ノートパソコンはSSD搭載がおすすめ!【必要な容量はどれくらい?】

ノートパソコンはSSD搭載がおすすめ!【必要な容量はどれくらい?】

ノートパソコンを買う時にはSSD搭載がおすすめです。

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)はデータが保存できるメモリのこと。
熱を発せず耐久性もあるのでノートパソコンでよく使われています。

そして買うときに気になるのがSSDの容量ですよね。

どれだけサイズのSSDを搭載したノートPCを買えば良いのかよくわからない。
ってことがあります。

結論からいうと、用途によります。
カメラが好きで大きな画像をたくさんノートパソコンの本体に保管したい場合には容量が大きくなります。

ノートパソコンを使う目的によってSSDのサイズを選ぶことが良いですね。
ネットを閲覧するのとゲームをやる目的では選ぶサイズも違ってきます。
SSDの容量は価格も変わってくるので必要なだけ用意するのがおすすめです。



ノートパソコンのSSDは何GBがおすすめ?

ノートパソコンの場合、ストレージはSSDを搭載している製品を選ぶようにします。
通常のHDDと比べると圧倒的に処理スピードが変わってきます。特にSSD M.2の規格に対応している接続では高速にデータ転送ができます。
SSDの場合には起動も速いのでノートPCを開いて使い始める時に力を発揮します。
容量は最低の目安として、128GB以上のSDDがおすすめです。安いノートパソコンで多いのは128GBや256GBのSSDのノートパソコンで予算を抑えて購入することができます。価格は容量が小さいほうがコストは抑えられます。また、それストレージの容量が少ないと容量不足になりPCがもたつく原因になってしまいます。

また、SSDはHDDと比較して寿命が長いのがメリットでHDDは3年前後、SSDは5年前後と言われています。

SSDの容量が足りるかどうか用途によって違う

SSDの容量が足りるかどうかは用途によって違います。アプリケーションを複数インストールする場合にはそれだけ容量も必要になります。
例えば写真の場合は画像のファイルサイズの大きさにもよりますが、256GB~512GBあると最適です。また、ゲームや動画編集をするかたなら960GB(約1TB)以上あったほうが容量を気にせず保存できます。

SSDの場合には頻繁にデータを入れたり出したりするのが速いので、よく使うデータはSSDに保存。頻度が低いデータは光学ドライブに保存するという使い分けをするのもおすすめです。つまり、保存するストレージを選択して作業しやすくする工夫もできます。

また、インストールするアプリやソフトウェアなどの数の必要な容量を合計すれば、ざっくり必要な容量を出すことができます。アクセスを高速化するためのシステムが勝手に作るキャッシュファイルなども容量が増えるのである程度のゆとりは必要ですね。

オフィスで使用する


オフィスで使用する
Microsoft Officeのようにオフィスソフトで資料作成をする場合には256GBぐらいは必要です。あまりストレージの容量が少なすぎると現実的にビジネスで効率が悪くなってしまうので注意です。

また、OSはWindows 10なら128GBでも使えますがWindows 11の場合には256GBぐらいは積んでおいた方がパフォーマンスが落ちないかもしれません。というのも、システム要件で64GB以上のストレージとなっているのでアップデートも見越すと容量はあった方が安心だからです。

パソコンの性能はCPUやGPU、メモリの容量は重量です。予算との兼ね合いもありますが、なるべく効率よく作業ができるようにSSDの容量を選ぶようにしましょう。

SSDの容量でできること

SSDの容量によって何が違ってくるかまとめてみました。
基本的な考え方としては容量が小さければ安いし、大きければ多くのデータ(情報)サイズが大きなファイルやデータを保存できます。
最近ではSSD+1TBのHDDを搭載しているノートパソコンもあります。動画など大きいファイルのデータを保存したい時におすすめです。また、資料を多くダウンロードする場合にも容量が必要ですね。

SSDはストレージ(補助記憶装置)ですがHDDとの違い容量が大きいほどデータの読み書きする速度は速くなります。
データの保存容量が不足するともたついたりする経験はあると思います。少しでもスピードを速くしたい場合には大容量だと良いですね。

