モバイルプリンターおすすめ10選! 2023年どこでもプリント

モバイルプリンターおすすめ

モバイルプリンターでおすすめの商品をご紹介しています。外出先でどこでも気軽に印刷できるのは便利です。
スマホから直接プリンターへ接続して写真を気軽に印刷できる製品は楽しいですね。サイズが小さくバッテリーを搭載していて、ノートパソコンから書類を印刷できるモデルもあります。
用途によって選択できるように、選び方もあるので、ぜひご参考ください。

コンテンツについて、一部にアフィリエイト広告が含まれます。なお、ランキングや内容は独自の解説です。

モバイルプリンターの選び方

モバイルプリンターの選び方

出典:Canon(キヤノン)

持ち運びしやすい製品を選ぶ

モバイルプリンターの用途によって製品の構造に違いがあり、大きく分けて3種類です。まずは、一般的なインクジェットプリンターでサイズが小さいコンパクトなタイプで、省スペースで使いたいときにおすすめです。
次に持ち運びができるバッテリー搭載しているモデルで、ビジネスでプリントするようなシーンでおすすめです。最後に、スマホの写真印刷をその場でプリントしたいようなアイテムがあります。

インクジェットや感熱式など印刷の種類

インクジェットや感熱式など印刷の種類

出典:Canon(キヤノン)

印刷方式の種類にはインクジェットや感熱式があります。インクジェットは家庭用プリンターの多くの製品に採用されています。コンパクトなモデルで、染料インクや顔料インクを用紙に印刷することが可能です。
持ち運びでは感熱式もあり熱を加えることで印刷します。いわゆるサーマル印刷方式は色がモノクロの場合がほとんどです。また、カートリッジとリボンのどちらも使わない、用紙にインクがあるZINK印刷ではフルカラーで印刷が可能です。

機能で選ぶ

モバイルプリンターを選ぶときにチェックすべき機能は、「スマホから印刷ができるかどうか」、「サイズはどれぐらいの大きさ?」、「持ち運びをするならどれぐらいの重量?」というところでしょう。
スマホはiPhoneやAndroidがありますが、BluetoothやWi-Fiに対応にしていれば全てのパソコンで対応しているわけではないので、確認したほうが良いでしょう。また、持ち運びをするなら収納できるサイズかどうか、大きさも機能性の一つになります。

モバイルプリンターのおすすめ

Canon SELPHY SQUARE QX10 スマホ対応プリンター


Canon SELPHY SQUARE QX10 スマートフォン用プリンター
Canonのコンパクトなスマホ対応プリンターでSELPHY SQUARE QX10です。
昇華型熱転写方式で耐久性があるのが特徴。黒の表現やグラデーションなども滑らかで美しく高画質な仕上がりになります。
鮮やかな色味で写真をプリントができるのでフォトグラファーも楽しくプリントできます。
写真はオーバーコート仕上げでアルバムで100年保存することが可能です。
接続はWi-Fiでダイレクトにプリントすることができます。用紙はXS-20Lが対応しています。

● 選ぶポイント

  • 長期間保存ができて美しい写真をプリントできる
  • 持ち運びしやすい小型のプリンター


キヤノン(Canon) A4モバイルプリンター TR153


Canon A4モバイルプリンター TR153
Canon TR153はコンパクトなサイズのインクジェットプリンターです。家庭で仕事をするテレワーク向けにおすすめです。

4色カラーの染料インクと1色(ブラック)のハイブリッドで、写真は鮮やかに文字はくっきり印刷することが可能。
外付けのバッテリー(別売り)を取り付けられるので、持ち運びをするモバイルプリンターとしても使えます。電源となるバッテリーは必要ですが、外出先で印刷をしたいビジネスシーンなどで便利です。

用紙サイズは最大A4まででハガキなども印刷できます。印刷コストはA4モノクロで約6.9円、カラーは約13.4円です。1.44インチでモノクロのパネルが付いています。
サイズは約322×185×66mmで約2.1kgの重さです。

スペック

  • メーカー:Canon(キヤノン)
  • 製品型番:TR153
  • 発売日:2020年4月
  • 給紙:50枚(普通紙)、20枚(はがき)

選ぶポイント:

