DJ用ヘッドホンおすすめ11選! 選び方も【2021年】

DJ用ヘッドホン

DJ用ヘッドホンで人気のおすすめモデルをご紹介しています。
プロのDJが使うヘッドホンは片耳で聴けてモニタリングしやすい音質の機種を使っています。
音楽を楽しむにはおしゃれでかっこいいデザインだと気分も上がりますね。初心者でも購入しやすい価格が安いモデルもあります。

選び方もご紹介しているのでご参考いただければ幸いです。

DJ用ヘッドホンの特徴

DJ用ヘッドホンの特徴
DJ用ヘッドホンはスタジオ品質で片耳で聴けるのが特徴です。
レコードやCDなどの音源をターンテーブルやミキサーでたくみにコントロールするDJの大事なアイテムです。

トラックをつないでフロアを沸かせるDJやスクラッチするDJなどプレイスタイルに関わらず、音源を正確に聴ける必要があります。
ビートのキックがしっかり聴ける埋もれないサウンドかどうかが、DJプレイで使いやすいヘッドホン選びのポイントですね。
また、長時間聴くためイヤーパッドに厚みがあり耳に負担が少ないと快適です。

DJヘッドホンの選び方

DJヘッドホンの選び方
有名DJが使っているヘッドホンのメーカーにはSennheiserやBeats、Pioneerなどが有名です。
DJがバトルをしているをしているシーンでよく見かけますね。

なぜ片耳で聴くの?

DJは曲を流して次の曲を聴くにはフロアの音と両方聴くために片耳でヘッドホンを聴くことも必要になります。
ですので片耳ヘッドホンと両耳ヘッドホンでハウジングのアームが回転するどちらかが便利です。
また、着脱することも多いためイヤーパッドがレザーなど耐久性があるほうが長く使えます。

接続方法はミキサーからターンテーブル

接続方法

出典:audio-technica

接続方法は有線タイプを選ぶようにします。3.5mmのステレオジャックが多いですが6.3mmが付属している場合もありミキサーなどにつなげられます。ですので、DJ用ヘッドホンをミキサーへ接続して、ミキサーからターンテーブルにつながっているという構成になります。
ワイヤレスやBluetoothは遅延があるためDJプレイでは適していないので注意です。曲のテンポやタイミングを綺麗に合わせるには有線接続が最適ですね。
動くときにケーブルの長さが気になる場合にはストレートではなくカールコードをつかうという方法もあります。

密閉式を選ぶ

周囲の音楽を遮音して集中して音を聴くためには密閉式のDJヘッドホンを選ぶと良いです。
開放式の場合には音質がフラットであっても雑音が耳に入ってしまうのでクローズドのタイプがおすすめです。
ちなみにインイヤータイプのDJイヤホンも存在するのですが付けたり外したりという動作が面倒で遮音性が低いため、一般的なオーバーヘッドタイプが使いやすいです。

DJ用ヘッドホンのおすすめ

Pioneer DJ DJヘッドホン HDJ-X5-K


Pioneer DJ DJヘッドホン HDJ-X5-K
Pioneer(パイオニア)のDJヘッドホン HDJ-X5-Kです。
40mmのドライバーはボイスコイルにCCAW (銅被覆アルミニウム線)を搭載しています。
ノイズ対策がされており歪みのないモニタリングが可能になっておりDJプレイに最適です。
ハウジングにバスレフ方式のチャンバーを搭載し4芯構造ケーブルで高音質です。
重量は270g。軽くて疲れにくいというレビューの評価があります。

MIL規格 (MIL-STD-810G)に対応しており他の機種に比べて耐久性に優れています。

ドライバー40mm
再生周波数帯域5 – 30000 Hz
インピーダンス32 Ω
重量269 g
価格:¥13,200
(価格は変動します。)


audio-technica(オーディオテクニカ) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50x DJ


audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50x DJ
audio-technica(オーディオテクニカ)のDJがトラックメイキングをするのにおすすめなプロフェッショナルモニターヘッドホンです。
「ATH-M50x」は密閉型の有線接続でCCAWボイスコイルを内蔵した大口径の強磁力φ45mmドライバーを搭載。遮音性の高い楕円形のイヤカップのデザインです。
片耳でミキシングができるように90度反転する機構。
装着感に優れておりイヤパッドやヘッドパットも高耐久です。
長く使えるヘッドホンでDJにおすすめです。

