Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けゲーミングモニターおすすめ12選! 【2022】

Nintendo Switch向けゲーミングモニター

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のゲーム機と接続して使える、ゲーミングモニターをご紹介しています。
TVモードなら、大きな画面でゲームをプレイできれば数人で遊ぶときに楽しいですね。
性能が最適でおすすめのモニターを厳選しています。選ぶときにどうぞご参考ください。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けのゲーミングモニターとは?

Nintendo Switch向けのゲーミングモニターとは
Nintendo Switch向けのモニターでは、TVモードで接続してゲームをすることができます。携帯モードと違ってTVモードでは、画面が大きいので臨場感のあるゲームが楽しめます。
ACアダプターをドックに接続をしてHDMIケーブルでモニターとつなぎます。(Liteでは対応していないので注意です。)
最大で1920×1080ピクセルに対応しており16:9のアスペクト比の出力ができます。解像度はFHD (Full-HD, 1080p)2Kが使えるということになります。
モニターは最大でリフレッシュレートが60Hz(60fps)まで対応しています。

また、ゲーミングモニターを選ぶときには内蔵スピーカーを搭載しているタイプがおすすめです。ゲームのサウンドを出力するためです。HDMIで接続をすればケーブル経由で音声出力できます。

スタンドは上下の角度を調節できるチルトに対応していると、ゲームをするときに見やすくなりますね。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けのゲーミングモニターの選び方

Switch向けのゲーミングモニターの選び方

リフレッシュレートで選ぶ

リフレッシュレートは1秒間に何回画面が更新されるかという回数です。
Switchに対応しているリフレッシュレートは60Hzまでなので、60Hzのゲーミングモニターというのは基本的にはありません。
通常はゲーミングモニターは144Hz以上が多く、165Hzぐらいまでのモニターも合わせて選ぶのがポイントになります。もし、240Hz以上の最強ゲーミングモニターを使ったとしても、Switchでは再現できないので、高すぎると逆にコスパが悪くなってしまうので注意ですね。

パソコン用のゲーミングモニターなら映像出力端子も多くニンテンドースイッチとHDMIで接続ができます。

応答速度

応答速度

出典:ASUS

応答速度は画面の表示が黒→白→黒と切り替わる速さで1ms(ミリ秒)で表されます。
スピードが速いほうが残像感が少なくクリアに表示されます。
FPSゲームやレースゲームのように動きが速い場合には、速度が遅いとぼやけたように見えることがあります。速いほうが残像が感じられずに快適ですね。

プレイしやすいインチ数は?

Switch(スイッチ)本体のモニターサイズは、6.2インチから7インチなので、大きめサイズだと快適にゲームプレイできます。
ですので、プレイしやすいインチ数は、24インチ前後のサイズがおすすめです。
あまり離れなくても画面全体が見やすいのがポイント。また、ゲーミングモニターの種類も多いので最適なスペックが見つかりやすいです。
大きな画面でプレイするなら27インチぐらいなら迫力のあるゲーミングができますね。友達と協力プレイするなら大画面の方が使い勝手が良いでしょう。

持ち運びをする場合には15.6インチ前後のモバイルモニターが良いと思います。普通のSwitchは6.2インチなので、テーブルモードと比較して大画面でプレイできます。逆に、小さすぎるとTVモードでゲームをするメリットが少なくなるので注意です。

入力端子にHDMIかチェック

接続はHDMI対応

出典:BenQ

Switchとモニターを接続するにはHDMIの入力端子に対応している必要があります。そのため、モニターの端子が繋げられるかチェックしておく必要があります。Nintendo Switchで接続できるのはHDMIの入力端子のみです。

ゲーミングモニターの入力端子は、一般的にHDMI・DisplayPort・D-subなどがあります。HDMIポートに対応しているモニターはSwitchやPS4で使えます。
>>HDMIモニター

Switchの設定と接続方法

Switchの設定
モニターでSwitchの画面を表示する場合には、TVモードで遊べます。(HAC-001と有機ELモデルが対応)
接続方法はNintendo Switchのドックを開くとHDMIポートがあるので、差し込んで電源のACアダプターをつなげます。あとは本体をドックに差し込むだけなので設定は簡単です。