スマートフォン対応モデル

  • ダイレクト接続のワイヤレスでスマホやタブレットからもプリントできる


キヤノン(Canon) iNSPiC PV-123-SP


Canon スマホプリンター iNSPiC PV-123-SP
キヤノン(Canon) iNSPiC PV-123は、コンパクトなスマートフォン専用のミニフォトプリンターで写真用に最適です。外出するときに携帯できるサイズで、持ち運びできるので人気があります。

用紙にインクが入っているZINKペーパーにより、インクカートリッジは不要なのが特徴です。専用のフォトペーパーはシールになっているので切って貼ったりすることができます。

軽量で160gなので持ち運びに便利。カバンにスマホとプリンターを入れておいて、ポータブルにどこでも写真を印刷したい方におすすめです。

スペック

  • メーカー:Canon(キヤノン)
  • 製品型番:PV-123-SP
  • 発売日:2018年9月
  • サイズ:118(縦)×82(横)×19(高さ)mm
  • 重量:160g


HP(ヒューレット・パッカード) OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ


HP モバイル プリンター OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ
HP OfficeJet 200 Mobile(CZ993A#ABJ)でモバイルプリンターです。別売りのバッテリーを使えば持ち運びができます。

スマホのアプリを使えばインク残量を確認したりプリントなどが可能です。iOSとAndroidに対応しています。
他のメーカーとの違いはインクカートリッジにヘッドが付いているので、インク交換時に目詰まりが解消されるのが特徴です。

印刷コストはモノクロで約4.9円、カラーで約12.1円です。(文章を印刷した場合の費用です。)プリンター本体は3万円以下で購入できる機種ですね。(価格は2023年05月29日23:11の時点で、税込み25,279 円)

スペック

  • メーカー:HP(ヒューレット・パッカード)
  • 製品型番:OfficeJet 200 Mobile (CZ993A#ABJ)
  • 寸法:364×186×69mm
  • 重量: 2.1kg

● 選ぶポイント

  • コンパクトなサイズのA4インクジェットプリンター


和信テック サーマルプリンター XP-P8101B バッテリー搭載


和信テック サーマルプリンター XP-P8101B
和信テックのサーマルプリンター XP-P8101Bです。感熱ロール紙に印刷をします。
11.1V/1200mAhのバッテリーを搭載しており、充電をすれば持ち運びでプリントすることができます。実際、インクジェットと比べるとインクが漏れることがないのがメリットです。
レビューでは印刷品質も綺麗というコメントもあります。

モバイルプリンターの中では安価なモデルです。なるべく安い商品を探してる方は注目ですね。

スペック情報

  • サイズ:260mmx 78mm× 50.5 mm
  • 重量:750g
  • 付属:ACアダプター、USB-Cケーブル、説明書など

選ぶポイント:

モノクロで業務用に最適

  • モノクロの印刷で業務用に最適


brother(ブラザー) モバイルプリンター PocketJet PJ-763


ブラザー モバイルプリンター PocketJet PJ-763
brother(ブラザー)製のモバイルプリンターでPocketJet PJ-763です。コンパクトな大きさで幅は255mm×55mm×30mmのサイズです。持ち運びをするときにプリンターの重量は悩みになりますが、重さは約480gで軽量です。また、リチウムイオン電池のモバイルバッテリーを装着すると約610gになります。

サーマル印刷のコンパクトプリンターで以前のPCシリーズと比較して約1.3倍ほど印刷スピードが速くなっており、複数印刷にも対応できます(約7.5秒/枚)。接続はUSB2.0またはBluetoothで接続できます。
ビジネスでプリンターを持ち運びしたい方におすすめです。文書などをすぐに印刷できます。

※iAPで接続したい場合にはPJ-763MFiを選ぶ必要があります。

スペック

  • メーカー:brother(ブラザー)
  • 製品型番:PJ-763
  • サイズ:255×55×30mm
  • 重量:約480g


エプソン(EPSON) ビジネスプリンター PX-S06B


エプソン ビジネスプリンター A4 モバイル カラーインクジェット ビジネス向け PX-S06
エプソン PX-S06はモバイルプリンターでA4サイズまで印刷できるカラーインクジェットです。営業先で役立つビジネスプリンターですね。

サイズは幅309×奥行き159×高さ61mmで重さが1.7kgなので持ち運びができるサイズになっています。内蔵バッテリーを搭載しているのが特徴です。充電をするとモノクロでは100枚、カラーで50枚まで印刷ができます。