定番のモニターヘッドホンで出荷台数は世界で累計150万台を超えている人気機種です(2020年11月時点)。
カラーはブラック、ホワイト、ガンメタリックグレー、パープルブラックから選べます。

ドライバー45mm
再生周波数帯域15~28,000Hz
インピーダンス38Ω
重量285g
価格:¥19,470
(価格は変動します。)


Pioneer DJ DJヘッドホン HDJ-CUE1


Pioneer DJ DJヘッドホン HDJ-CUE1
Pioneer DJの最新DJヘッドホンで「HDJ-CUE1」です。
持ち運びの用途では折りたたみができて耐久性があるのが便利ですね。
音をミックスする時にはキックドラムやベース音などが聴こえやすいようにチューニングされており、中音域から高音域までクリアな音質で出力できます。
ハウジングは密閉式で90°回転させて使うことが可能です。周波数帯域は30000 Hzまで対応しています。

スペック

  • 発売日:2020年8月
  • 付属品:1.2 m カールコード (伸長時 約1.8 m)
  • 出力音圧レベル:104 dB
  • 最大入力(JEITA):2000 mW
ドライバー40mm
再生周波数帯域5 – 30000 Hz
インピーダンス32 Ω
重量215 g

価格:¥8,800
(価格は変動します。)


Pioneer DJ プロフェッショナルDJヘッドホン HDJ-X10-K


Pioneer DJ プロフェッショナルDJヘッドホン HDJ-X10-K
Pioneerのプロフェッショナル向けのDJヘッドホン「HDJ-X10-K」です。
広帯域再生が可能で5Hz~40kHzまで対応しており、バスレフチャンバーを搭載しています。
イヤーパッドは汚れに強いナノコーティング加工がされています。

音質は高音域が伸びやかでアタック感があるというレビューがあります。
正確にモニタリングができるのでスタジオレコーディングに最適。音にこだわりのあるDJにおすすめです。

ドライバー50mm
再生周波数帯域5 – 40000 Hz
インピーダンス32 Ω
重量328 g
価格:¥39,600
(価格は変動します。)


SONY 密閉型ヘッドホン DJモニター用 MDR-Z700DJ


SONY 密閉型ヘッドホン DJモニター用 MDR-Z700DJ
ソニー(SONY)の「MDR-Z700DJ」でDJモニター用です。
密閉型ヘッドホンでミニプラグでヘッドホンジャックに挿し込んで使う有線タイプ。
ドライバーは音の解像度を高める、磁力の高いネオジウムマグネットを採用しています。
原音をそのまま再現するモニター向けで遮音性に優れた密閉構造になっています。吸音特性のあるカーボンフェルトを採用しています。
重量が220gで使いやすいモデルです。

DJヘッドホンでソニーから発売されているのは、「MDR-Z700DJ」と「MDR-Z500DJ」の2種類だけですが現在ではどちらも生産されていません
ですので、購入する場合には中古品で市場に出回っているものを探すことになります。

ドライバー50mm
再生周波数帯域5 – 30000 Hz
インピーダンス24 Ω
重量300 g
中古品 価格:¥7,980
(価格は変動します。)


AIAIAI TMA-2 MODULAR DJ Preset


AIAIAI TMA-2 MODULAR DJ Preset
AIAIAIのDJ用ヘッドホンでTMA-2 MODULAR DJ Presetです。
低音が強めにチューニングされているスピーカーユニットで、レザーのイヤーパッドを搭載しています。
遮音性に優れておりパンチのあるパワフルな音質で聴きたいかたにおすすめです。

低音がブーストされているのでサウンドエンジニア向けではありません。
スタイリッシュなデザインで普段遣いでエレクトロやベースを楽しみたい方向けですね。

ドライバー40mm
再生周波数帯域20 – 20,000Hz
インピーダンス32Ω
重量190g
価格:¥27,300
(価格は変動します。)


OneOdio Pro10 ヘッドホン DJ モニター


OneOdio Pro10 ヘッドホン DJ モニター
OneOdioのDJモニターヘッドホンでPro10です。
中国の企業で価格が安く予算を抑えて購入したいかたにおすすめです。
評価がとても良いのでサクラ疑惑もありますが、ベストセラーで売れているのは事実ですね。