TVモードでモニターを使えば対戦や協力プレイなど2人でも楽しめますね。コントローラーを用意するときにはTVモード対応の製品を選びましょう。また、ゲームがTVモードに対応しているソフトかチェックしておきましょう。

パネルの種類

モニターのパネルの種類はIPSパネル、TNパネル、VAパネルの3種類が大きく分類すると存在します。ゲーミング用では応答速度が速いTNパネルや画面が鮮やかなIPSパネルが使われることが多いです。VAパネルはコントラスト比が高いのが特徴です。

解像度

Switchに対応している解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)で60fpsに対応しています。(公式サイトではHDMIでTVモードにて出力した場合の注意書きがあります。)4KやWQHDなど高精細な画質のモニターを使ったとしてもフルHDで表示されることになります。
そのため、適切なスペックのモニターを選んだほうが安く購入することができます。

テレビとモニターどっちを使う?

テレビとモニターどっちを使う?
Nintendo Switchは、HDMIで接続できればテレビでもモニターでも使うことができます。(ちなみに、Switch LiteはTVモードに対応していません)
ゲーム初心者であればテレビでも良いでしょう。ただし、ゲームが好きなら遅延の少ないゲーミングモニターが快適です。また、長時間のゲームをプレイするのであればブルーライト軽減などの機能があるモニターがおすすめです。
重要なのがスピードで、リフッシュレートでSwitchは最大60Hzなので、60Hz~75Hzぐらいのモニターが数値としては最適。もちろん、Switchで最大できる出力は60Hzですが144Hzのモニターも使えます。接続端子が豊富なモデルもあるのでHDMIのリフレッシュレートをチェックしましょう。

Switch(ニンテンドースイッチ)向けゲーミングモニターおすすめ

ASUS ゲーミングモニター 21.5インチ VP228HE


ASUS ゲーミングモニター 21.5インチ VP228HE
ASUS(エイスース)の21.5インチのゲーミングモニターでVP228HEです。
FPSゲームやレーシングゲームをプレイするのに最適なエントリーモデルです。
1.5Wのスピーカー内蔵しておりリフレッシュレートは75Hzでフリッカーフリーに対応しています。
インターフェースは、D-sub, HDMI, DVIに対応しているので、入力ボタンで切り替えることができます。また、3.5mmステレオミニジャックも使えます。

Eye Careテクノロジーでブルーライトやフリッカーを抑えて、長時間のゲーミングでも目の疲れを軽減します。

解像度は1920×1080のフルHDで画質もSwitchにちょうど良いスペックですね。

● 選ぶポイント

  • Nintendo Switchで使いやすい21.5インチのゲーミングモニター


ASUS ゲーミングモニター 24インチ VG245HE-J


ASUS ゲーミングモニター 24インチ VG245HE-J
ASUS(エイスース)のゲーミングモニターで24インチの「VG245HE-J」です。人気があったVP248Hの後継機で応答速度が1msから0.6msに速くなっています。反応が速いのでFPSゲームでプレイするのにもおすすめです。
eスポーツでもよく使われる画像サイズで、ゲームをプレイするときに見やすい大きさです。

ディスプレイの縦横比(アスペクト比)が16:9でスイッチと同じ比率で画面出力が可能になっているので最適です。解像度はFHD 1080pでリフレッシュレートは75Hzなので滑らかに表示できます。
画面のチラつきを抑えるフリッカーフリーやブルーライト軽減機能があり目にやさしいモニターです。Nintendo Switch本体とモニターはHDMIで接続できます。
テレビと比較すると入力の遅延が少なく「GameFast」機能によりさらに遅れが小さくなっています。

スピーカーは2W+2Wのステレオでサウンドを出力できます。

PCの用途で使うときにはAdaptive-Sync(AMD FreeSync)テクノロジーに対応しており、グラフィックボードが対応している場合にはティアリングやフレームレートを抑えて同期することができます。

スペック

  • 製品型番:VG245HE-J
  • ブランド:ASUSTek
  • 発売日:2020年5月
  • 3年保証
  • TNパネル
  • ノングレア(非光沢)
  • VESA規格:100mm
  • サイズ:561 x 415 x 211 mm
  • 重量:4.7 kg

