DTM向けノートパソコン厳選おすすめ!音楽制作に最適

DTM向けノートパソコン

DTMで使いやすいノートパソコンは音楽制作するときに大事な機材の1つです。
MIDIで作曲したりマスタリングする時には17インチぐらいの画面が便利ですが、スタジオに持ち運ぶこともあるので13インチから15インチもおすすめです。
スペックは性能が高いほうが快適に使えますが、購入しやすいPCも厳選しているのでご参考ください。

DTM向けノートパソコンの選び方

DTM向けノートパソコンの選び方

出典:Apple(アップル)

WindowsとMac

DTMを始める時にはWindowsとMacはどちらでも使えます。
ソフトウェアは年々進化しており、CPUやメモリはなるべく多い方が快適に操作できます。
また、DTPソフトによってはタッチ操作に対応しているDTMソフトもあります。

DTM向け音楽制作ソフトウェア

人気のDTMソフトウェアはProTools、Cubase、Studio Oneがあります。
ミキシングやマスタリング、制作をするならProToolsです。MIDIエディタやリアルタイムレコーディングなどは使いやすいですね。
Cubaseは作曲や録音などで世界的にも使われており、VSTにも対応しています。
Studio Oneは多くのミュージシャンやサウンドエンジニアが使うソフトウェアです。

ディスプレイは大きめが作業しやすい

ノートパソコンのディスプレイは大きめが作業しやすいです。画面は見やすいほうがDTMで楽曲の制作も効率的に作業できます。
大きさは15.6インチや17インチぐらいがおすすめです。とくに打ち込みのトラック数が多い場合には液晶画面が広いと効率的です。逆に、持ち運ぶなら14インチ以下のモバイルノートなら軽量でサイズもコンパクトになります。

解像度はピクセル数が多い方が細かく表示できるので表示範囲は広くなります。画面の表面は光沢(グレア)と非光沢(ノングレア)があるので選ぶときにチェックするのもポイントです。非光沢の方が反射しないので見やすいですね。

安いノートパソコンでDTM

GPUを搭載していないノートパソコンであれば、値段は15万円ぐらいからあります。もちろん、ハイスペックな製品と比較すれば多少のもたつきは否めないですが、まずはDTMを初めてみるという方には良いと思います。安いノートPCの場合は、コストパフォーマンスが良いですがストレージが少ない構成もあるので、容量が少ないときには外付けハードディスクを使うという方法もあります。

DTM・DAW向けノートパソコンに必要なスペック

DAWソフトで必要なスペック
音楽制作で使われるDTMやDAWソフトの一例としてCubaseを使う場合に必要なスペックです。

CPUはインテルCore i5以上、メモリ 8GB RAM以上、ストレージの空きディスク35GB以上、グラフィックボードDirect X 10、WDDM 2.0 に対応、OSは64ビット。

つまり、DAWソフトはある程度ハイスペックな性能が必要になります。また、CPUの世代などパーツは新しい方が基本的に高性能です。Core i3以下だとDAWの用途だと難しいかもしれません。

オリジナルの曲を宅録する場合にソフトウェアをPCにインストールする時点で空き容量が必要になるので注意ですね。
ミックス(マスタリング)するときには大きめの画面で1920 x 1080以上あった方が制作する時の操作性も良くなります。

メモリで選ぶ

メモリで選ぶ
メモリは同時に作業するときに必要なパーツです。DTMで複数のソフトを使ったりするなら少し多めの容量が快適です。
最低でも8GB、16GBから32GBあれば余裕があります。後から64GB以上にしたいときには最大容量をチェックしておいたほうが良いでしょう。サンプリングの音源を使う場合には、なるべくメモリの容量は多いほうが良いです。
それから、規格にはDDR3 / DDR4 / DDR5などがあり、数字が大きいほうが新しいので性能が高く、読み書きが速くなります。

音源を多く使うならストレージの容量に注意

DTMで音源を多く使うならストレージも容量を大きめを選んだほうが良いです。
SSDとHDDがあり、SSDは読み込みのスピードも速いです。
HDDを選ぶ場合にはストレージの予算を抑えて大容量のストレージを使うことができるのでコスパに優れています。
もし256GBぐらいであれば、外付けSSDを使うという方法もあります。512GBや1GBあれば十分な容量です。

デスクトップPCとノートパソコンはどっちが良い?