密閉型のオーバーイヤーで50mmドライバーを搭載していますが周波数帯域がやや狭く20Hz~20KHzです。
6.3mmと3.5mmのジャックに対応しており音をミックスして聴くことができます。
片耳モニタリングができるので、DJ初心者のかたには良いかもしれません。

ドライバー50mm
再生周波数帯域20 – 20,000Hz
インピーダンス
重量
価格:¥3,999
(価格は変動します。)


Sennheiser ゼンハイザー HD 25 DJヘッドホン


Sennheiser HD 25 Professional DJ Headphone
ゼンハイザーのヘッドホンでHD 25 Professional DJ Headphoneです。
プロ向けの音響機器も手掛けているドイツのメーカーですね。
周波数特性は16~22,000 Hzでインピーダンスは70Ω。リケーブルに対応しているのでケーブルを交換して使用することができます。
モニタリング用でプロのスタンダードモデルとして有名なモデル
片耳モニターにも対応しており、解像度が高くクリアな音場で低音域から高音域まで再生できます。

海外のDJで愛用しているかたが多いです。
DJ Spinna、Dj Fly、DJ CartierなどプロのアーティストもSennheiserを使っています。

ドライバー
再生周波数帯域16 – 22000 Hz
インピーダンス70 Ω
重量
価格:¥15,891
(価格は変動します。)


AKG プロフェッショナルDJヘッドフォン K181DJ


AKG プロフェッショナルDJヘッドフォン K181DJ
AKGのプロフェッショナルDJヘッドフォン K181DJです。(国内正規品)
密閉型のハウジングで再生周波数帯域は5Hz~30kHz、インピーダンスは42Ω。
音量が小さくても高音質なサウンドです。オープンエアーと比べて周囲の音が入りにくく集中してミキサーが使えます。
片出しケーブルで3.5mmステレオ・ミニプラグ (金メッキ)で接続します。

万が一、ケーブルが断線した場合でも別売りのケーブルを購入して交換することが可能です。
レビューではメガネをかけてる場合は圧迫感がある装着感といった声があります。
>>AKG ヘッドホン

ドライバー
再生周波数帯域5Hz〜30kHz
インピーダンス42Ω
重量280g
価格:¥20,832
(価格は変動します。)


DENON DN-HP700 ヘッドヘッドホン DJ用


DENON DN-HP700 ヘッドヘッドホン DJ用
DENON(デノン)のDN-HP700はDJ用の密閉型オーバーヘッドヘッドホンです。
ドライバーは40mmで高磁力ネオジウムマグネットの振動板を採用しています。
折りたたみや片耳で反転できるようになっておりDJプレイに最適です。
カールコードは1.2mで伸ばすと3mになります。
再生できる音域が広く、再生周波数帯域は10~30,000Hzに対応しています。

ドライバー40mm
再生周波数帯域10~30,000Hz
インピーダンス38Ω
重量275g

価格:¥30,100
(価格は変動します。)


Beats by Dr.Dre Mixr オンイヤーヘッドホン


Beats by Dr.Dre Mixr オンイヤーヘッドホン
Beats(ビーツ) by Dr.Dre Mixr オンイヤーヘッドホンです。
Dr.Dre自身がヒップホップのアーティストでイヤーカップが270度回転するDJ向けの機種になります。
とはいうものの、フラットな音質ではないのでスタジオでミキシングするような作業では使いにくいと思います。
ファッションとして使うなら良いかもしれませんね。
DJのSkrillexが使っているので人気がありますが、現在は生産されていないモデルです。
>>Beats ヘッドホン

ドライバー40mm
再生周波数帯域
インピーダンス
重量210g
価格:¥売り切れ
(価格は変動します。)

まとめ

DJ用ヘッドホンはプロが首にかけたり、頭と肩にはさんだりしてかけ方もいろいろあります。装着したり外したりすることも多いので耐久性のあるモデルがおすすめです。
おしゃれなデザインなら普段使いにも良いですね。でも、音質的にはオーディオ用と違って音源を忠実に再現するフラットなタイプが多いです。
また、かわいいピンク色のヘッドホンなどは無いので色を選びたい場合にはオーディオ用の方が良いと思います。

使いやすいDJヘッドホンがあれば集中して曲を回す技術を磨けますね。


ヘッドホンの関連情報
モニターヘッドホン

この記事は「オススメPCドットコム」担当ライターのタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析して執筆するのがモットーです!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて商品の価格とスペックについて、ご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)