3Dマウスおすすめ7選! 作業効率がはかどる 2022年版

3Dマウスおすすめ

3Dマウスのおすすめ製品をご紹介しています。3DCADでは拡大縮小や立体オブジェクトを回転させて形を確認するなど作業効率を上げるのが重要ですね。中でも3Dconnexion 3Dマウス SpaceNavigatorは、キャップを前後左右に動かすだけで簡単に操作ができるので人気があります。商品の選び方もあるのでご参考になれば幸いです。

3Dマウスとは?

3Dマウスとは
3Dマウスは立体的に作業できるのが魅力で、3DアプリケーションやCADで制作をするときに作業が効率的にできるマウスです。
つまみがある製品ではオブジェクトを回転をして方向を変えたりできます。デバイスの製品ではマウスでのドラッグと違い視点の拡大・縮小もしやすいのが特徴です。
左手で操作ができるデバイスでは右手のマウスと合わせて両手で作業を行うことができます。

右手で使うマウスではサイドにホイールがあるタイプやトラックボールを使うマウスも快適です。

3Dマウスの選び方

3Dマウスの選び方

出典:3Dconnexion

3D制作の環境で使えるかチェック

3Dマウスを選ぶときには制作する環境で使えるかチェックするのがポイントです。
OSではWindowsやMac、Linuxなどに対応している製品もあります。カスタマイズができるマウスでは専用ソフトウェアがOSに対応している必要があります。
3DCADではSOLIDWORKSやAutodeskのFusion360、オープンソースのBlenderなどが人気があります。アプリが対応しているか場合によってはメーカーに確認することも必要です。オープンソースの場合だとホイールのクリックが反応しない場合もあるようです。

設計で使う

設計で使うなら精度が高いマウスの方が繊細な作業ができます。複数のボタンがあるタイプでプログラムできるマウスもあります。キーの割り当てをメインで作業効率を上げたい場合には検討しても良いかもしれません。
通常のマウスと比較して解像度が高いセンサーを搭載しているので精度の高い作業を行うこともできます。

ワイヤレスとUSB有線接続

ワイヤレスとUSB有線接続
マウスを選ぶ場合には無線と有線接続があります。
無線接続ならBluetoothでペアリングするよりも、ドングルと呼ばれるUSBレシーバーが付属しているマウスの方が2.4GHzで安定したワイヤレス通信が可能になります。
USBポートに接続するタイプはバッテリーの充電が不要で、ケーブルから給電できるのがメリットですね。

3Dマウスのおすすめ

3Dconnexion 3Dマウス SpaceNavigator SE (Standard Edition) SNSE


3Dconnexion 3Dマウス SpaceNavigator SE (Standard Edition) SNSE
3Dconnexionの3DマウスでSpaceNavigator SE (Standard Edition)です。
左手に3Dマウスで操作をして右手で通常のマウスを持つことで両手で操作ができるので効率的です。
6軸の3次元に対応しているオプティカルセンサー技術はロボット操作用に開発されたものがベースになっています。アワードで受賞歴があり評価の高いテクノロジーです。
コア技術は特許をとっておりCADやプロのCGクリエイターにマウスが採用されています。

対応しているソフトウェアは100を超えており、2つのファンクションボタンをカスタマイズできます。メニューやコマンドの割り当て、マクロの作成などプログラムも可能です。
Standard Editionの3Dマウスなので業務用としても使える性能があります。プロフェッショナルな3DCADに関わる仕事をしているかたにおすすめです。

レビューでは3Dモデリングで使っており、ズームなどの操作が便利、視点の移動や方向など操作の慣れは必要という口コミがあります。

スペック

  • メーカー:3Dconnexion(3Dコネクション)
  • 製品型番:SNSE 3DX-700028
  • サイズ:7.62 x 7.62 x 5.08 cm
  • 重量:479 g

● 選ぶポイント

  • 両手で制作ができる3DCG向けマウス


3Dconnexion SpaceMouse Pro SMP


3Dconnexion SpaceMouse Pro SMP
3Dconnexion SpaceMouse Pro SMPは、自由な6DoFセンサーを搭載しておりCADアプリでモデルの操作をする用に開発されたマウスです。
ファンクションキーが15個ありカスタマイズできるのが特徴です。
回転トグルキーとプログラマブルキーで生産性を高めたいかたにおすすめです。
レビューは5つ星に近い点数で高い評価があります。速い視点でコントロールしやすいという口コミがあります。

スペック

  • メーカー:3D Connexion(3Dコネクション)
  • 製品型番:3DX-700040
  • 対応:Microsoft Windows, macOS, Linux
  • サイズ:20.4 x 14.2 x 5.79 cm
  • 重量:665 g

● 選ぶポイント

  • カスタマイズできるボタンが多く、Control、Shift、Alt、Escキーを搭載


3Dconnexion 3DX-700082 CadMouse Compact Wireless


3Dconnexion 3DX-700082 CadMouse Compact Wireless
3DconnexionのCadMouse Compact Wirelessは、CAD向けのワイヤレスマウスです。
光学センサーの解像度は7200 DPIで高精度、1000Hzのポーリングレート。スムーズなホイールや拡大縮小のズーム、ラジアルメニューなどに対応しています。