デスクトップPCとノートパソコンはどっちが良い?

デスクトップパソコンのメリット・デメリット

デスクトップPCのメリットは拡張性があることです。スロットに空きがあればドライブやメモリを増設することができます。また、インターフェースが多いモデルならディスプレイをマルチで取り付けられます。
もし、動画編集などほかのクリエイティブまで手がけるのであれば、デスクトップのほうがグラフィックスは性能が高いモデルを選びやすくなります。
デスクトップパソコンのデメリットは、モニターやキーボードなど周辺機器を購入するため、トータルのコストがかかります。

ノートパソコンのメリット・デメリット

ノートパソコンのメリットは持ち運びができること。スタジオなど、DTMのパソコン環境を外で使えます。音楽のライブなどでも使用できるのがノートPCの魅力です。
また、これからDTMを初めるときには、環境を用意するのが簡単なので初心者のかたにおすすめです。
最近のMIDIコントローラーやオーディオインターフェースはUSB接続ができる製品が多いです。USBポートで差し込むだけのポータブルなタイプなら、場所を選ばずに音を入力できるのでノートパソコンが便利ですね。
逆に、ノートパソコンの場合にはオンボードでメモリが変えられない場合もあるので、拡張性はデメリットかもしれません。

どっちか迷ったら予算やPCを持ち運ぶかどうかという使い方などをふまえて選ぶと良いですね。

DTM向けノートパソコンのおすすめ

Apple MacBook Pro


Apple MacBook Pro
アップルのノートパソコンでApple MacBook Proiconです。
OSがmacOSで、CPUはApple M2チップ プロセッサでM1よりも処理の性能が速くなっています。13.3インチのRetinaディスプレイを搭載しています。
キーボードはバックライトを搭載しているMagic Keyboardで、感圧タッチトラックパッドです。Touch IDが使えるので便利です。
インターフェースはThunderboltポート、USB、DisplayPortです。バッテリーは最大20時間駆動するので外出先でも使えます。
重さが軽量なノートパソコンで、約1.4 kgで持ち運びできて便利です。

Macbookは音楽制作でプロのミュージシャンも使っておりおすすめです。Logic ProやGarageBandなどの音楽制作ソフトウェアも使えますね。デザインがスタイリッシュです。

サイズ13.3インチ
CPUApple M2チップ
グラフィックス10コアGPU
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD


富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK


富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK
富士通のノートパソコンで「FMV LIFEBOOK AHシリーズ ‎WA3/F3」で大きめの画面でDTMの操作がしやすい15.6型ワイド液晶です。(タッチパネルには非対応)
Office Home and Business 2021を搭載しています。ストレージは大容量でSSD 約512GB + HDD 1TBです。
解像度がフルHDのディスプレイ、インターフェイスはHDMI出力、USB3.2(Gen2)Type-C、USB3.2(Gen1)Type-A、USB2.0(Type-A)、有線LANが使えるようになっています。
光学ドライブを搭載しているので、音源を保存するのにも便利ですね。

サイズ15.6インチ
CPU第11世代 インテル Core i7-1195G7 プロセッサー
グラフィックス
メモリ32GB(16GB×2)
ストレージSSD:約512GB + HDD:約1TB


ASUS ノートパソコン Vivobook Pro 15


ASUS ノートパソコン Vivobook Pro 15
ASUSのノートパソコンでVivoBook Pro 15です。
クリエイティブ向けに最適なモデルで動画編集にも最適です。FHD(1920 × 1080)で15.6インチの有機EL(OLED)ディスプレイです。
CPUはCore i7-11370Hプロセッサー、8GBのメモリ、ストレージの容量は512GB SSD。GPUは‎GeForce RTX 3050 Laptopを搭載しています。

