Apple Watch(アップルウォッチ)おすすめ4選!人気のスマートウォッチ 2022

Apple Watch(アップルウォッチ)おすすめ

Apple Watch(アップルウォッチ)のおすすめ商品をご紹介しています。
人気のSeries 8・SEや、上位の機種ともいえるUltraなどの種類があります。それぞれの製品の特徴や選び方を解説しています。
また、Apple Watch以外のおすすめスマートウォッチもラインナップしているので、比較して選んでみてください。

Apple Watch(アップルウォッチ)の選び方

Apple Watch(アップルウォッチ)の選び方

watchOSをチェック

watchOSは、Apple Watchの機能に関係してくる部分です。
たとえば、Apple Watch SE(第2世代)では、ジャイロスコープ・高重力加速度センサー・皮膚温センサーなどを備えています。アップデートにより常に進化し続けているといっても良いかもしれません。

また、iPhoneとwatchOSの互換性をチェックしておくのもポイントです。watchOS 9の場合にはiPhone 8以降が必要です。Apple Watch Series 4 ~ 8、SE、Ultraが使えます。
>>Apple(日本) 公式

ヘルスケア機能

ヘルスケア機能
Apple Watchでは手首に装着しておけば、自分の体からさまざまなデータを記録することができます。
たとえば、ヘルスケア機能で睡眠の記録ができる製品なら、自分の体調から健康の状態を把握することができます。また、心拍数の測定もApple Watchの機能の一つです。ワークアウトAppを使ったときには、運動したあとに心拍数測定を行って記録されます。グラフで見られるので把握しやすいのがポイントです。身長・体重・性別・年齢から消費カロリーもわかるようになっています。

Apple Watch Series6やSeries7で、血中酸素ウェルネス Appを使えば、酸素のレベル (血中酸素濃度) を知ることもできます。Apple Watch Series 8では、装着して寝ることで月経周期の予測なども可能になります。

防塵性能や防水性能で選ぶ

防塵性能や防水性能で選ぶ
防塵性能や防水性能は、キャンプや登山で使用するときに必要になります。防水機能があれば雨や汗にも対応できます。
注意しなければいけないのは、Apple Watchの場合にはシリーズによって防水性能が違うということ。たとえば、「Apple Watch Ultra」の場合には水深 40mまで対応していますが、Series1や第1世代では水に浸すことはできません。Series7以降であれば、IP6Xの防塵性能があります。

サイズをチェック

サイズをチェック
サイズはApple Watchのシリーズによって違いがあります。ラインナップとして、Ultraでは49mm。SEシリーズは、小型で44mmまたは40mmです。Series8は45mmまたは41mmです。
Apple以外のメーカーでは42mmや、さらに小さい38mmなどのケースサイズもあります。基本的に画面が大きいほうが操作しやすく実用的です。もちろん見た目を重視するなら、あえて小さい画面を選ぶという選択も良いでしょう。

Apple Watch(アップルウォッチ)のおすすめ

Apple Watch SE(GPS + Cellularモデル)- 44mm


Apple Watch SE(GPS + Cellularモデル)- 44mm
Apple Watch SEは、四角い表示でシンプルなデザインのシリーズです。Apple Watchの中ではエントリー向けモデルといえます。時計のように時刻を知ることはもちろんのこと、電話・メッセージ・GPSによる道順のチェックなどが可能です。コンパス機能を使えるのが特徴の一つで、現在の位置や高度、方角などを表示することができます。

iPhoneが無くても電話ができるGPS+Cellularモデルです。ストリーミングなども可能になります。

スペック

  • カラー:ゴールドアルミニウムケース/スペースグレイアルミニウムケース
  • サイズ:44mmまたは40mm

選ぶポイント:

ワークアウトで便利

  • 体を動かす活動を記録することができる


Apple Watch Series 8 (GPSモデル)- 45mm


Apple Watch Series 8 (GPSモデル)- 45mm
ディスプレイのサイズが大きいので視認性がよく、操作するときも使いやすい印象です。45mmのアルミニウムケースです。
多機能で、皮膚温度センサーにより排卵日の推定や周期記録。酸素レベル・心電図の記録や高心拍数、低心拍数、不規則な心拍リズムの通知が可能です。また、転倒検出やSOSの緊急通報で呼んだりすることもできます。

レビューでは付け心地の評判も高いですね。シンプルなスタイルなので多くのひとが満足できるデザインです。

選ぶポイント:

内蔵しているセンサーでヘルスケア

  • 心電図・皮膚温センサーや睡眠アプリが便利


Apple Watch Series 8(GPSモデル)- 41mm(PRODUCT)RED


Apple Watch Series 8(GPSモデル)- 41mm(PRODUCT)RED
Apple Watch Series 8(GPSモデル)で、サイズは41mmまたは45mmです。ウェルネスセンサーで血中酸素や心電図の記録をすることもできます。
また高度計・心拍センサー・電気心拍センサーも搭載しています。

デザインとしてはアルミニウムのモデルや、 ステンレススチールのモデルなどがあります。付属品は本体のケースやバンドのほか、USB-C磁気高速充電ケーブルが付いています。
レビューでの満足度が高い商品ですね。

