Raspberry Piのディスプレイのおすすめ【口コミで評判が良いのは?】

Raspberry Piのディスプレイのおすすめ

Raspberry Piのおすすめのディスプレイは?
初めての時にはどれが良いかよく解らないものですよね。

口コミの良いポータブルモニターを厳選してピックアップしました。

IPSパネルやタッチモニターなど必ずお目当てのものがあると思います。
Raspberry Pi 4や、Raspberry Pi 3B、3B+、2B、B+に対応しているモデルをご紹介しています。

Raspberry Pi用のディスプレイとは

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)には通常はディスプレイは付いていません。
ラズパイとディスプレイを接続する方法はHDMIポートに有線ケーブルで接続できます。DVI端子につなげる場合には変換アダプター使います。

それと、Raspberry Piは世界中で売れているので、商品の説明書も英語の場合があります。
レビューの口コミなどで本当に使えるディスプレイなのかチェックするのがおすすめです。

Raspberry Pi用のディスプレイ選び方

Raspberry Pi用のディスプレイ選び方

出典:ELECROW

ディスプレイ選び方ですが、Raspberry Piが初めてなら安い液晶モニターをおすすめします。
GPIOのピンでディスプレイを拡張するよりも、ピンは空けておいてHDMIケーブルで接続した方がラズパイが使いやすいと思います。

Raspberry Piのディスプレイ選びは、ラズベリーパイをやらなくなった時に別の用途でも使えるようにHDMI接続のタイプを選んでおくと便利です。

Raspberry Piのディスプレイはサイズは小さめ

ラズパイのディスプレイはサイズは小さめでタッチ機能を搭載している液晶ディスプレイが対応してるものが多いです。

画面のサイズは3インチ~10インチぐらいが多いですね。
Raspberry Piとのバランスで最適なサイズは3~10ぐらいということになりますが、7インチ~5インチ程度が主流ですね。

Raspberry Piのディスプレイ解像度

小さなパソコンなのであまり高解像度のディスプレイは期待できません。
そもそも画面が小さい場合には、小さく表示しても見えにくいだけなのであまり気にする必要はないでしょう。
ディスプレイを選ぶ基準としては800x480pxの解像度があれば十分です。

Raspberry PiはタッチパネルもOK

商品によってはタッチパネルは使うことができます。
とくに5インチ程度の小さいディスプレイの場合には、マウスポインタも見づらくなるのでタッチパネルは便利です。

Raspberry Piのディスプレイで口コミの評判が良いもの

Raspberry Piのディスプレイで口コミの評判が良いものを選びました。


ELECROW 5インチ HDMI Raspberry Pi対応ディスプレイ モニター

Raspberry Pi ELECROW 5インチ HDMI ディスプレイ

ELECROW 5インチ HDMIコネクタで接続するRaspberry Pi対応のLCDディスプレイでタッチペンも付いています。
モニターは800×480解像度 タッチスクリーンのタッチパネルでRaspberry Pi 4B 3B+対応です。ドライバのインストールの方法はAmazonの詳細ページに記載があります。

タッチモニターでTFTの抵抗式ディスプレイです。重さは約200gほどで持ち運びできる軽さ。カバンにも入るようなサイズです。電源はMicro USBによる給電です。

小型のディスプレイで5インチの他に、4インチと3.5インチを選ぶこともできます。

Amazonでも評判が高いですね。ラズパイで電子工作をする時に最適です。
裏側にカバーが無く基板が出ている状態なのでケースに入れると良いですね。

価格:¥5,260
(価格は変動します。)

Raspberry Pi用のディスプレイ 10インチ

Raspberry Pi用のディスプレイ 10インチ

10.1インチのRaspberry Piで使えるディスプレイです。
HDMIの入力端子があります。

Raspberry Pi用のディスプレイは5インチから7インチが多いサイズなので、比較的大きめです。
視野角が170度と広いので見やすいディスプレイで色が鮮やか。

評価が4つ星以上付いているノングレアのIPSモニターです。
LCD方式でスピーカー内蔵しています。スタンドやHDMIケーブル、DC 12V電源アダプター(PSE認証済み)が付属しています。

ディスプレイは1年間保証なので安心です。

価格:¥12,999
(価格は変動します。)

Raspberry Piで使えるディスプレイ 8インチ

Raspberry Piで使えるディスプレイ 8インチ
Raspberry Piで使えるディスプレイで8インチです。
スタンドを付けることができてモニターを立てて使うことができます。