サウンド規格としてHigh Definition Audio(ハイディフィニション オーディオ)に準拠しており、2Wのステレオスピーカーを搭載。アレイマイク、Webカメラを搭載しています。
通信機能はBluetooth5.1で、無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac/axに対応。Thunderbolt4 (Type-C) 、USB3.2 (Type-A/Gen1)、USB2.0のインターフェイスが使えるのも特徴です。

パワフルなスペックで格安に購入できるノートPCですね。バッテリーは充電をすると駆動時間は約6.9時間使用できます。

OSはWindows11 Homeのモデルです。

サイズ15.6インチ
CPUインテル® Core™ i7-11370H
グラフィックスNVIDIA® GeForce RTX™ 3050
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD


BTO パソコン マウスコンピューター DAIV 4P


BTO パソコン マウスコンピューター DAIV 4P
マウスコンピューターはBTOパソコンのショップでおなじみのメーカーです。
BTOの場合にはカスタマイズをして必要なスペックで注文することができるのがメリットです。
例えばDTMソフトウェアのABILITYをCDからインストールをする場合にはDVD-ROM ドライブが必要になるので注文時にドライブを選択することもできます。

DAIV 4PでDTM制作や音楽制作向けのモデルです。
スペックはデフォルトの状態でインテル Core i7、メモリは16GBです。OSはWindows 11 Home 64ビットを搭載しています。
コスパも抜群でコストを抑えて購入したいかたにおすすめです。

サイズ14インチ
CPU インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー
グラフィックス インテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリ16GB (8GB×2) DDR4-3200
ストレージ512GB (NVMe対応)


SONY VAIO SX14


SONY VAIO SX14
スタイリッシュなSONYのノートパソコンでVAIO SX14です。
14.0型のフルHD(1920×1080)でワイドディスプレイです。日本語配列のキーボードです。
重さが1023gでロングバッテリーでFull HDでは最大で22.7時間で、外出先でも使えます。
顔認証や指紋認証もありセキュリティーも安心。
内蔵ステレオスピーカーや内蔵ステレオマイクを搭載しているモデルです。

サイズ14インチ
CPUCore i7-1065G7
グラフィックスインテル統合型
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB


Dell ノートパソコン Inspiron 17


Dell ノートパソコン Inspiron 17
Dellのノートパソコンで17.3インチの「Inspiron 17」。大きめ画面で見やすいノングレア(非光沢)のディスプレイ。
DVDドライブを搭載しており音楽の曲を取り込んだり書き出す時に便利です。
テンキーのあるフルキーボードで数値入力もしやすいですね。※キーボードは日本語配列ではないようです。
Waves MaxxAudio Proはボリュームを引き上げてスタジオ品質のサウンド体験が可能です。
インターフェイスはUSB3.1(Type-C),USB3.1,USB2.0,オーディオジャック,HDMIを搭載しています。ストレージが大容量でMIDIの曲を保存するのに最適。

レビューでは起動が速いと評価が高い機種です。

サイズ17.3インチ
CPU第10世代 Intel Core i7 1065G7
グラフィックスNVIDIA GeForce MX230 2GB
メモリ16GB DDR4
ストレージ256GB SSD + 2TB HDD

まとめ

DTMで音楽制作をするときに使いやすいノートパソコンは音楽を取り込みやすい光学ドライブを搭載しているモデルや、Bluetoothでスマートフォンと接続できるモデルも良いですね。予算を抑える時にはストレージの優先順位は落としても良いと思います。後から外付けHDDやSSDも使えるからです。
音楽だけでなく動画なども編集するような場合にはクリエイター向けのグラフィックカードを搭載しているモデルがおすすめです。PCが詳しい方ならマウスコンピューター・ドスパラ・パソコン工房のようなBTOでカスタマイズもありでしょう。

というわけで、ノートパソコンはDTMで重要な音楽機材の1つ。サクサク動作するノートパソコンがあれば作曲も気持ちよくできて快適ですね。


DTM用ノートパソコンの関連情報
作曲 パソコン
DTM向けモニタースピーカー
MIDIキーボード おすすめ
MIDIコントローラー

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。