また、接続の規格としてSSD NVMeにはM.2やPCIeがあります。

512GBのSSDを搭載したノートPC ASUS

512GBのSSDを搭載したノートPC ASUS
ASUS Zenbook Pro 15は内蔵しているストレージがSSDで容量が512GB (PCIE 3.0 x4接続)を搭載しています。
容量が8GBのメモリで動作がサクサク動く性能の良いPCです。CPUはAMD Ryzen 7 プロセッサーを搭載しています。

Webカメラを搭載しており、パソコンを覚え始めの初心者のかたにおすすめのノートパソコンです。
マイクロソフトのOfficeと互換性のあるWPS Officeが付いているので大学生も使いやすいスペックですね。

OSはWindows 11 Home 64ビットのモデルです。


256GBのSSDを搭載したノートPC

256GBのSSDを搭載したノートPC
ノートパソコンの用途として、文書やネットをメインで使う場合には256GBのSSDでも十分に使えます。
いわゆるエントリークラスといわれるノートパソコンは256GBが多いですね。

容量が256GBのノートパソコンでコスパが良くおすすめの製品です。

HPのノートパソコンはコストパフォーマンスが良いので、人気があるメーカーです。
シェアはレノボについで2位ですね。
>>HPのノートパソコンおすすめ


128GB SSD ノートパソコン タブレット OS Windows 11

GLM 超軽量 2in1 ノートパソコン タブレット 10.1インチ
GLMの「GLM-10-128」は重量が575gで超軽量な2in1のノートパソコンで、ストレージはSSD 128GBです。キーボードを合わせて持ち運んでも920gで軽いですね。
タブレットのようにタッチスクリーン(タッチパネル)で操作ができる10.1インチ 画面のPCです。
日本語キーボードを搭載しており、インターネットでWebを利用するぐらいであれば使えますね。

インターフェイスはMicro HDMIが搭載しています。OSはWindows 11です。


1TBのSSDを搭載したノートPC

1TBのSSDを搭載したノートPC
1TBのノートパソコンは容量としては多い方です。
例えばデジカメで撮影をして同時処理でフォトショップ加工編集をしながらPCに保存をしていく。
というような、保存するデータの容量が必要な時に選ぶべきでしょう。大容量だとストレージも余裕があるので動画ファイルなども保存できます。

2021 Apple MacBook Pro (14インチ, 10コアCPUと16コアGPUを搭載したApple M1 Proチップ, 16GB RAM, 1TB SSD)
Thunderbolt 4(USB C)ポートもあるので使い勝手も良いですね。

Macのようにクリエイティブなファイルを多く扱うようなノートパソコンでは1TBや512GBの大容量SSDを選ぶこともできます。

ノートパソコンではHDDよりもSSDがおすすめ

HDD(ハードディスクドライブ)を選ぶメリットはSSDに比べると安いということです。
しかしHDDは衝撃に弱いというデメリットがあり、データを消してしまうリスクも0ではありません。
SSDは熱を出さず衝撃に強いためHDDよりもSSDを選ぶべきです。もし、容量が少ない場合にはクラウドストレージも活用することで容量を抑えられます。

もう一つHDDよりもSSDを選ぶメリットは消費電力が低いということです。
ノートパソコンではバッテリーの消費が少なければ長くPCを使えるということになります。
データの読み書きを行うストレージはSSDの方が消費電力が少ないのでノートパソコンに適しているわけです。もちろん、バッテリーの容量は大型である方が時間が長く使用できます。

SSD換装のやり方

まずはHDDからSSDにノートパソコンにあるデータを移します。
カバーを開けてHDDを開けてSSDを取り付けます。
SSDをパソコンのOSが認識をしてストレージを割り当てればOKです。

普段からパソコンやWebサーバを扱うようなひとなら解りますが、得意でなければ交換はおすすめしません。
HDDのデータを失うリスクもありますし、元にもどせなければノートパソコンが使えなくなってしまいます。
最初から使う容量を想定してSSD搭載のノートパソコンを選ぶことをおすすめします。

SSDの関連記事
外付けのSSDはスペックの低いノートパソコンや容量の少ないノートパソコンで便利です。
>>便利!ノートパソコンで外付けSSDのおすすめ【選び方】

国内のメーカーならバッファーローの外付けSSDもレビューでの評価に優れています。データ転送がUSB3.2Gen2に対応しているスピードの速いモデルもあります。

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。