ARCHISS(アーキス)のキーボードおすすめ7選!CherryMX搭載も

ARCHISS キーボード

ARCHISS(アーキス)のキーボードはCherryMXスイッチの軸が楽しめるメカニカルキーボードです。
省スペースのコンパクトなフルキーボードやテンキーレスはマウスが使いやすくなります。
英語配列のほかカナ表記の無い日本語配列もあり使いやすく評判が高くおすすめです。
レトロなカラーリングもおしゃれでカッコいいですね。

ARCHISS(アーキス)とは?

ARCHISS(アーキス)は、 株式会社アーキサイトのオリジナルブランドです。また、外出先で使えるPCアイテムの「MOBO」ブランドもあります。
2001年に東京都文京区で設立された会社で約20年ぐらいの実績がある会社です。
キーボードなど周辺機器を手がけているメーカーです。

ARCHISSのキーボード選び方

ARCHISSのキーボード選び方

出典:ARCHISS

キーボードのスイッチはメカニカルキーやメンブレン、パンタグラフなどがあります。
ARCHISSのキーボードならCHERRY MXのメカニカルスイッチがおすすめです。軸を選ぶ時にはクリック感や打鍵音をチェックすると良いですね。

軸の比較

←比較表はスクロールできます。→

CHERRY MXスイッチ クリック感 打鍵音
赤軸 クリック感なし 小さめの打鍵音
青軸 カチカチしたクリック感 クリッキーな打鍵音あり
銀軸 Speed軸 クリック感なし リニアで小さめの打鍵音
茶軸 クリック感あり やや小さめの打鍵音
ピンク軸(静音赤軸) クリック感あり 静音タイプで小さい音

サイズや接続方式で選ぶ

サイズで選ぶなら大きい順に、フルキーボード、コンパクトなフルキーボード(Maestro2S)、テンキーレス、折りたたみ式があります。
ゲーマーやプログラマに人気のテンキーレスキーボードも種類が多いので選びやすいですね。

キーボードは日本語配列と英語配列があり、「カナ表記のない日本語配列」もあるのでUS配列で探している場合は注意ですね。

接続は有線と無線がありますが、ARCHISSのキーボードでは有線接続がほとんどです。USBやPS/2で接続します。
折りたたみ式のタイプでは一部、ワイヤレスのBluetoothに対応している機種があります。

ARCHISS キーボードのおすすめ

ARCHISS Quattro TKL 静電容量式ポインティングスティック搭載


ARCHISS Quattro TKL 静電容量式ポインティングスティック搭載
ARCHISS Quattro TKL(アーキス クワトロ テンキーレス)は、静電容量式ポインティングスティック搭載のモデル。マウス操作の代わりにオレンジ色のポインターを使うことができます。また、交換用のスペアも同梱されています。
ThinkPadのようなトラックポインタがHキーとGキーの間にあるので人差し指でカーソルを動かせるのが便利です。

青軸のCHERRY MXスイッチを搭載しているメカニカルキーボードでクリッキーな打鍵感です。
Fnキーとの組み合わせで垂直のスクロールができる機能もあります。Nキーロールオーバーに対応しており同時押しでも正確に反応します。

キーボードは91キーの日本語配列(JIS配列)で、キートップには昇華印字でカナ表記がありタイピングでもわかりやすいです。
「AS-KBQ91/CGBA」は黒いベースにグレイのキーキャップと赤いエスケープキーの配色です。

接続はUSBでWindowsに対応しています。

スペック

  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:4.0(-0.4)mm
  • キーキャップ材質:PBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂
  • サイズ:W360.0 x D140.0 x H26.0〜36.0mm
  • 重量975g
  • 付属品 ・USBケーブル(USB A ⇔ Mini B)、キー引き抜き工具、スペアキャップ、ESC・CapsLock・Ctrl(段差有/LED窓無)・ユーザーマニュアル(ダウンロード)兼 保証書

● ARCHISS Quattro TKLのレビュー

  • キータッチの感触が良くプログラミングで使いやすい。
  • トラックポインタはエクセル操作で便利。
  • スイッチを押下している感覚がありしっかり入力できると思います。
価格:¥16,180
(価格は変動します。)