IPS液晶パネルでどこの角度からでも見やすい広い視野角な89度です。
解像度はHD 1280×800 ありシャープな表示。画像が綺麗でディスプレイも大きめなので見やすいです。給電はUSB 5V/DC 12Vです。HDMIケーブルが付属しています。

対応機種:Raspberry Pi 3 Model B/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi Model A+

スペック

  • 本体サイズ:31.3 x 21.4 x 7.9 cm
  • コントラスト:800:1
  • 輝度:400cd/m²
  • 本体重量: 760 g

価格:¥8,999
(価格は変動します。)

Raspberry Piのディスプレイ 7インチ

Raspberry Piのディスプレイ 7インチ
Raspberry Piのディスプレイ 7インチのモバイルモニターIPSパネルで、静電容量式タッチスクリーンです。タッチスクリーンなので指で直接操作ができます。HDMIモニターとして使う場合はタッチ機能は使えません。

視野角が広く178°なので角度があっても見やすい画面です。スピーカーを搭載しているディスプレイで持ち運びもできます。背面にRaspberry Piを取り付けられます。
ドライバーのインストールもしなくて良いので、ラズパイ入門用として初心者の方にもおすすめです。

最新のRaspberry Pi4に対応しているディスプレイ。また、HDMIで映像入力をしてUSBケーブルで給電します。Raspberry Pi 3 2 Model B B+、 Windows PCでも使える機種です。
タッチモニターで解像度は1024×600、小さい画面ですが美しいです。

セットアップはラズパイを裏側に固定することができます。
コンパクトなサイズで電子工作やプログラミングを勉強するのにも最適ですね。

価格:¥8,399
(価格は変動します。)


Raspberry Pi用ディスプレイ 3.5インチ タッチパネル:Kuman

Raspberry Pi用ディスプレイ 3.5インチ タッチパネル:Kuman
3.5インチの小さい画面の液晶タッチパネルディスプレイで操作できます。リフレッシュレートは約50Hzです。Raspberry Pi B+、2B、3B、3B+でタッチスクリーンに対応しています。ゲームをしたりビデオを視聴するのにも対応しています。
保護ケースはラズパイ本体のホコリや衝撃、傷から守ります。
サイズ:14.1 x 10.9 x 5.1 cm

ケースに入るサイズは、バージョンがRaspberry Pi Zero W、A、 A+、B、B+、2B、3B、3B+で挿入できます。

価格:¥2,999
(価格は変動します。)

SmartiPi Touch 2 – Raspberry Pi オフィシャル 7″ ディスプレイ、RasPi、RasPiカメラ用ケース スマーティパイ タッチ2

SmartiPi Touch 2 - Raspberry Pi オフィシャル 7" ディスプレイ、RasPi、RasPiカメラ用ケース スマーティパイ タッチ2
SmartiPiのTouch 2はケースになります。「Raspberry Pi オフィシャル 7″ ディスプレイ RasPi、RasPiカメラ用ケース」は、Raspberry Pi 4や、B +、2B、3B、3A +、3B +に対応しています。ケースの背面に設置をして動作させたい時に便利です。
本体を内蔵して立たせることができて、冷却ファンが付属しています。
ディスプレイやカメラ、ラズパイ本体は別途必要になります。

価格:¥3,280
(価格は変動します。)

まとめ:Raspberry Piディスプレイにおすすめ

Raspberry Piは小さなパソコンなので画面が小さいものが多いですね。
ディスプレイのサイズは7インチから9インチあると見やすいのでおすすめです。予算にあったもので選びましょう。

ノートパソコンとRaspberry Piを接続することも可能ですが、HDMIケーブルでつなげてディスプレイとして使うなら外付けのモニターを使った方が設定は楽だと思います。ちなみに、グレア(光沢)やアンチグレア(非光沢)については小型ディスプレイでは公表されていないメーカーがほとんどです。

Raspberry Pi キットなどのフルセットでもディスプレイは付いていないものがほとんどです。
ラズパイらしいディスプレイは一般的なパソコンと違って小さくて良い感じですね。

Raspberry Piの関連記事として下記もおすすめです。
Raspberry Pi とは【できること!】
プログラミングの学習ができたりWebサーバーとして使ってみたり。
いろいろなことが勉強できるのでワクワクしますね。

Raspberry Pi 4 ケースが必要な場合には冷却ファンが付いたものかアルミがおすすめです。ディスプレイと雰囲気があうものが良いですね。