接続は無線LAN(2.4/5GHz)、Wi-Fi、USBに対応しています。ビジネスインクジェットプリンターで使いたい方におすすめです。

スペック

  • メーカー:EPSON(エプソン)
  • 製品型番:PX-S06B/W
  • 発売日:2019年5月

選ぶポイント:

有線と無線の接続に対応

  • Wi-Fi Directに対応、有線で使うUSBケーブルも付属


HPRT MT800 A4モバイルプリンター ポータブル


HPRT MT800 A4モバイルプリンター ミニ  ポータブル
HPRT MT800は、A4モバイルプリンターです。携帯性が高くコンパクトな大きさ。ポータブルに持ち運びができるので、ビジネスやアウトドアのシーンに最適です。
熱転写でインクリボンで印刷する仕様です。ビジネスバッグなどに入れても、インクもれのリスクがないので安心ですね。

解像度は300dpiで印刷速度は15mm / sです。スマートフォンではアプリをダウンロードします。パソコンではドライバーをインストールする必要があります。

サイズは、310.5×63.5×39.5mm。重量が約694g(本体のみ)で軽いのが魅力。


Canon PIXUS iP110 コンパクト インクジェットプリンター


Canon PIXUS iP110 コンパクトなインクジェットプリンター
Canon PIXUS iP110は、コンパクトで小型のインクジェットプリンターです。
サイズは幅が約322mm×奥行185mm×高さ62mm。
インクはフルカラーに対応しており5色のハイブリッドで、文字だけでなく写真のようなカラーも印刷ができます。高密度プリントヘッドにより最高9600dpiで高精細にプリントができます。
別売りのモバイルバッテリーで持ち運びに便利。


キヤノン(Canon) コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300


キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300
キヤノンのSELPHY CP1300はコンパクトフォトプリンターです。スマホやPCからWi-FiやUSB接続ができる熱転写方式の小さなプリンター

スマホとの接続が簡単でiPhoneやiPadでは専用アプリのAirPrintで画像などを印刷できます。また、USBフラッシュメモリーにも対応しています。カードサイズの用紙やシール用紙にも印刷が可能で、ランニングコストはLサイズで約27.5円です。

口コミでは手軽に写真が印刷できるので便利という声が多いですね。画質は300dpiなので高精細というわけではありませんが、すぐに印刷できるのが魅力です。

スペック

  • メーカー:Canon(キヤノン)
  • 製品型番:SELPHY CP1300
  • 発売日:2017年10月
  • サイズ:180.6(幅)×135.9(奥行き)×63.3(高さ)mm

商品についてひとこと

持ち運びで便利なモバイルプリンターやスリムなプリンターを解説しました。フォトプリンターはスマホで撮影した写真を印刷するなら、すぐに家族や友人にプリントして渡せるのがメリットです。デメリットは専用の用紙だとやや高いですが、悪いというよりは特徴その場で一緒に印刷物を楽しめる感じを大事にしたいものです。

ビジネス用よ小型モデルはオフィスに配置するタイプよりも、チウムイオンバッテリーを搭載しており持ち運びできるタイプをご紹介しました。レシートなどをその場で印刷するような場合に便利です。一方、多くの書類や資料を印刷するならレーザーなど、印刷するスピードが速い方が好まれるでしょう。

いずれにしても、モバイル用途のプリンターは、外でどれだけ使えるかという時間は大事になります。バッテリーの容量も合わせてチェックしておくと良いですね。


モバイルプリンターの関連商品
家庭用プリンター
スマホ対応プリンター
コンパクトプリンター
写真プリンター
A4プリンター

著者情報タロー

タローが解説しました。私はもともと販売を経歴としていて、現在はパソコン・周辺機器・ゲーム業界に関連する情報を執筆と監修をしています。趣味はパソコンのカスタマイズで、20年以上多くのデバイスを使ってきた経験があります。詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

監修

「オススメPCドットコム」編集部にて記事の詳細、価格や機能性、問題や選ぶ理由を総合的に調べて、ユーザーに最適な選択をサポートできればと思います。

●購入のご注意点 ― ショップやメーカーなど販売店のサイトにて、商品に基づく詳しい情報をご確認ください。価格やスペック、保証などのサポート内容が変更されることがあります。このサイトは日本で利用できるサービスです。