キーボードスライダーのおすすめ10選!机下に収納も

キーボードスライダーのおすすめ

キーボードスライダーのご紹介です。

「効率的にパソコン作業できる机を使いたい。」
というかたは、後付でキーボードスライダー(キーボードトレイ)を取り付ければ机下に収納することができます。
また、机上台のタイプはモニターの位置も上がって視点や姿勢が改善されるので肩こりを軽減できます。

どちらもキーボードを収納すればスペースができてパソコンデスクの上が広く使えます。
作業効率が良くなるのでおすすめです。

キーボードスライダーの選び方

キーボードスライダーを選ぶ時には2タイプあります。

  • 机にクランプで設置するキーボードスライダー
  • 机上台とよばれるモニターをのせて下にキーボードを収納するタイプ

クランプで机に後付するキーボードスライダーはタイピングの位置が下がるのがメリットです。
長時間のPC作業による背中のこりや肩こりなどがある方におすすめです。

机上台の場合はモニターの位置を上げられるというメリットと机の上を整理できるのが良いですね。種類によってはUSBポートが使える台もあります。PCキーボードの置き場所として机の下のスペースを活用することでスマートに整頓できます。
ディスプレイの位置を調整する目的であれば、モニターアームを使うという方法もあります。

クランプ式のスライダーは、キーボードを未使用時に下に収納ができます。机上台でもデスクの上を広く使えるのが良いですね。特に資料を机に置いて仕事をするようなビジネスをしている方は便利です。

キーボード スライダーの使い方

キーボード スライダーの使い方

出典:Bauhutte (バウヒュッテ)

キーボードスライダーで肩こり解消

なぜキーボードスライダーで肩こりが改善できるのかというとポイントは2点あります。

1.腕を上げてタイピングしなくても自然な位置で打鍵できる。
2.机から25cmぐらいキーボードを打つ位置が手前になるので、ディスプレイから目を離して作業することができます。

タイピングする時に姿勢が前のめりにならないのがキーボードスライダーのメリットです。
また、エルゴノミクスタイプではキーボードの高さや角度を変えられるタイプもあります。

キーボードスライダーで作業効率が上がる

キーボードスライダーの上にキーボードを置くので机の上が新たにスペースがうまれます。
机にはノートや資料などを置けるので作業スペースが広くなります。

例えば、プログラミングの参考書を机に置きながら、スライダーにキーボードを置いてコーディングする。というような時に良いですね。
机は広く使えた方が効率的です。

キーボード スライダーのおすすめ9選

Bauhutte (バウヒュッテ) 後付け 大型キーボードスライダー BHP-K70-BK


Bauhutte (バウヒュッテ) 後付け 大型キーボードスライダー BHP-K70-BK
Bauhutte (バウヒュッテ) の後付けタイプのキーボードスライダーです。
デスクにクランプで取り付ける大型のタイプ。
机の手前と奥の4点で設置するので安定して使えるのが特徴です。
ちなみにバウヒュッテのぼっちテントも作業効率アップにおすすめです。

キーボードをスライダーにのせて使います。引き出した時にキーボードが落下しないようにバーが付いているので安心です。
使わない時には引き出しをしまうこともできるので省スペースですね。しっかり固定してスムーズに引き出せる商品です。

トレイの幅は695mmまで置けます。フルキーボードの横幅は通常450mmぐらいなのでマウスも配置が可能です。

サイズ幅841mm × 奥行406mm(406~706mm) × 高さ114mm
天板の耐荷重8kgまで

●選ぶポイント

  • 4点でしっかり固定できる安定した大型キーボードスライダー


サンワダイレクト キーボードスライダー 後付け


サンワダイレクト キーボードスライダー 後付け
サンワダイレクトのキーボードスライダー 100-KB003です。Mサイズはフルキーボードとマウス収納に対応しています。
トレイでキーボードを天板の下に収納できるのでデスクが狭いときに便利です。