ARCHISS ProgresTouch TKL CHERRYスピードシルバー軸 AS-KBPD91/LSBKNWP


ARCHISS ProgresTouch TKL CHERRYスピードシルバー軸
アーキサイトの「ARCHISS ProgresTouch TKL」です。
CHERRY MXのスピードシルバー軸を搭載したテンキーレスキーボードです。
アクチュエーションポイント(キーを押し下げた時の接点)が1.2mmと浅めで銀軸で高速にタイピングをしたいかたにおすすめです。反応速度が速いのでPCゲームでも良いですね。
また、押下するほど跳ね返るリニアストロークのタイプで荷重は約45gで軽いキータッチ。キートップの文字が消えない二色成形になっています。
キー配列は入れ替えが可能で、DIPスイッチを搭載しています。

インターフェイスはPS/2&USBに対応している有線接続です。AS-KBPD91/LSBKNWPはカナ印字なしの日本語配列91キーです。
キープラー付でキャップを交換したり掃除をする時に便利です。

スペック

  • キーピッチ:19mm
  • キーキャップ材質:ABS樹脂
  • 基板:2層基板 FR-4 ガラスエポキシ
  • ケーブル長:1.8m
  • サイズ:W360 x D140 x H28.0~37.0mmスタンド除く
  • 保証期間:1年間

● ARCHISS ProgresTouch TKL 銀軸のレビュー

  • 日本語配列でカナ表記がないのでスッキリしていて良いです。
  • Mini-BコネクタはMicroUSBの方が使い勝手がいいと思う。
価格:¥10,846
(価格は変動します。)


ARCHISS ProgresTouch TINY テンキーレス AS-KBPD70/LSBKNWP


ARCHISS ProgresTouch TINY テンキーレス AS-KBPD70/LSBKNWP
ARCHISS ProgresTouch TINYは、日本語JIS配列でカナ印字なしの70キーです。(英語配列66キーを選ぶことも可能です。)CHERRYスピードシルバー軸の銀軸を搭載しています。
F1~F12キーのないテンキーレスタイプでコンパクトです。小型で省略されたキーはFnキーを同時することで入力が可能になっています。
接続はPS/2またはUSBケーブルが可能です。

シンプルでプログラマのようにコードを書くかたにおすすめのキーボードです。
文章作成の場合には全角と半角の切り替えがFNキーを押しながらESCを押す必要があるので面倒かもしれません。

耐久性の高いガラスエポキシ二層基盤で、厚手の鉄板シャーシにより、安定感のあるタイピングが可能です。
チルトスタンドにはラバー製のストッパーが付いており長時間の打鍵でもずれにくい設計になっています。

● ARCHISS ProgresTouch TINY テンキーレスのレビュー

  • キーにバックライトが無いので光らなくて良いです。
  • パンタグラフに比べてメカニカルスイッチは打鍵感が心地良い。
価格:¥11,091
(価格は変動します。)


ARCHISS ProgresTouch RETRO AS-KBPD08


ARCHISS ProgresTouch RETRO AS-KBPD08/TBKNWP
アーキス(Archiss)の「ProgresTouch RETRO」は、カナ無の日本語108キーです。
テンキー付きのメカニカルキーボードで軸を選ぶことができます。

  • Cherry MX 茶軸:AS-KBPD08/TBKN
  • Cherry MX 青軸:AS-KBPD08/CBKN
  • Cherry MX 赤軸:AS-KBPD08/LRBKN
  • CHERRY MX 静音赤軸:AS-KBPD08/SRBKN

人間工学に基づいたデザインでステップスカルプチャーになっておりキーが階段状になることでパームレストが無くても手の疲労を抑えるような仕様です。
マルチメディアファンクション機能に対応しており動画や音楽の再生などをFnキーとF数字キーとの組み合わせで操作することができます。

キーキャップは二色成形で付属のワイヤーキープラーで外すこともできます。
PS/2&USBの有線接続でOSがWindowsのパソコンに対応しています。USBプラグアンドプレイで差し込めばすぐに使えるようになっています。

● ProgresTouch RETROのレビュー

  • ピンク軸は静音で高速にタイピングができます。
  • DIPスイッチでキーの入れ替えができるのが便利です。
価格:¥9,676
(価格は変動します。)


