDD/SSD専用クレードル
センチュリーのHDDクレードル「裸族のお立ち台USB3.0 V2」です。
内蔵用HDDを差し込んで使うタイプです。HDDを入れ替えたりする時に便利ですね。
CROSU3V2はUSB3.0接続に対応しているのでインターフェイスも高速。

HDDの場合には、2.5インチまたは3.5インチのSATA HDDに対応しています。
SSDでも使えるようになっており、MLCタイプの2.5インチ SATA SSDに対応。

TerraMaster D2-310 HDDケース 2ベイ RAID機能付き

TerraMaster D2-310 USB3.1(Gen1、5Gbps) HDDケース 2ベイ RAID機能付き
TerraMasterの「D2-310」は、USB3.1(Gen1、5Gbps)のHDDケースです。2ベイと5ベイから選べます。
RAID0(ストライピング)/RAID1(ミラリングによるバックアップ)/シングルモードの機能に対応しています。ミラリングができればデータが消えてしまうリスクも回避できて良いですね。
Type-Cポートがあるのでデータのコピーも高速で、データの読み書きスピードは400~410MB/Sです。
2.5インチ及び3.5インチのSATAインタフェースのハードディスクが使えます。

ケースのファンも静音で風量があるとレビューでも評価の良いモデルです。

ラトック システム(RATOC Systems) USB3.2 Gen2 RAIDケース : 2台

ラトック システム(RATOC Systems) USB3.2 Gen2 RAIDケース
ラトック システム(RATOC Systems)のUSB3.2 Gen2 RAIDケース「RS-EC22-U31RA」です。
2.5インチ HDD/SSDが2台まで対応しており、接続はUSB3 Type-AまたはType-Cのどちらかで使用できるようになっています。
RAID0(ストライピング)では転送スピードは最大850MB/s、RAID1(ミラーリング)などなどに対応しています。

Salcar HDD/SSDケース SATAⅠ/Ⅱ/Ⅲ対応

Salcar HDD/SSDケース SATAⅠ/Ⅱ/Ⅲ対応
SalcarのHDD/SSDケースでSATAⅠ/Ⅱ/Ⅲに対応しています。
接続はUSB3.0とUASPに対応しており高速にデータ転送で理論値では5Gbpsが可能です。
厚みは2.5インチで9.5mmと7mmの両方が使えます。
工具不要で簡単にドライブを脱着できるポータブルケースですね。

ハードディスクケースの売れ筋ランキング

Amazonの売れ筋ランキングでは玄人志向やロジテックなどがトップ10入りしています。USB3.0接続が人気のようですね。実際に売れているHDDの順位なので価格が安いモデルが選べます。

楽天市場の人気ランキングではロジテックとORICOが10位以内に入っています。5000円以内で購入できる機種が多いのも魅力です。

まとめ

ハードディスクのケースはサイズに注意しましょう。
デスクトップなら3.5インチを選びましょう。ノートパソコンなら2.5インチです。
Windowsユーザーならどれでも使えますが、Macユーザーの場合には使えるものと使えないものがあります。
レビューを良くよんで評価の高いものをおすすめします。

関連記事
テレビやノートパソコンにつなげる外付けHDDなら下記の記事もおすすめです。
MARSHAL SHELTERの外付けHDDがおすすめ
バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD

外付けのSSDもおすすめです。
外付けHDDの約5倍ぐらい速度が速いですね。
>>便利!ノートパソコンで外付けSSDのおすすめ【選び方】

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。