パナソニック(Panasonic)ミニコンポ・スピーカーおすすめ8選!

パナソニック(Panasonic)ミニコンポ・スピーカーおすすめ

パナソニック(Panasonic)のスピーカーでおすすめ製品をご紹介しています。ミニコンポでは高音質なサウンドでハイレゾ音質に対応しているモデルがあります。テレビで番組や映画を視聴するならシアターバー(サウンドバー)が便利。コンパクトなサイズでツイーターやサブウーハーを内蔵しているスピーカーなら迫力がある音を楽しめます。選ぶときのご参考になれば幸いです。

パナソニック スピーカーの特徴

「Panasonic」パナソニック株式会社は日本の電機メーカーです。1917年創業の100年を超える老舗メーカーですね。
松下幸之助の電球が有名ですが、ラジオの生産やポータブルプレーヤーなどオーディオ機器を手掛けた歴史があります。

大きく分けるとテレビで使えるサウンドバー(シアターバー)、ミニコンポのスピーカーシステムがあります。また、照明とスピーカーを組み合わせた製品があるのも特徴ですね。

パナソニック スピーカーの選び方

パナソニック スピーカーの選び方

出典:パナソニック(Panasonic)

Bluetoothスピーカーを選ぶ

パナソニックのBluetoothスピーカーはテレビ用の「SC-MC30」や360度サウンドが聴ける「SC-VA1」などがあります。
スマートフォンの曲を聴くならサウンドバーで聴くのも良いと思います。また、照明にスピーカーが内蔵されている製品もあります。
Bluetoothのバージョンが高い方が接続が安定するのでチェックするのがポイントです。

テレビ用のスピーカー

テレビ用のスピーカーではシアターバーがおすすめです。
ツイーターとサブウーファーを内蔵しているモデルでは3Dサラウンドで立体音響を楽しめるスピーカーもあります。
2.1chで聴く場合にはフルレンジスピーカーとは別にサブウーファーが付いており重低音で幅広い音質が楽しめます。

ミニコンポやスピーカーシステムは高音質

ミニコンポやスピーカーシステムは高音質

出典:パナソニック(Panasonic)

ハイレゾ音源を聴くならミニコンポがおすすめです。アンプを内蔵しておりUSB-DACでパソコンに保存している音源も再生できます。
接続端子は光デジタル入力端子やステレオミニプラグ、ピンジャックなどスピーカーの機種によって違いがあるので確認しておくと良いですね。
CD、USBメモリーなどのメディアやBluetoothなど幅広く対応しているのが特徴です。

接続はBluetoothと比較をすると有線接続のほうが音の劣化が少なく遅延もないので、できれば有線のほうがおすすめです。

パナソニックのスピーカーのおすすめ

ポータブルワイヤレススピーカー SC-MC30


ポータブルワイヤレススピーカー SC-MC30
「SC-MC30」はパナソニックのテレビ用ポータブルワイヤレススピーカーです。

テレビと聴こえる音の遅延が少ないコーデックでaptX Low Latencyを採用しており高音質です。「快聴音」機能では人の声を強調して聴こえる機能を搭載しているのが特徴です。
電源は充電電池とACアダプターの両方が使えます。

カラーはホワイトとブラックから選べます。手のひらサイズのコンパクトなデザインになっています。テレビと離れた場所で音を聴きたいかたにおすすめです。
>>テレビ用 手元スピーカー

スペック

  • 製品型番: SC-MC30
  • バージョン:Bluetooth5.0
  • プロファイル:A2DP (SCMS-T 対応)
  • 対応コーデック:SBC、Qualcomm aptXTM、Qualcomm aptXTM Low Latency
  • 通信:2.4 GHz band FH-SS
  • 寸法:幅91 mm× 高さ43.5 mm×奥行き91 mm
  • 重量:スピーカー部 約155 g
出力DC5V、800mA(ACアダプター)
インピーダンス32 ~ 64 Ω
スピーカー種類フルレンジ: 4.2 cm、 コーン型

● レビュー

  • テレビから離れた場所でも音が聴けるコンパクトなスピーカー
価格:¥13,000
(価格は変動します。)


HTB200-K ホームシアターシステム(サウンドバー)


HTB200-K ホームシアターシステム(サウンドバー)
パナソニックのシアターバー(サウンドバー)で「SC-HTB200」です。テレビの下に収まるコンパクトなサイズで幅45cmで高さは5.1cmです。

