ラズパイでロボットを作る【Raspberry Pi】

ラズパイでロボットの作り方。おすすめ8選

ラズパイ(Raspberry Pi)でロボットを作ってみたい。
電子工作やプログラミングが得意なかたなら一度は思ったことがあるでしょう。自分の思い通りにロボットを動かせるのはとても楽しいです。

ラズパイでロボットを作りたい」

初めてラズパイでロボットを作るときには何からはじめて良いかよくわからないものですよね。

これからラズベリーパイでロボット制作にチャレンジするという方はキットがおすすめです。
例えば「ロボットカーキット」のようにゴールが決まっているので、ラズパイを子供と勉強しながら遊べます。
コツコツ技術を積み上げていくことでラズパイでロボットが作れるのでぜひご参考ください。

ラズパイでロボットの作り方

ラズパイでロボットの作り方
ラズパイでロボットが作れたら楽しいですね。ブレッドボードでLEDを光らせるような基礎的なことができたらロボットにも挑戦していきたいですね。
やり方としてはキットを使うか、自作で部品からそろえてモジュールを搭載して自分で考えて組み上げていくかのどちらかになります。

おすすめはラズパイのキットを使う方法です。
初心者の方でも作りやすいし、子供といっしょに動かして遊べます。

Raspberry Pi ロボット キットで作れるもの

  • ラズパイでロボットカーを作る
  • ラズパイでロボットアームを作る

車のタイプかアームのタイプが入門としては良いですね。
とくに車の形はシンプルなので初めてラズパイでモノを動かすという方におすすめです。

ラズパイでロボットを作る時にはプログラミングを勉強する必要もあります
つまり電子工作の技術とプログラムで制御する技術を使うということですね。

プログラムは得意だけど電子工作は苦手という方もいると思います。
そんな方にはプログラミングのロボット RVRから始めるのも良いですね。まずはプログラミングで車のロボットを動かしてみてラズパイで拡張できるという感じです。

まずは電子工作のようにラズパイのGPIOにブレッドボードを接続して遊んで、少しづつPythonでロボットを動かすという流れが良いですね。

ラズパイでロボットの自作をする

ラズパイでロボットの自作をする
ラズパイを使って自作でロボットを作るのはかなりハードルが高いです。
なかにはタミヤのロボットにラズパイをのせたり二足歩行ロボットを作るかたもいます。
サーボもご紹介していますが、この記事では初心者向けの製品をご紹介しています。

それでもやっぱり、キットじゃなくてパーツから自作したいという方はRaspberry Piの公式サイトがわかりやすいです。↓
>>ラズパイでバギーのロボットを自作する
この公式サイトでは、モーターにはんだ付けをしてRaspberry Pi GPIOピンに接続する方法などが動画や写真付きで具体的に紹介されています。
GPIOピン番号やPythonのコマンドまで記載されていてわかりやすいですね。

ラズパイ ロボットのおすすめ8選

ロボットカー ラズパイ用:Kuman


ロボットカー Raspberry Pi用:Kuman
Kumanのラズパイで使えるWi-Fiで動かすロボットカーです。
Raspberry Pi 4Bに対応しているキットでロボット工作で必要なパーツがそろっています。カメラが付属しており車に取り付けて撮影できるようになっています。

ロボットはクラウドプラットフォームのサーボモーターで駆動します。
※ラズベリーパイ本体は別途必要です。

●選ぶポイント

  • ラズパイで組み立てられる初心者向けのキット
  • システムがMicro SDカードにプリインストールされている
価格:¥12,900
(価格は変動します。)


プログラミング ロボット RVR:Raspberry Pi対応


プログラミング ロボット:Raspberry Pi対応
RVRはRaspberry Piと接続できるプログラミングできるロボットです。

Sphero EduアプリでRVRを動かしたりプログラミングできます。
スフィロ社が作った教育目的のロボットなので子供といっしょに遊ぶと良いですね。
箱から出してすぐ使える状態になっており、ラズパイは拡張して使うような使い方です。

●選ぶポイント

  • プログラミングでロボットを動かせる
  • 色のセンサーがありスマホを使ってプログラミングが可能。
価格:¥30,118
(価格は変動します。)