スペック

  • Built-in GPS/GNSS/GLONASS/BeiDou
  • 64ビットデュアルコアプロセッサ搭載 S8
  • W3 Appleワイヤレスチップ
  • U1 チップ (ウルトラワイドバンド)
  • 容量32GB
  • 防塵性能:IP6X
  • バッテリー:最大18時間駆動

選ぶポイント:

Retinaディスプレイで明るく見やすい

  • 細めのバンドがおしゃれな41mmサイズ


Apple Watch Ultra(GPS + Cellularモデル)- 49mm


Apple Watch Ultra(GPS + Cellularモデル)- 49mm
Apple Watch Ultra(GPS + Cellularモデル)で、サイズは49mm。最もハイスペックなアップルウォッチです。精度の高いGPSを搭載。耐久性のあるチタニウムケースでタフなアウトドアにも最適です。ダイビングのような耐水性もあり、水深40mまでの耐水性能があります。バッテリーは充電をすれば最大36時間駆動する長時間のモデルです。

機能は、高度計・血中酸素濃度センサー・光学式心拍センサー・電気心拍センサー・常時計測の高度計、加速度センサー、環境光センサーなど種類も豊富にあります。高性能なスマートウォッチを使いたい方におすすめです。

スペック

  • 発売日:2022年9月23日
  • サイズ:幅44mm 厚み14.4mm
  • 重量:61.3g

選ぶポイント:

頑丈なチタニウムのケース

  • 明るく大画面のディスプレイが見やすい


Apple Watch以外のおすすめ商品

Fitbit Sense スマートウォッチ


Fitbit Sense スマートウォッチ
Fitbit(フィットビット)のスマートウォッチでSenseは、Suicaでかざして決済することができます。ビジネスで毎日の通勤時にキャッシュレスですむのは便利ですね。
心拍数アラート通知や睡眠をサポートする機能があります。GPSではアプリを使用することでワークアウト時の心拍数レベルをマップで確認。 Bluetooth通話やテキストのメッセージ受信にも対応しています。

Apple Watchの商品ではありませんが、シンプルなデザインで使いやすいでしょう。

● 選ぶポイント

  • Suicaに対応しているスマートウォッチ


Xiaomi Mi Watch


Xiaomi Mi Watch
Xiaomi Mi Watchは、画面が円の形をしており、腕時計のように文字盤がありそうな雰囲気があるスマートウォッチ。
1.39インチディスプレイを搭載しており高解像度です。
トレーニングのワークアウトモードは117種類使えるので、いろいろなスポーツをするアスリートの方におすすめです。

メンズでもレディースでも使えるデザインですね。(こちらもApple Watchの商品ではありません)

選ぶポイント:

スポーツのモード機能が多い

  • 運動記録や117種類のワークモードがある


HUAWEI スマートウォッチ Band 6


HUAWEI スマートウォッチ Band 6
HUAWEI(ファーウェイ)のスマートウォッチでBand 6です。血中酸素を計測したり、睡眠モニタリング、24時間の心拍数モニタリングにも対応しています。
AMOLEDを採用しており見やすい1.47インチのディスプレイが魅力です。
バッテリーは約2週間、使用することができます。

価格が安くコスパに優れたスマートウォッチです。少しでも格安で買いたい方におすすめです。

スペック

  • メーカー:Huawei
  • 画面サイズ: 1.47インチ
  • サイズ:約25.4(W)x 約43(H)x 約10.99(D、最薄部)mm
  • 重量:約18 g

● 選ぶポイント

  • 健康管理で毎日の状態をチェックできる


GARMIN(ガーミン) vivosmart 4


GARMIN(ガーミン) vivosmart 4
GARMIN(ガーミン) vivosmart 4は、睡眠時トラッキングや血中酸素トラッキング機能があります。
睡眠と活動データの組み合わせにより、エネルギーの残量を表示。身体のエネルギーをモニタリングできるようになっています。50m防水なのでプールやジムなどで、水や汗に濡れても安心ですね。
バッテリーの寿命は最大で7日間です。

ベルトが細めでファッションが好きな方にも付けたくなる、アクセサリーのようなスマートウォッチのデザインですね。(Apple Watchではありません)

選ぶポイント:

運動のワークアウトを記録

  • 筋トレ機能を使うと種目や回数などを記録できる

まとめ

Apple Watch(アップルウォッチ)の商品があれば、センサーによりいろいろな機能が使えます。アナログの時計と違い、メッセージによる連絡や記録ができる製品もあり便利です。
ちなみに、スマートフォンではなくApple Watchで通話をする場合にはソフトバンク・docomo・auでモバイル通信に関係するサービスもあります。

耐久性はSeries 7以降で工場しているので、過酷な環境でなければ生活でいつも身に着けておくことができます。もし、液晶ディスプレイの部分を保護したい場合にはケースなどを利用するのも一つの方法です。
使いやすいスマートウォッチがあれば快適で便利ですね。


Apple Watch(アップルウォッチ)の関連商品
スマートウォッチ おすすめ
スポーツ向けスマートウォッチ
日本メーカー製スマートウォッチ ランキング

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。