出力は最大で80W(40W+40W)で迫力のあるサウンドが楽しめます。サウンドモードがスタンダード、ミュージック、シネマの3種類あり音質を変えられるのが特徴です。
HDMI-CECに対応していればテレビのリモコンでシアターバーも操作ができるのが便利です。

接続はHDMIケーブル、光デジタルケーブル(別売り)、Bluetooth接続に対応しています。

スペック

  • 製品型番:SC-HTB200
  • アンプ部:HDMI出力(ARC対応)
  • Bluetooth2.1
  • プロファイル:A2DP / コーデック:SBC
  • 寸法:幅450×高さ51×奥行135mm
  • 重量:約1.6kg
出力80W
インピーダンス
スピーカー種類フロントスピーカー(L/R)

● レビュー

  • コンパクトな大きさでテレビの下に設置するのに丁度よいサイズのサウンドバー
価格:¥15,642
(価格は変動します。)


SC-HTB01 シアターバー


SC-HTB01 シアターバー
パナソニックの3Dサラウンド対応のシアターバー(サウンドバー)「SC-HTB01」です。4Kパススルー対応で4K出力のプレーヤーにも対応しています。

フロント部にはフルレンジの直径4cmコーン型と1.4cmのドーム型ツイーターを搭載しており中音域から高音域まで出力できます。
ウーハー部には直径8cmnコーン型と2つのパッシブラジエーターで低音域が再生できる仕様になっています。

立体音響の対応フォーマットとして、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)、DTS:X、DTS Virtual:Xに対応しています。

3つのゲームモード搭載しており、臨場感のあるRPGモード、音の定位感があるFPSモード、人の声が聴きやすいボイスモードから音響を切り替えることができます。
スクウェア・エニックスと共同開発されたサウンドモードでゲームが好きな方におすすめです。

スペック

  • 製品型番:シアターバー SC-HTB01
  • Bluetooth対応
  • 寸法:約430×52×130mm
  • 重量:約1.8kg
出力80W
インピーダンス
スピーカー種類フロントスピーカー部:2ウェイ2スピーカー(密閉型)、
サブウーハー部:1ウェイ1スピーカー(パッシブラジエーター型)

● レビュー

  • 3Dサラウンドで広がりのある音が楽しめる
価格:¥40,680
(価格は変動します。)


SC-HTB250-K シアターバー


SC-HTB250-K シアターバー
パナソニックのシアターバーで「SC-HTB250-K」は、フロントスピーカーとウーファーの2.1chのサラウンドシステムです。

最大の音声出力の合計は120Wでサブウーファーにより重低音が楽しめるサウンドバーです。
上生ウーファーはワイヤレスで縦と横置きの両方で設置が可能になっています。

コンパクトな2.1chサウンドを楽しみたいかたにおすすめです。

スペック

  • 製品型番:シアターバー SC-HTB250
  • HDMI出力(ARC対応)
  • 光デジタル音声入力端子
  • 付属品:リモコン, 電源コード, HDMIケーブル, サブウーハー部ゴム足
出力フロント(L/R):40W+40W
サブウーハー:40W
インピーダンスフロント部:6Ω
サブウーファー:4Ω
スピーカー種類ホームシアターシステム

● レビュー

  • サウンドバー付きで低音が楽しめるサウンドバー
価格:¥23,141
(価格は変動します。)


DY-SP1 スピーカーシステム


DY-SP1 スピーカーシステム
パナソニック スピーカーシステム DY-SP1は、ハイレゾ音源に対応しており高解像度に再生できます。

テレビ用の2.1chの高音質なサウンドバーで、フルレンジスピーカーはネオジウムマグネットでレスポンスの良いサウンド。ツイーターは50kHzまでの高音域を再生できます。
ウーファーの重低音で迫力のあるサウンドを楽しめます。

フルデジタルアンプを搭載しており歪みを補正することで原音に忠実な再生ができるようになっています。
Bluetoothでスマートフォンとペアリングをして音楽を聴きたいかたにもおすすめです。

スペック

  • 製品型番:DY-SP1
  • 寸法:約430×52×130mm
  • 重量:約1.7kg
出力フロント10W+10W、サブウーファー20W
インピーダンスフロント6Ω、サブウーファー3Ω
スピーカー種類サブウーハー搭載サブウーファー

● レビュー

  • ハイレゾ対応の高音質な2.1chスピーカーシステム
価格:¥24,300
(価格は変動します。)