接続方法は無線ではUSBレシーバーによる2.4GHzワイヤレスとBluetoothに対応しており、有線のUSBにも対応しています。
バッテリーはフル充電で最大3ヶ月駆動します。

コンパクトなサイズ感で持ち運びができるキャリングケースも付属しています。
プロの3Dエンジニアにおすすめです。

スペック

  • メーカー:3D Connexion(3Dコネクション)
  • 製品型番:3DX-700082
  • サイズ:長さ110mm×幅67mm×高さ38mm
  • 重量: 110 g

● 選ぶポイント

  • CAD用のプロフェッショナル向けマウス


Shengshou 3ボタンマウス 3DCG CAD CAM向け


Shengshou 3ボタンマウス 3DCG CAD CAM向け
Shengshouの3ボタンマウスでCADで使っているかたが多い製品です。
普通のマウスと違い、スクロールホイールがサイドに付いているのが特徴です。
レビューでは耐久性が低いという口コミもあるのでレビューをチェックしたほうが良いですね。

価格が安く予算を抑えて購入したいかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:Shengshou
  • 製品型番:YT-965
  • 色:ブラック(黒)
  • 3DCG CAD CAM向け

● 選ぶポイント

  • CADエンジニアに人気の3ボタンマウス


ロジクール アドバンスド ワイヤレスマウス MX Master 3 MX2200sGR


ロジクール アドバンスド ワイヤレスマウス MX Master 3 MX2200sGR
ロジクールのMX Master 3です。MX Masterシリーズは使い勝手に優れておりクリエイターさんを中心に人気があります。
Darkfieldトラッキングでは4000DPIでガラス面でもトラッキングができる精度が高い性能があります。

ホイールは1秒間に1,000行スクロールできる高速な仕様になっています。
3Dマウスとして使いやすいポイントとしては、サイドにあるサムホイールで水平スクロールができるようになっています。

Unifying USBレシーバーでワイヤレスで使う場合や、普段使いのマウスと共通して使用するかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:Logicool(ロジクール)
  • 製品型番:MX2200sGR
  • アドバンス2.4GHzワイヤレステクノロジー
  • サイズ:高さ 124.9mm×幅 84.3mm×奥行き 51mm
  • 重量: 141g
  • 7個ボタン

● 選ぶポイント

  • スクロールホイールとサムホイールを搭載したマウス


ロジクール トラックボールマウス MX ERGO MXTB1s


ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール MX ERGO MXTB1s
ロジクールのトラックボールマウスでMX ERGOです。
チルト(角度)調整が20度まで自分の姿勢に合わせて変えられるので疲労感が少なく3D作業ができます。
手を動かさずにボールを親指で回すことでコントロールするのが特徴です。

プレシジョンモードボタン(DPI)と高速トラッキングをシームレスに切り替えができます。
8ボタンのうち6ボタンはカスタマイズをすることが可能です。

接続は無線で、ワイヤレスのUnifying USBレシーバーまたはBluetoothが対応しています。

スペック

  • メーカー:Logicool(ロジクール)
  • 製品型番:MXTB1s
  • サイズ:高さ 132.5mm×幅 99.8mm×奥行き 51.4mm
  • 重量(金属プレートなし/レシーバーなし): 164g
  • 公称値: 380 dpi / 最小値と最大値: 512~2048 dpi

● 選ぶポイント

  • 手首の疲労が少ないトラックボールマウス


BRAIN MAGIC 左手デバイス Orbital2


BRAIN MAGIC 左手デバイス Orbital2
BRAIN MAGICのでOrbital2(オービタルツー)です。
厳密にいえば3Dマウスというよりも左手デバイスですが、左手で直感的に操作ができるので多くのクリエイターに使われています。
ショートカットキーが設定できるほとんどのソフトウェアで使用することができます。

プログラムマクロやキーローテーテーション、スクロール機能などを割り当てることができます。
使いやすい独自のプロファイルを設定したいかたにおすすめです。

スペック

  • メーカー:BRAIN MAGIC
  • 製品型番:Orbital2
  • 対応:Windows10 64bit/macOS 10.13 High Sierraなど

● 選ぶポイント

  • 複雑な3D制作などでカスタマイズができるツール

まとめ

3Dマウスは製品によってもかなり特徴が違いますが、使い方としてつまみがあるタイプは左で使うマウスが多いです。
通常のマウスで代用する場合には横方向のサイドスクロールができるモデルが作業性が良いと思います。
使いやすいマウスがあれば3Dでの制作も快適ですね。

※ちなみに指に装着して空中マウスみたいなタイプよりも卓上型の方が使い勝手が良いです。おそらく操作性からして空中で3Dアプリケーションを操作するのは困難だと思います。


3Dマウスの関連商品
ロジクール(Logicool) ワイヤレスマウス
クリエイター向けマウス
CAD用パソコン

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析がモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。