● 選ぶポイント

  • デスクに設置しやすいゲームで定番のサイズ


Acer ゲーミングモニター Nitro 21.5インチ VG220Qbmiifx

Acer ゲーミングモニター Nitro 21.5インチ VG220Qbmiifx
21.5インチのゲーミングモニターでAcerのNitro VG220Qbmiifxです。狭いベゼルでスタイリッシュなデザイン。

リフレッシュレートは75Hz、応答速度は1ms (VRB)です。目の負担を軽減する仕様になっているのが特徴で、ちらつきを抑えるフリッカーレス・テクノロジーとブルーライトを軽減します。長時間、プレイするゲーマーさんには必要な機能ですね。また、ブラック・ブースト機能で暗い場所でも見やすくなります。

ニンテンドースイッチで使っているかたも多い製品ですね。HDMIケーブルで接続できます。スピーカー内蔵しているので手軽にゲームができて便利です。

スペック

  • 製品型番:VG220Qbmiifx
  • スピーカー内蔵:2W + 2W (ステレオ)
  • パネル種類 :IPS
  • サイズ:490 x 384 x 221mm
  • 重量:3.25 kg

選ぶポイント:

応答速度1ms / 75Hzのゲーム用モニター

  • 小型の画面サイズでSwitchにもちょうど良い21.5インチのモニター


ASUS フレームレス モニター 23インチ VZ239HR


ASUS フレームレス モニター 23インチ VZ239HR
ASUSの23インチのフレームレス モニター「VZ239HR」です。
薄さ7mmのウルトラスリムのデザインでノングレア(非光沢)の見やすい画面。発色が良いIPSパネルを採用しています。
広視野角で178度まで色の変化しにくいので複数人でSwitchをゲームする時におすすめです。

ディスプレイの解像度はフルHD 1080P(1920×1080)で、応答速度は5ms (GTG)、リフレッシュレートは75Hzです。
アスペクト比が16:9です。接続はHDMIとD-subが付いています。

価格も安いので予算を抑えてモニターを購入したいかたには良いですね。

スペック

  • 製品型番:VZ239HR
  • スピーカー内蔵:1.5W + 1.5W (ステレオ)
  • パネル種類 :IPS
  • 寸法:38.7 x 21.1 x 53.1 cm
  • 重量:2.7 kg

選ぶポイント:

価格が安いスイッチ向けモニター

  • 2万円以下で購入できるSwitch対応のコスパの良いモニター(価格は2022年10月27日7:52の時点)


BenQ モニター ディスプレイ GL2480


BenQ モニター ディスプレイ GL2480
ゲーミングモニターで評判の高いBenQ(ベンキュー)です。

モニター「GL2480」はゲーム用ではないですがSwitchでゲームができる性能があります。リフレッシュレートが75Hzで応答速度は1ms (GTG)で高速です。

液晶ディスプレイは23.8インチでIPSパネル、フルHDの解像度に対応しています。
ブライトネスインテリジェンスにより輝度自動調整(B.I.)されるようになっており、コンテンツの輝度より最適化されます。
出力端子はHDMI、DVI、D-sub端子に対応しています。

GW2480と違い※スピーカー内蔵モデルではないので、外部スピーカーを接続する必要があるので注意です。

スペック

  • 製品型番:GL2480
  • メーカー:ベンキュージャパン
  • 寸法:‎17.51 x 56.5 x 43.3 cm
  • 重量:約3.9 Kg

● 選ぶポイント

  • ブルーライト軽減とBI機能により長時間のゲームでも疲労が少ない


BenQ MOBIUZ ゲーミングモニター EX2710Q 27インチ


BenQ MOBIUZ ゲーミングモニター EX2710Q 27インチ
BenQの27インチのモニターでEX2710Qです。
大きめの画面でSwitchをプレイすれば迫力があるゲームが楽しめるのが魅力
解像度はWQHD(2560 x 1440)でリフレッシュレートは165Hz、応答速度1ms(GtG)に対応しています。(PCの場合にはFreeSyncで同期ができる機能もあります。)

ディスプレイはLEDバックライトを搭載した液晶IPSパネルで、ハイスペックなモデルです。HDRに対応している高画質なモデルで、色が綺麗に表示できます。
高音質な内蔵スピーカーが魅力でゲームのサウンドも楽しめますね。