サンワダイレクトのキーボードスライダーは4種類から選べます
Mサイズ、Sサイズ、奥行きがあるノートパソコン用、トレーの角度調整(15°まで可能)ができるタイプから選べます。

デスクにクランプで後付けできます。設置や取り外しなどが楽で、クランプにはクッションが付いているため傷が付かないようになっています。

サイズ約W816.5×D310×H155mm
天板の耐荷重10kgまで

●選ぶポイント

  • ノートパソコン用や角度調整タイプも選択可能


イーサプライ キーボードトレイ 後付


イーサプライ キーボードトレイ 後付
イーサプライのキーボードトレイ「EZ1-KB005」です。
このキーボードトレイは後付でデスクに取り付けられるタイプで角度の調整可能になっています。タイピングしやすい傾きに調節できます。
角度は上下15度まで変えられます。総耐荷重が9kgまでのせられるので安定性があります。

キーボードはスタンドの下に収納することもできて、机の上が広々ですね。
クランプはスチール製、棚板部はHIPS(ハイインパクトポリスチレン)です。

デスク周りを整理してPC作業に集中できます。

サイズ約W680×D300×H128mm
天板の耐荷重9kgまで

●選ぶポイント

  • クランプの高さと角度の調整が可能


コクヨ キーボードスライダー 棚1段 EAS-DSC6079M


コクヨ キーボードスライダー 棚1段 EAS-DSC6079M
コクヨのキーボードスライダーは机の上に置くタイプです。
パソコン台に引き出しのトレーが付いており、その下のスペースにキーボードを収納します。

モニターの高さが低い場合には視線が上がるので見やすくなります。
机周りを整理できるキーボードスライダーで、細かな文房具などがトレーへ入れればスッキリ。

天板の耐荷重は20kgまでなので、ディスプレイのとなりにノートやPCスピーカーなどを置くことも可能です。
※レビューではキーボードはスライドしないという声があります。たしかに、スライドというよりは収納するような使い方です。

サイズ600×225×152mm
天板の耐荷重20kgまで

●選ぶポイント

  • モニターの位置を少し上げられる机台


ナカバヤシ キーボードスライダー ナチュラル木目 DTR-201NM


ナカバヤシ キーボードスライダー ナチュラル木目 DTR-201NM
ナカバヤシの机上ラックタイプのキーボードスライダーです。
DTR-201NMは「ナチュラル木目」で自然な雰囲気で机に配置できます。
木目は色の濃い「ダーク木目」もあり、インテリアにも合わせやすいですね。

モニターをラックにのせて使うため下のスペースを有効に活用できます。
キーボードをしまえるので、机の上で書類やノートを使うことが多い方におすすめです。

キーボードを使わない時には下へ収納します。
キーボードをのせるスライダーはフリーで動く仕様になっています。

サイズモニタ台/W550xD250x120mm
キーボードテーブル/W500xD250xH40mm
耐荷重モニタ台/20kg
キーボードテーブル/5kg

●選ぶポイント

  • 机の上を広く使えるキーボードスライダー


リヒトラブ 机上台 白 A7332-0


リヒトラブ 机上台 白 A7332-0
人気のリヒトラブ(Lihit lab.)の白い机上台です。
スライダーではなくキーボードトレイで机の上を有効に使えます

足には滑り止めも付いており組み立ても簡単です。
しっかりした作りなのでスリムタイプ以外のモニターでも置くことができます。
カラーはホワイト(白)、ブラック(黒)、赤、黄緑があります。また、USBのハブが付いているタイプも選択可能です。

レビューでも高評価で買った良かったという声が多い製品です。

サイズ幅590mm×奥行250mm×高さ80mm
天板の耐荷重15kgまで

●選ぶポイント

  • シンプルなデザインでおしゃれ


StarTech.com スライド式キーボードトレイ エルゴノミクス対応 KBTRAYADJ


StarTech.com スライド式キーボードトレイ エルゴノミクス対応 KBTRAYADJ
StarTech.comのスライド式キーボードトレイで「KBTRAYADJ」です。天板の下にネジで取り付ける設計になっているため、机にクランプが見えないように設置できるのが特徴です。