ラズベリーパイのロボット カーキット:UCTRONICS


ラズベリーパイのロボットカー キット
UCTRONICSのラズパイで使えるロボットのカーキットで、Raspberry Pi 4b,3bで使えます。iPhoneアプリで動かすことができます。Amazonで評価が良いロボットのキットです。
(Raspberry Pi本体は別途必要です。)

Raspberry Piのロボット キットにはカメラやセンサーなど色々な部品が付いています。電子工作のような楽しさがありますね。

付属品

  • ラズベリーパイ用5MPカメラモジュール
  • ラズベリーパイ用L293Dドライバボード
  • HC-SR04超音波センサーモジュール
  • ライントラッキングモジュール
  • 9gマイクロサーボモーター
  • HC-SR04用ホルダー
  • 赤外線リモコン
  • 車のシャーシ
  • モーター・ホイール
  • バッテリーコンテナ・充電器など

●選ぶポイント

  • センサー、カメラ、バッテリーや充電器など豊富な部品
価格:¥10,300
(価格は変動します。)


ロボットアームキット RaspArm ラズパイ対応


ロボットアームキット ラズパイ対応
RaspArmはロボットアームのキットです。
互換性のあるラズパイは、Raspberry Pi 4、3、2B、B+です。
有線リモコンでアームを制御します。
Pythonなどのプログラムで人間の腕のように動かせるのは魅力的ですね。
LCDディスプレイモジュールで動作状態を表示できるのが特徴です。

価格:¥13,000~
(価格は変動します。)


4足歩行ロボットキット ラズパイ対応:Adeept


4足歩行ロボットキット ラズパイ対応
Adeeptのラズパイで動く4足歩行ロボットです。
Raspberry Pi 4/3B/3B+/2B/2B+ に対応しています。
ロボットはPythonで動かします。
チュートリアルは英語ですが写真が多く解りやすいですね。
マニュアルにはインストールの方法や作り方についてのQ&Aのページもあり丁寧です。
>>ラズパイ ロボットの作り方のマニュアル

蜘蛛のように足が動くロボット。
土・日の休みの時にラズパイでこれを作ったら楽しいですね。

価格:¥12,348
(価格は変動します。)


モーター付き4WDロボットシャーシキット ラズパイ対応


モーター付き4WDロボットシャーシキット ラズパイ対応

ラズパイに対応している4WDのロボットです。
シンプルな構造なのでわかりやすく電子工作の初心者におすすめです。
モーターやタイヤ、ドライバーなどが付いています。

価格:¥15,000~
(価格は変動します。)


GoPiGo3 ロボット ベースキット ラズパイ


GoPiGo3 ロボット ベースキット ラズパイ

GoPiGo3はラズパイで使える車の形のロボットです。
Raspberry Pi B+/2B/3Bに対応しています。

シャーシーやフレーム、車輪、モーター、エンコーダー、GoPiGo3のボードなどがセットになっています。
組み立てながらラズパイで学ぶことができます。

価格:¥32,000
(価格は変動します。)


サーボモーター ロボット自作用 ラズパイ


サーボモーター ロボット自作用 ラズパイ
自作でロボットを作るためのサーボモーターです。
ラズベリーパイで動作します。
中心からそれぞれ90度動く仕様で、サーボは約180度回転します。

スペック

  • サイズ:23mm*12.2mm*29mm
  • 回転トルク:1.5kg/cm
  • 作動電圧:4.2-6V
価格:¥2,100
(価格は変動します。)


まとめ

これからロボット作りに挑戦するならラズパイのロボット キットは良いですね。
電子工作やプログラミングをロボットを作ることで自然と勉強になります。

まったくプログラミングをしたことがないかたは、ラズパイでも使える「scratch」のような初心者向けのソフトウェアで考え方を学習すると良いですね。

自分が考えた設計でロボットを動かせたら最高です。
クリエイティブに色々なものが作れますね。


ラズパイ ロボットの関連情報
プログラミングも回路図を書いてパイソンでプログラミングもできるという方は下記の記事もご参考ください。
>>ラズベリーパイ できること

これから始めるならラズパイ 入門の記事もどうぞ。

参考文献

Raspberry Pi 公式のサイト