ゲーミングマザーボード おすすめ6選! 2020

ゲーミングマザーボード

ゲーミングマザーボードは性能が良くゲームやクリエイティブにも使えます。
インテルやAMD Ryzenに対応しているマザーボードもあります。
ASUSやMSI、GIGABYTEなどのメーカーが人気です。
チップセットをチェックしてCPUやメモリなどを選ぶと良いですね。

ゲーミングマザーボードとは?

マザーボードは自作のゲーミングパソコンを作る時に大事な基板です。
サイズはフォームファクタによって決まります。インテルが策定したATX、ひと回り小さいMicro-ATXがあります。
さらに小さい小型PCを作る場合にはMini-ITXを選ぶと良いです。

ゲーミングマザーボードの選び方

ゲーミングマザーボードの選び方

出典:ASUS

マザーボードを選ぶ時にはなんのCPUを使うか決めてからマザーボードを決めると良いです。
マザーボードを決定したあとにケースを決めるという流れですね。

チップセットはノースブリッジやサウスブリッジがあります。後から交換できないのでハイエンドな場合には最初から選んでおく必要があります。マザーボードの構成といえる部分で性能ともいえます。

CPUを取り付ける位置はCPUソケットといって切り欠きの形が異なってきます。インテルやAMDなどCPUの世代によっても変わるのでマザーボードの対応している種類をチェックして選びます。

ゲーミング用で選ぶ時にはメモリスロットが最大でどれぐらい搭載できるかというのも抑えておきたいポイントになります。

ゲーミングマザーボードのおすすめ

MSI MAG Z390M MORTAR M-ATX ゲーミングマザーボード


MSI MAG Z390M MORTAR M-ATX ゲーミングマザーボード
MSIの「MAG Z390M MORTAR M-ATXx」ゲーミングマザーボードです。
MB4645は、エントリー向けでインテルのIntel Z390チップセットを搭載しています。

CPUは、Intel 第9世代Coreプロセッサ「Coffee Lake-Refresh」、Core i9/i7/i5に対応しています。
メモリはDDR4 (2666/2400/2133)に対応しており、最大で64GBの容量を搭載することが可能です。
フォームファクターはMicro-ATXです。
低遅延なIntel製ネットワークでスムーズにゲームをすることができます。
インターフェースは、USB3.1 / USB2.0 / HDMI / DisplayPort / Gigabit-LAN / DVI-D / AUDIO / PS/2に対応しています。

価格:¥64,880
(価格は変動します。)


ASUS INTEL Z490 搭載 LGA1200 対応 ROG STRIX Z490-E GAMING 【ATX】


ASUS INTEL Z490 搭載 LGA1200 対応 ROG STRIX Z490-E GAMING 【ATX】
ASUSの「ROG STRIX Z490-E GAMING」です。
ATXのフォームファクターのゲーミング用マザーボードです。電圧を自動的に微調整し、ブーストされた電力供給が特徴です。
冷却力が高くステンレスの仕上げになっています。
CPUソケットは、インテルのLGA1200の規格で10th Gen Intel Core , Pentium Gold and Celeron Processorsに対応しています。
メモリはDDR4のスロットが4つあり最大で128GB搭載することが可能です。

ゲームでは重要なヘッドセット用としてバーチャルサラウンドをサポートしているSonic Studioを搭載しています。

価格:¥35,354
(価格は変動します。)


Core i9-10900K + TUF GAMING Z490-PLUS


Core i9-10900K + TUF GAMING Z490-PLUS
「Core i9-10900K + TUF GAMING Z490-PLUS」は、第10世代 インテル Core i9のCPUとTUFのゲーミング用マザーボードのセット商品です。
マザーボードはオンラインゲームに対応しており、Intel WiFi 6、Intel イーサネット・コネクションのI219-V接続、TUF LANGuardとTurboLANのテクノロジーに対応しています。
チョークやコンデンサなど電力が安定したパフォーマンスになる設計になっています。
ヒートシンクやサーマルパッドを搭載しており4ピンの冷却ファンの自動検出による包括的なファンコントロールを備えています。

価格:¥86,461
(価格は変動します。)


AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 100-100000071BOX + ASUS AMD AM4 搭載 マザーボード ROG STRIX X570-I GAMING【mini-ITX】


AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 100-100000071BOX + ASUS AMD AM4 搭載 マザーボード ROG STRIX X570-I GAMING【mini-ITX】
AMD Ryzen 7 3700XとROG STRIX X570-I GAMING【mini-ITX】のマザーボードのセット商品です。
CPUはゲームやコンテンツ制作でも使える、AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 3.6GHz 8コア / 16スレッドです。
マザーボードは、ASUSのAMDソケットAM4プラットフォームを搭載しているROG STRIX X570-I GAMING。
mini-ITXのフォームファクタで小型のゲーミングパソコンを作りたいかたに最適です。メモリは最大でDIMMが2箇所で最大64GBです。
HDMI 2.0およびDisplayPort 1.4、次世代ワイヤレスネットワーク、PCIe 4.0接続に対応しています。

価格:¥84,895
(価格は変動します。)


GIGABYTE ギガバイト Z390 DESIGNARE ATX ゲーミングマザーボード [Intel Z390 チップセット搭載] MB4685


GIGABYTE ギガバイト Z390 DESIGNARE ATX ゲーミングマザーボード [Intel Z390 チップセット搭載] MB4685
GIGABYTE(ギガバイト)のZ390 DESIGNARE ATX ゲーミングマザーボードです。フォームファクターはATXです。
MB4685はCPUソケット形状がLGA1151のIntel Z390 チップセットを搭載しています。
第9世代Coreプロセッサ「Coffee Lake-Refresh」、Core i9/i7/i5に対応しています。
メモリは4本のスレッドで最大64GB、拡張スロットはPCIe3.0/2.0(x16) x 3 / PCIe3.0/2.0(x1) x 2 /PCIe(M.2) x 1です。
インターフェイスはUSBやHDMIなど一般的なポートに加えてThunderbolt(USB Type-C)も使えます。

価格:¥29,336
(価格は変動します。)


ASRock AMD Ryzen AM4 対応 B450 チップセット搭載 MicroATX マザーボード B450M Steel Legend


ASRock AMD Ryzen AM4 対応 B450 チップセット搭載 MicroATX マザーボード B450M Steel Legend
ASRock(アスロック)のマザーボード「B450M Steel Legend」でAMD Ryzen AM4に対応しており B450 チップセット搭載しています。
フォームファクタはMicroATXです。

RGBイルミネーションを装備しており、互換性のあるLEDデバイスに接続できます。サウンドデバイスは7.1 CH HDオーディオです。
Dual M.2で、データ速度を最大で32Gb/sまで上げるPCIe Gen3 x4 Ultra M.2インターフェースに対応しています。
※グラフィック非搭載CPU(G型以外)を使う場合には別途ビデオカードが必要になります。

価格:¥9,775
(価格は変動します。)

●関連情報
ゲーミングPC デスクトップ
フォートナイトのノートパソコン