Razer BlackShark V2レビュー! XとV2 Proも【比較】

Razer BlackShark V2レビュー

Razer(レイザー)のBlackSharkのレビューです。
シリーズではBlackShark V2、V2 X、V2 Proがありヘッドセットの見た目も似ているので特徴をわかりやすくレビューしています。
また、3機種を比較して違いを表にして比べているのでご参考いただければと思います。

(比較表は下の方にあります。)

Razer BlackShark V2 シリーズの特徴

Razer BlackShark シリーズは、ゲーマー向けのヘッドセットでeスポーツに最適です。Razerのロゴがイヤーカップに入っておりゲーミングらしいデザインです。
丸いイヤーカップから耳を覆うような形状になっておりBlackShark V2、V2 Pro、V2 Xどれもドライバが大きい50mmを搭載しています。

また、「Razer Kraken」322gに比べて重量も軽く改善されています。
V2 Proは「320g」、V2は「262g」、V2 Xでは「240g」になっています。V2 Proはワイヤレスなので重くなりやすいところですが軽く仕上がっていると思います。

Razer BlackShark V2の選び方

Razer BlackShark V2の選び方

出典:Razer(レイザー)

Razer BlackSharkは見た目も似ているのでどれを選べば良いかわからなくなるかもしれません。
それぞれの特徴をまとめてみました。

● Razer BlackSharkの特徴

  • 「BlackShark V2 Pro」2.4GHzワイヤレスで無線で接続が可能
  • 「Razer BlackShark V2」3.5mm有線接続で、USB サウンドカード付き、THX Spatial Audio、取り外し可能なマイク
  • 「Razer BlackShark V2 X」3.5mm有線接続で、7.1. サラウンドサウンド

3つ比べると「V2 X」はエントリ向けのスペックになっています。細かなところでいえば、V2だとSpeedFlex ケーブルですが、Xだと標準ゴム製ケーブルになっています。

Razer BlackShark V2 シリーズ

Razer BlackShark V2 Pro ワイヤレス ゲーミングヘッドセット


Razer ワイヤレス ゲーミングヘッドセット BlackShark V2 Pro
Razer(レイザー)のワイヤレスゲーミングヘッドセットで「BlackShark V2 Pro」は超低レイテンシーで無線で使えるタイプです。
「RAZER HYPERSPEED WIRELESS」で遅延が少なくロスレス音源を楽しめます。

サウンドはカスタムダイナミック50mmドライバを搭載しており鮮明な音質です。
特許を取得している「Razer TriForce チタン 50mm ドライバー」はチタンコートのダイヤフラムで低音域、中音域、高音域がクリアな音質でパワフルに届きます。独自設計のハウジングでハイエンドなオーディオを楽しむことができますね。
THX Spatial Audioにより立体音響のサラウンドサウンドが楽しめるヘッドセット
イヤーカップは密閉型で遮音性のあるパッシブノイズキャンセリングで雑音を除外する機能があります。メモリーフォームイヤークッションで装着感に優れています。

マイクは高感度で低周波数特性に優れたRAZER HYPERCLEARのスーパーカーディオイドマイクを搭載。単一指向性で口元にマイクを近づけてボイスチャットができます。マイクの設定は「Razer Synapse 3」で調整することが可能です。マイクハウジングは声を忠実な音質で集音するオープン設計になっており、はっきりした音声で話すことができます。

PCやPS5 PS4 Xbox Switchで使うことができます。接続は2.4GHZ ワイヤレスおよび 3.5mmアナログに対応しています。

RZ04-03220100-R3M1 / 日本正規代理店保証品

接続ワイヤレス / 3.5mm
ドライバー直径50mm
重量320g
周波数特性12 Hz ~ 28 kHz
バッテリーリチウムイオン 電池内蔵
電池寿命 最長24+時間
発売日2020年9月
価格:¥22,980
(価格は変動します。)