アイケア対応モニターでブルーライト軽減や輝度自動調整B.I.+機能があります。
接続できる入力端子はHDMI (v2.0)が3つ搭載しています。レビューではニンテンドースイッチと接続しているかたが高評価を付けています。

スペック

  • 製品型番:EX2710Q
  • HDRi / HDR400
  • サイズ:21.67 x 61.41 x 53.96 cm
  • 重量:7.4 Kg

● 選ぶポイント

  • Nintendo Switchと接続して高解像度な画面で遊べる27インチのモニター


Acer ゲーミングモニター 27インチ VG270bmiifx


Acer ゲーミングモニター 27インチ VG270bmiifx
Acer(エイサー)のゲーミングモニターでVG270bmiifxです。
ディスプレイは27インチのIPSパネルでリフレッシュレートが75Hz、応答速度は1ms(VRB)です。
アスペクト比が16:9で解像度はフルHD。HDMIが2つあり任天堂Switchと接続できますね。2Wのスピーカーを内蔵しています。

メニューではゲームモードがあり8つのモードから最適な映像を表示できるようにジャンルを選択できます。
モードは、アクションゲーム・レーシングゲーム・スポーツゲームなどがあり、見やすく表示ができるのが良いですね。

スペック

  • 製品型番:VG270bmiifx
  • ブルーライト軽減機能
  • 表示領域:598 x 336mm
  • AMD FreeSyncテクノロジー
  • 付属品:アナログケーブル、電源ケーブル、スタンド、保証書など
  • 寸法:約614 x 475 x 240 mm

● 選ぶポイント

  • 1msの応答速度でブラックブースト機能で見やすい表示


I-O DATA(アイ・オー・データ) 24.5インチ ゲーミングモニター GigaCrysta EX-LDGC252STB


I-O DATA(アイ・オー・データ) 24.5インチ ゲーミングモニター GigaCrysta EX-LDGC252STB
I-O DATA(アイ・オー・データ)のゲーミングモニターで、GigaCrysta「EX-LDGC252STB」です。
24.5インチでオーバードライブ機能をONにすれば応答速度が5msから0.6ms(GTG)で表示ができて高速。リフレッシュレートは75Hzに対応しています。
また、2W+2Wのステレオスピーカーを内蔵しています。

「Night Clear Vision」技術を搭載しており、ゲームで暗いシーンも鮮明に表示することが可能です。

映像入力端子はHDMI、DisplayPort、アナログRGBを搭載しており、HDMIでNintendo Switchmと接続できます。

スペック

  • 製品型番:EX-LDGC252STB
  • 保証:3年
  • 最大表示解像度:1920×1080
  • TNパネル
  • 画素ピッチ:0.2832(H)× 0.2802(V)mm
  • 寸法:約568×215×416mm スタンド含む
  • 重量:約4.1kg

● 選ぶポイント

  • メーカーにて任天堂Switchで動作確認されているモニター


BenQ MOBIUZ EX2780Q ゲーミングモニター 27インチ


BenQ MOBIUZ EX2780Q ゲーミングモニター 27インチ
BenQ MOBIUZ EX2780Qは27インチのゲーミングモニターです。
WQHDの高精細なディスプレイでリフレッシュレートは144Hzで応答速度が5msまで対応しているモデルです。暗いところで隠れている敵なども視認性が良くなるBlack eQualizer機能や、ゲームモードの設定を変えることができます。また、内部のセンサーにより周囲の明るさに合わせて、輝度と色温度を調整してくれます。
レビューでもSwitchで使用しているかたもおり、高評価ですね。

インターフェースはHDMI2.0x2、DisplayPort1.4×1、USB Type-Cx1を搭載しています。

スペック

  • メーカー:BenQ
  • サイズ:‎61.4 x 19.6 x 46 cm
  • 付属品:電源ケーブル/HDMIケーブル/USB Type-Cケーブルなど

