UPS(無停電電源装置)おすすめ!評判の良いCyberPower

CyberPowerのUPS

停電のパソコンはCyberPowerの無停電電源装置(UPS)で備えましょう。

自然災害はいつ起こるのかわかりません。
パソコンも停電に備えておけば安心です。

突然の停電でパソコンが落ちて、もう起動しないとなると冷や汗ものです。
UPSではCPJ500が正弦波出力で使いやすく人気です。

無停電電源装置の人気メーカー

CyberPower(サイバーパワー)やAPC、日本のブランドではオムロンが評判が良く人気があります。
UPSはデータを守るために大事な機器ですね。

おすすめの無停電電源装置

CyberPower 無停電電源装置

CyberPowerはUSPに特化した専門の会社です。
台湾の会社なので安いですがグローバルに展開しており、UPSでは世界シェア4位を誇る信頼できる会社です。
日本のオフィスは株式会社サイバーパワー・ジャパンという法人名です。

CyberPowerの無停電電源装置は接続すればOKなので簡単です。
ブレーカーが突然おちても10分程度、自動でシャットダウンの猶予をパソコンに与えるので安全です。

パソコンにCyberPowerの専用ソフトをインストールすると電源装置の状況をモニタリングすることができます

アマゾンでも非常に評価の高いUPSです。
自宅のパソコンやNASで使うにはピッタリの機能という声が多いですね。

CyberPower 無停電電源装置
常時商用給電/矩形波出力
550VA/330W CP550JP

スペック

  • 商品パッケージの寸法: 25 x 14.7 x 8.3 cm ; 2.5 Kg
  • 発送重量: 3.3 Kg
  • 電池 1 非標準バッテリ 電池(付属)

価格:¥5,809
(価格は変動します。)

CyberPower 無停電電源装置 (ラインインタラクティブ給電/正弦波出力) 500VA/300W CPJ500

CyberPower uninterruptible power supply sine wave output

CyberPowerのコンパクトな無停電電源装置です。
電力不足になるとピーっと音が鳴ります。

USBでパソコンとつなげれば監視することもできます。
小型の無停電電源装置で自宅用として便利という評価が高いですね。

スペック

  • サイズ: 28 x 9.2 x 16.5 cm
  • 重さ: 3.69 Kg
  • 電池 1 12V形 電池(付属)

価格:¥10,820
(価格は変動します。)

オムロン 無停電電源装置 500VA/300W BY50S

オムロン 無停電電源装置 500VA/300W BY50S

オムロンの無停電電源装置(UPS)も有名ですね。
中でも「BY50S」の機種は安定性のある機種で、シャットダウンソフトも付いているので安全に電源を落とせます。
密閉型(シール)の鉛バッテリーで、容量は500VA / 300Wです。


シュナイダーエレクトリック(APC) Smart-UPS 750 LCD 100V SMT750J

シュナイダーエレクトリック Smart-UPS 750 LCD 100V SMT750J
シュナイダーエレクトリック(APC)のSmart-UPS 750 LCD 100Vです。
動作効率が高く光熱費を減らして発熱を減らします。グリーンモードで40~50%の消費電力を削減します。停電で500Wで運転をした場合には4分の可用性があります。
サーバーやルーター、スイッチ、ハブなどで使いやすいUPS。

価格:¥34,000
(価格は変動します。)

無停電電源装置のおすすめ

停電に備えて無停電電源装置を用意しておくのがおすすめです。

停電の時にはパソコンの電源を切っておくのが安全です。
台風の時には突然ブレーカーがバチっと落ちて、停電は起こるのでシャットダウンできるようにしておくのに必要なのが無停電電源装置ということです。

つまり、突然パソコンの電源がダウンをするとデータを失う可能性があるので、正常にシャットダウンができるように時間稼ぎができるというわけですね。

パソコンは無停電電源装置

データーを失わないように安全にシャットダウンするためには無停電電源装置のような補助電源が必要です。

瞬間的に電源が落ちると影響が受けやすいのがハードディスクです。
データをコピーしていたり録画をしていたりすると3割ぐらいの確率でエラーが出てきます。

Windowsアップデートで更新がなかなか終わらずに、やむなくパソコンをシャットダウンをしてパソコンをクラッシュさせたことがある方ならおわかりいただけると思います。
それほどHDDが動いている途中に電源を切ることは危険なのです。

無停電電源装置(UPS)とは?

無停電電源装置(むていでんでんげんそうち)とは停電したときに電源を供給し続けられる装置です。
一般的にはUPSとも呼ばれます。
UPSはUninterruptible Power Supplyの略ですね。

サーバーにはUPSを備えるのは必須ですがパソコンにはあまり付けているひとはいないでしょう。
ですが、パソコンにデータを蓄積しているようなプログラマやゲーマーの方はUPSがあったほうが安心です。

データが吹っ飛んだらいままでの作業は泣きの涙になってしまいます。
いままでの努力の集積であるデータが消えることのないようにパソコンを多く使う方こそ備えが必要ですね。

無停電電源装置は5千円~3万円ぐらいで買えます。
安いものでもぜんぜん良いのであると安心感がまったく違います。

台風などでは突然の停電もある

台風で停電になる

日本はとても台風が多い国です。
1年で20回以上台風がくる年もあります。

台風などでは突然の停電もあるのでパソコンも対策をしておいたほうが安心です。

停電の時には電源を確保

緊急の時はいつ来るかわかりません。
台風だけでなく、雷で停電することもあります。
雷から電源を守る時には電源タップでガードをするのがおすすめです。

停電の時には電源を確保することでパソコンを被害から守ることができます。

まとめ

停電でパソコンの被害を受けた方が購入するのが無停電電源装置です。
でもデータを失う前に用意しておきたいものです。

次に起こる停電は台風ではなく雷の影響かもしれません。
「備えあれば憂いなし」ということですね。

パソコン設備の台風への備え関連記事
台風や落雷などの備えとして、エレコムの雷サージの電源タップもおすすめです。