ARCHISS Maestro2S Win・Mac対応 AS-KBM02/CGBA


アーキサイト AS-KBM02/CGBA ARCHISS Maestro2S
アーキサイトの「ARCHISS Maestro2S」は矢印キーの上の部分がコンパクトになっており、フルキーボードですがテンキーレスのようなサイズです。大きさはW385 x D144 x H21~38mmですが、キーピッチは19mm確保されており打ちやすいです。
ARCHISSのなかでも最上級モデルになっています。日本語JIS配列でカナ表記もあり摩耗に強い昇華印刷です。
Windows10とMacに対応しておりUSB-Cで接続することができます

「AS-KBM02/CGBA」は、ドイツのCHERRY MX 青軸を搭載しており爽快な打鍵感です。ゲーミングメカニカルのスペースセービングフルキーボードでカラーは黒ボディ・グレーキーキャップモデルになります。
背面にキー入力の切替・制限等に便利なDIPスイッチ付きなのでハードウェアで配列を入れ替えられます。

価格:¥19,910
(価格は変動します。)


ARCHISS フルキーボード Maestro FL Win・Mac対応


アーキス メカニカル キーボード Maestro FL
ARCHISS(アーキス)のフルキーボードで「Maestro FL」はメカニカルスイッチを搭載しています。
軸を選べるのでキータッチや打鍵音で選ぶと良いですね。

  • CHERRY MX 黒軸:AS-KBM08/LGBA
  • CHERRY MX 茶軸:AS-KBM08/TGBA
  • CHERRY MX 青軸:AS-KBM08/CGBA
  • CHERRY MX 赤軸:AS-KBM08/LRGBA
  • CHERRY MX 静音赤軸:AS-KBM08/SRGBA
  • CHERRY MX スピードシルバー軸:AS-KBM08/LSGBA
  • CHERRY MX クリア軸:AS-KBM08/TCGBA

108キーの日本語配列(かな印字有り)で、キーピッチは19mm。
マルチメディアファンクションやキーロックなどゲームでも使いやすい機能があります。
メインコントローラーとしてARM Cortex-M0(32bit)プロセッサ搭載しておりパワフル。USB経由でファームウェアのアップデートにも対応しています。
また、USB-AからUSB-Cへ変換するアダプタが付属しています。

● Maestro FLのレビュー

  • レトロな見た目で高級感がありタイピングが楽しい。
  • 赤軸は思っていたよりも音がなる。
価格:¥14,197
(価格は変動します。)


MOBO 折りたたみ型 Bluetooth 日本語配列 キーボード


MOBO 折りたたみ型 Bluetooth 日本語配列 キーボード
アーキサイト(archisite)のブランドでMOBO 折りたたみ型キーボードです。
Bluetoothの無線接続が可能になっており、ペアリングによりワイヤレスで使うことができます。WindowsまたはiOSやAndroidのスマートフォンで使えます。PCの場合はUSB接続でUSBバスパワーによる有線接続も可能です。
持ち運びに便利で折りたたみ時にはW166 × D15 × H120 mm、重量は286 gです。
専用ケース兼スタンド付きでカバンにも入る大きさですね。アルミボディで高級感があり外でスマホやiPadなどタブレットで長文を打つときにおすすめです。

「MOBO Keyboard」 AM-KTF83J-GBは、83キーの日本語配列。パンタグラフ(アイソレーションタイプ)のスイッチを採用しています。

バッテリーは内蔵リチウムポリマー充電池で、充電時間は最大約4時間、連続使用時間は最大84時間です。
色はブラックとホワイトから選ぶことができます。

● MOBO (モボ) Keyboardのレビュー

  • 少し重いですがモバイル用のキーボードで良いです。
  • 親指シフターにも使いやすい。
価格:¥6,500
(価格は変動します。)

まとめ

ARCHISS(アーキス)のキーボードは機能的でおしゃれです。
初期不良もほとんどなく品質も安定しているのでレビューでは評価が優れていますね。
一般的なメンブレン式に比べれば価格もそれなりにするのですが、毎日使うキーボードなので長時間のパソコン作業では使いやすいキーボードがあると快適ですね。


ARCHISS キーボードの関連情報
トラックポイントのキーボード
メカニカルキーボード