HH-CD0898A スピーカー LEDシーリングライト(照明)


HH-CD0898A スピーカー LEDシーリングライト(照明)
パナソニックのBluetoothスピーカー付きLEDシーリングライト「HH-CD0898A」です。照明が使えるのが特徴で調光・調色が可能。広さは8畳の部屋まで対応しています。
天井にスピーカーを取り付けることができるので音が部屋中に広がります。付属の接続コードをワイヤレス送信機につながえればBluetoothでペアリングをして再生できます。

スピーカーにはネオジウムマグネットが内蔵しておりレスポンスの良いサウンドです。また、低音を豊かに出力できるバスレフポートの構造になっています。
照明とスピーカーの両方が必要なかたにおすすめです。

スペック

  • 製品型番:HH-CD0898A
  • 寸法:高さ9.9×幅55×長さ71.2cm
  • 重量:4.9kg
出力(スピーカー動作時)定格消費電力7.3W
インピーダンス
スピーカー種類照明・スピーカー

● レビュー

  • シンプルなデザインで照明を兼ねたスピーカー
価格:¥60,000
(価格は変動します。)


SC-PMX90 ミニコンポ・スピーカーシステム


SC-PMX90 ミニコンポ・スピーカーシステム
パナソニックのミニコンポで「SC-PMX90」です。ハイレゾ音源に対応したCDステレオシステムです。

高品位アンプで「LincsD-Amp Ⅲ」を内蔵しており広帯域の歪み特性を改善し音像定位のあるサウンドで再現できます。そのため、広がりや奥行きが感じられる音空間で再生できるようになっています。
キャビネットには1.9cmのシルクドームツイーター、1.5cmのピエゾツイター、14cmの竹炭 PPウーハースピーカーを搭載しています。
USB-DAC機能によりパソコンに保存したハイレゾ音源にも対応しているのが特徴です。また、スーパーオーディオCDのDSD形式でも忠実にハイレゾ音源を再生できます。

低音域から中域、高音域まで対応しており女性ボーカルの伸びやかな高音も再生できます。
自宅で高音質なオーディオを楽しみたいかたにおすすめです。

スペック

  • 製品型番:SC-PMX90
  • 再生周波数帯域:41Hz~50kHz(-16dB)、48Hz~43kHz(-10dB)
  • FM/AM 2バンド
  • Bluetooth対応
  • 出力音圧レベル:81dB/W(1m)
  • 寸法:本体 211mm×114mm×267mm / スピーカー 161mm×238mm×262mm
  • 重量:約8kg
出力120W(60W+60W)
インピーダンス
スピーカー種類ミニコンポ

● レビュー

  • VGPビジュアルグランプリで2019,2020,2021と連続して金賞を受賞している評価の高いハイコンポ
価格:¥27,162
(価格は変動します。)


SC-PMX900-S ミニコンポ・スピーカーシステム


SC-PMX900-S ミニコンポ・スピーカーシステム
パナソニックのCDステレオシステム「SC-PMX900」です。PMXシリーズの中でも高音質なモデル。

Hi-Fiオーディオブランド「Technics」の開発チームと連携、フルデジタルアンプ「JENO Engine」を搭載しています。高音質にチューニングされています。
デジタル信号の揺らぎであるジッターを低減することで自然で豊かなサウンドになっており、ローノイズ電源回路を採用したことにより音色の再現も可能になっています。

ハイレゾ音源に対応しておりクリアで高音質なサウンドで聴きたいかたにおすすめです。

スペック

  • 製品型番:SC-PMX900
  • 色:シルバー
  • 発売日:2021年7月30日
  • 寸法:本体 211mm×114mm×267mm、スピーカー 161mm×238mm×264mm
  • 重量:約8.9kg
出力120W(60W+60W)
インピーダンス
スピーカー種類ミニコンポ スピーカーシステム

● レビュー

  • パナソニックのミニコンポで最新モデル
価格:¥69,300
(価格は変動します。)

まとめ

パナソニックのスピーカーはテレビの音を高音質で聴くならシアターバーがおすすめです。
映画を視聴するような場合には迫力のあるサウンドで臨場感があります。
オーディオとして音楽をリスニングするときにはコンポが便利ですね。土日などお休みの日にには好きな曲を良い音で楽しめます。


パナソニックのスピーカーの関連情報
アンプ内蔵スピーカー
サウンドバー おすすめ

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)