● 選ぶポイント

  • 2.1chスピーカーの大画面で楽しいゲーミングモニター


Dell(デル) モニター 23.8インチ S2421H


Dell モニター 3Wスピーカー付き 23.8インチ
Dell(デル)のスピーカー付きモニターで23.8インチ S2421Hです。3Wのデュアルスピーカーを内蔵しておりオーディオを楽しめます。
S2421Hはワイドフレームレスでちらつきの少ない液晶画面です。ComfortView機能でフリッカーフリー、ブルーライトを抑え目の疲れを軽減する設計になっています。
HDMIをポートを搭載しておりリフレッシュレートが75Hzなのでニンテンドースイッチもできますね。IPS非光沢でAMD FreeSyncに対応機種です。

※ニンテンドースイッチの接続で音量が大きいというレビューもあるので、小さな音でプレイしたい場合には注意です。

スペック

  • アンチグレア(非光沢)
  • IPSパネル
  • アスペクト比:16:9
  • リフレッシュレート:75Hz
  • 付属品:電源ケーブル, HDMIケーブル
  • VESAマウント規格:100mm
  • サイズ:高さ412.8mm×幅537.8mm×奥行152.8mm
  • 重量:3.4kg


モバイルモニター モバイルディスプレイ cocopar15.6インチ


モバイルモニター モバイルディスプレイ cocopar15.6インチ
cocoparのモバイルモニターで15.6インチです。
薄いので持ち運びしやすく軽量で重さは570g、サイズは幅35.4cm×21cm×厚み0.4cmです。コンパクトなサイズなので設置するスペースを気にせず使用できます。
非光沢なIPSパネルでアスペクト比が16:9、解像度がフルHD 1920×1080でNintendo Switchでも使えます。
スピーカーは1Wが2つ内蔵しています。

注意点としてニンテンドースイッチでTVモードで接続するときには給電には注意です。モバイルモニター側が電力不足がおきる場合があるので付属のACアダプターを使った方が良いですね。

Switchを持ち運ぶときに便利なモニター専用のケースが付いています。また、入出力端子としてMini HDMIとType-Cがあり、「標準HDMI→miniHDMI」ケーブルもあるので便利。

スペック

  • 製品型番:zs-156
  • リフレッシュレート:60 Hz
  • 寸法:35.4×21×0.4cm
  • 色域:sRGB 72%
  • 重量:570g

● 選ぶポイント

  • Switch向けのモバイルディスプレイ


Acer(エイサー) ゲームモニター SigmaLine 23.6インチ 144Hz


Acer ゲーミングモニター SigmaLine 23.6インチ 144Hz
Acer(エイサー)のゲームモニターで23.6インチ。解像度はフルHD(1920×1080)です。リフレッシュレートが144Hzなので、ややオーバースペックですがPCでゲームをするかたなどスイッチ以外でもゲームをするならおすすめです。動きのある映像を表示するのに優れておりゲームをプレイするのに最適です。

SigmaLine 「KG241QAbiip」は、FPSゲーム向きで応答速度は0.6ms(GTG)で144HzのフルHDディスプレイです。フリッカーレスに対応しており眼に有害なブルーライトを軽減する機能があります。
※スピーカーは非搭載です。

スペック

  • フレームレス
  • ピポッド:機能なし
  • VESAマウント:100×100mm対応
  • センドバック保証
  • HDMI 2.0 x2、DisplayPort v1.2 x1
  • FreeSync対応

まとめ

任天堂Switchをゲームプレイしやすいゲーミングモニターを解説しました。複数の人で遊ぶなら、大きめの画面サイズだと見やすいですね。

モニターはスピーカーが付いている機種だけでなく、メーカーによってはスピーカーはありませんので必ずチェックしましょう。例えば、Dell・MSI・LGではスピーカーが無いゲーミングモニターは多いです。ですので、音が出ないという時には、そもそもモニターにスピーカーが無い場合があるので注意です。それから、外部ディスプレイを接続する時には必ずHDMIで接続できる製品を選びます。(USB Type-Cでは映りません。)

TVモードで、いつもより大きい画面で快適にSwitchのゲームができれば楽しいですね。


Switch向けモニターの関連情報
●モニターの場合にはVRと見え方が違うので、あまりないかもしれませんが、3D映像で酔う場合には離れてプレイしましょう。
任天堂スイッチと一緒に買うもの

ゲーミングモニターのおすすめランキング

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。