エルゴノミクス対応でキーボードトレーの角度調整が可能です。また、高さ調整もできます。大きめで安定感があり耐荷重2kgでタイピングで揺れにくいのもポイントですね。

テンキーが付いたフルキーボードを使用しているかたにおすすめです。

サイズ幅670mm × 奥行き255mm
天板の耐荷重2kgまで

●選ぶポイント

  • 天板にトレーを設置するパーツが見えないのでスッキリ

Fenge キーボードスライダー KT760001WB


Fenge キーボードスライダー KT760001WB
FengeのキーボードスライダーでKT760001WBです。
サイズは幅650mmで奥行き255mmあり、キーボードとマウスをのせて使用して、使わないときにはそのまま収納可能です。クランプで天板に挟むだけで設置可能です。
トレーの手前にはちょっとした小物を入れられるにようなスペースもあります。
価格が安いのも魅力ですね。


サンワサプライ CR-KB2 エルゴノミクスキーボードスライダー


サンワサプライ CR-KB2 エルゴノミクスキーボードスライダー
サンワサプライのCR-KB2は人間工学を基にしたエルゴノミクス キーボードスライダーです。

キーボードの高さと角度を付けることができるのが魅力でタイピングしやすくなります。
さらに、パームレスト(リストレスト)が付いており手首をのせることもできます。
マウスを配置するスペースは内側に移動できるので使いやすい位置に調整可能です。

スチール製で重いためしっかり設置する必要があります。安定感があるのでデスクワークに最適ですね。

サイズ551×248×297mm(梱包サイズ)
天板の耐荷重10kgまで

●選ぶポイント

  • 角度調節が可能なエルゴノミクスのキーボードスライダー


BigTron キーボードスライダー クランプ式


BigTron キーボードスライダー クランプ式 : ネジ
BigTronのキーボードスライダーでクランプ式でドライバーで締めるネジがなくても設置が可能です。
後付けするタイプなので昇降デスクにも対応できます。ステンレス製の金属レールが特徴でしっかりした作りになっています。

細いタイプのリストレストなら設置できるスペースもあるので打鍵をする時に手首も和らぎます。収納できるのでキーボードやマウスを収納できて便利です。

サイズは幅が66cm×奥行き25cmで色はブラックです。

キーボードトレーのランキング

キーボードトレーの売れ筋ランキングはAmazonが便利です。3,000円前後の価格が安い製品も多いです。
サンワダイレクトやリヒトラブがトップ10入りしています。後付けするタイプのクランプ式キーボードスライダーを選ぶ時には重量と設置方法をチェックするのがポイントですね。

担当者より一言

キーボードスライダーは工具を使ってDIYで自作する方もいますが、スライドレールなど安定性が重要になるため市販の方が長く使えます。もし、手作りの机で、木材を合わせたい場合にはモニター台を自作してキーボードは下に入れるのも良いかもしれませんね。画面に近い方が見やすいというかたはキーボードスライダーはいらないと思いますが、ある程度距離をとるためにキーボードスライダーはあると便利です。
クランプで後付けするスライダーは手首の位置が下がるのでタイピングも楽になります。机にのせる机上台のタイプは手軽に使えます。
パソコンを長時間やるようなプログラマの方やエンジニア、ライターの方など作業効率が良くなりますね。

机の上広く使って快適にパソコン作業ができる環境を作りましょう!

この記事は「オススメPCドットコム」担当のタローが書きました。専門家にまけないぐらい徹底分析したいと考えています!

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格・内容・スペックをご確認ください。●Amazonのアソシエイトとして、「オススメPCドットコム」は適格販売により収入を得ています。