Beatsのヘッドホンおすすめ5選! 音楽が楽しく聴ける

Beatsのヘッドホン

ビーツ(Beats)のヘッドホンはヒップホップのDr. Dreが作ったブランドです。
おしゃれで音楽が好きなかたにおすすめのメーカーです。「b」のロゴマークがファッショナブル。
ワイヤレスのヘッドフォンではiPhoneなどスマホに入っている好きな曲をペアリングをして聴くことができます。

Beatsについて知る

Beatsについて知る
Beats(ビーツ)は2006年にヒップホップのアーティストとして有名なDr. Dre(ドクター・ドレー)とJimmy Iovine(ジミー・アイオヴィン)によって創業された会社です。
「b」ロゴが有名でヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーなどを手がけてきました。
2014年にApple(アップル)が買収しています。Appleが音楽業界と関係性を深めたいという意図があったようですね。

BeatsがApple傘下に収まってからはDJ色のヘッドホンから幅広い層に使いやすいワイヤレスタイプが多くなってきています。

Beatsのヘッドホンの選び方

Beatsのヘッドホンの選び方

出典:Beats

BeatsのヘッドホンはBluetoothのワイヤレス接続と有線の3.5mmプラグを使うタイプがあります。
屋外で使うならケーブルがない無線のヘッドホンがおすすめです。
外で使う場合にはケーブルがあると絡まったりすることもあり煩わしく、カバンなどにひっかけて断線の恐れもあるためです。

室内で使うほうが多い場合には有線ヘッドホンは手軽で便利です。バッテリーの充電残量を気にせずに音楽を聴くことができます。

Beatsのヘッドホンは色の種類が多いのが特徴です。
必要な機能があるヘッドホンを見つけたら色をチェックしてみると良いです。配色が美しく、Beatsらしいデザインで音楽が楽しめます。

Beatsのヘッドホンのおすすめ

Beats Solo3 Wireless ワイヤレスヘッドホン


Beats Solo3 Wireless ワイヤレスヘッドホン
Beatsの「Solo3 Wireless」無線で使えるワイヤレスヘッドホンです。
Appleの「W1」チップを搭載しており、簡単にClass1のBluetooth接続でAndroidなどスマホやタブレットに入っている曲をペアリングして音楽を楽しめます。
バッテリーは省電力で最長40時間の再生時間です。充電はMicro-USBケーブルで接続をします。Fast Fuel機能により残量が少なったら5分の充電で約3時間使うことも可能です。

イヤーカップのクッションは快適なフィット感です。また折りたたみをして付属のキャリングケースに入れて持ち歩けます。
マイクを内蔵しておりSiriや電話での通話が可能でオンイヤーコントロールが可能になっています。

毎日音楽を楽しみたいかたにおすすめです。
色は、クラブホワイト、クラブイエロー、クラブネイビー、クラブレッド、シトラスレッド、マットブラック、ローズゴールドから選べます。
カラフルで楽しい配色です。

● Beats Solo3 Wirelessのレビュー

  • 音質は自然なサウンド。重低音でズンズン響く音ではないです。
  • 装着感は多少締め付ける感覚はあります。
  • デザインが良く、折りたたみができるのが便利。
価格:¥18,990
(価格は変動します。)


Beats Solo Pro Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン


Beats Solo Pro Wireless
Beatsの「Solo Pro Wireless」は、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドフォンです。
Pure ANC機能で周囲の雑音を抑止することができます。
バスや電車などノイズが多いところで音楽を楽しみたい時に最適です。また、外部音取り込みモードがありTransparencyで周囲の音も聞くことが可能です。
オンイヤーコントロールと音声機能を搭載しています。

ヘッドフォンを開くと電源がONになり閉じるとOFFになる設計です。人間工学に基づいた設計で長時間でも快適な装着感。バッテリーは最長22時間の再生時間が可能になっています。

カラーはブラック、グレイ、アイボリー、ダークブルーです。

● Beats Solo Pro Wirelessのレビュー

  • Bluetooth接続が安定していて使いやすい。
  • メガネをかけていると圧迫感はあります。
  • フラットな音質ですが中音域から高音域まで綺麗に聴こえます。
価格:¥32,780
(価格は変動します。)


Beats Studio3 Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン


Beats Studio3 Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
Beatsの「Studio3 Wireless」はノイズ対策がされている本格的なサウンドが楽しめるワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンです。
アクティブノイズキャンセリング機能はリアルタイムで雑音を遮断するようになっており音楽を集中して楽しめます
「RemoteTalk」で電話の発信や応答、Siriを使うことが可能です。

接続はBluetoothで、バッテリーは最長22時間の再生することができます。
カラーは白金のホワイト、シャドーグレー、ブルー、マットブラック、ミッドナイトブラック、レジスタンス・ブラックレッド、レッドがあります。
ゴージャスな色合いで高級感のある配色ですね。収納用のポーチもしっかりした作りです。

価格:¥38,280
(価格は変動します。)


Beats EP オンイヤーヘッドホン


Beats EP オンイヤーヘッドホン
Beats EPは、3.5mmオーディオプラグで接続をする有線のオンイヤーヘッドホンです。
音質は幅広い音域とクリアなサウンドになるように緻密にチューニングされています。

有線なのでバッテリーを必要とせず、時間を気にせず音楽を聴きたいかたにおすすめです。
RemoteTalkケーブルでiOSデバイス上の音楽を操作したり電話に出ることが可能です。

● Beats EPのレビュー

  • 頭が大きいと窮屈なので頭が小さいひと向け。
  • スマホの曲も綺麗な音で聴けます。
価格:¥9,618
(価格は変動します。)


Beats by dr.dre / BT ON MIXR WHT Beats Mixr


Beats by dr.dre / BT ON MIXR WHT Beats Mixr
Beats by Dr.Dreの「Mixr」です。 DJのデヴィッド・ゲッタと開発されたモデルです。プロが使える高音質なサウンドでDJにおすすめです。イヤーカップは270度回転させて片耳モニタリングが可能になっています。
ヘッドバンドは調節可能で、ソフトレザーのイヤーパッドは装着性が良いです。

密閉型のヘッドフォンです。遮音性が良く音漏れを抑える設計になっています。
独自開発の振動板を採用している40mmドライバーで低音から中音域、高音まで音楽を楽しめます。

接続は3.5mmミニヘッドホンジャックの有線接続のヘッドフォン。重量は約210gとオーディオ用のオーバーヘッド型としては軽量です。

価格:¥35,200
(価格は変動します。)

まとめ

Beatsヘッドホンは付属のキャリングケースもおしゃれでいつも持ち歩きたくなるヘッドフォンです。
ノイズキャンセリングのタイプなら街で付けていても騒音も気にならずに音楽が楽しめます。
毎日使いたくなるようなデザインであると生活が楽しくなりますね。


Beatsのヘッドホンの関連情報
Beatsと同じアメリカのブランドでBoseのヘッドホン
おしゃれなヘッドホン