Razer BlackShark V2 ゲーミングヘッドセット


Razer BlackShark V2 ゲーミングヘッドセット
Razer(レイザー)の「BlackShark V2」ゲーミングヘッドセットです。
USBサウンドカードが付いており音質にこだわってゲームをしたいかたにおすすめです。
THX Spatial Audioの7.1ch 立体音響に対応しており周囲の方位だけでなく上下の空間性も感じ取ることができます。
50mmドライバは特許技術採用チタンコートで高遮音性イヤーカップの仕様です。
FLOWKNIT製のメモリーフォームイヤークッションでフィット感が良く頭の締め付けも軽減します。汗をかいても通気性に優れた素材なのでムレにくいのが良いですね。
ちなみに、イヤークッションはボロボロになったら交換できるパーツがサードパーティー製で販売されているので長く使えます。単一指向性マイクはノイズキャンセリングに対応しており、取り外しが可能になっています。

接続は、アナログ3.5mmとUSBサウンドカードに対応しておりジャックやポートに差し込むだけで使えるので設定も簡単です。
日本正規代理店保証品 / RZ04-03230100-R3M1

レビューでも評価の高い機種で、5つ星中4.6の点数が付いています。音質が良いという口コミが多いですね。

接続3.5mm / USB サウンドカード
ドライバー50mm
重量262g
周波数特性12 Hz ~ 28 KHz
発売日2020年8月
価格:¥12,980
(価格は変動します。)


Razer BlackShark V2 X ゲーミングヘッドセット


Razer BlackShark V2 X ゲーミングヘッドセット
Razer(レイザー)の「BlackShark V2 X」は、軽量なゲーミングヘッドセットで重さは240gなので長時間のゲーミングでも快適な装着性です。イヤーパッドは通気性の優れたソフトなレザーレット製のクッションです。

高遮音性イヤーカップには特許技術採用50mmドライバを搭載しており7.1chサラウンド サウンドでオーディオを聴くことができます。
敵の足音や方向なども把握しやすくなり、eスポーツに最適です。
また、仲間との通話にかかせないマイクは、ノイズキャンセリングの単一指向性マイクを搭載しています。

3種類の中では一番価格の安いモデルで、満足感も高くコスパ通いですね。
3.5mmアナログミニプラグの端子なので互換性が高く、接続が可能なPC、Mac、PS4、Xbox One、Nintendo Switch、モバイルデバイスに対応しています。
日本正規代理店保証品 / RZ04-03240100-R3M1

接続3.5mmミニプラグ
ドライバー50mm
重量240g
周波数特性12Hz ~ 28KHz
発売日2020年8月
価格:¥7,480
(価格は変動します。)

Razer BlackShark シリーズの比較

Razer BlackShark シリーズを比較すると接続方法や仕様が異なるのがわかります。
「BlackShark V2 X」は価格がかなり違いがありますが、基本仕様としては決して低い機種ではないと思います。他のメーカーでは40mmのドライバーなども多いです。

←比較表はスクロールできます。→

比較BlackShark
V2 Pro
BlackShark
V2
BlackShark
V2 X
デザインV2 Pro

Amazonで見る

Amazonで見る

Amazonで見る

価格¥ 22,980¥ 12,980¥ 7,480
重さ320g262g240g
ドライバーRAZER TRIFORCE
チタン 50mm
RAZER TRIFORCE
チタン 50mm
RAZER TRIFORCE 50mm
音響THX 立体音響THX 立体音響7.1 ch
接続ワイヤレス/
3.5mm
3.5mm/
USBサウンドカード
3.5mm
マイク取り外し×

※価格は変動するのでAmazonの販売ページにてご確認ください。

まとめ

Razer(レイザー)のゲーミングヘッドセットはRazer BlackShark V2になってからイヤーカップの形状も変わってかなりスタイリッシュでカッコよくなりました。
ネットでのレビューでも音質の評価が高く50mmのドライバでゲームの効果音や音楽など迫力のあるサウンドが楽しめる機種ですね。
個人的には有線のBlackShark V2がおすすめです。スーパーカーディオイドマイクはクリアな音質なのでボイスチャットがしやすくゲームが楽しめますね。


Razer ヘッドセットの関連情報
Razer Kraken
Razerのゲーミングヘッドセット

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて価格とスペックのご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)