会計ソフトおすすめ10選! 個人事業主から大手法人向けまで 2021

会計ソフト おすすめ

パソコンで使える会計ソフトはエクセルで使える無料ソフトや弥生会計のような有料のクラウドソフトがあります。
フリーランスや個人事業主など、帳簿が初心者でも使いやすいおすすめの会計ソフトをご紹介しています。種類もいろいろあるので選ぶときのご参考になれば幸いです。

会計ソフトとは?

会計ソフトは個人事業主や法人など企業の大きさに関わらず事業活動のお金の動きを管理するソフトです。
入金や出金を管理することでお金の流れがわかるようになります。
項目に振り分ける勘定科目が初心者にとっては処理の方法がわからないことが多く、サポートするサービスや入力するときに、わかりやすく入力できるようになっています。

個人事業主の場合には確定申告で青色申告をするために会計ソフトを使う場合が多くなっています。
法人の経営者向けの場合には給与や売掛・買掛、キャッシュフローまで管理できるソフトもあります。

会計ソフトの選び方

会計ソフトの選び方

クラウド型とインストール型(スタンドアロン版)

クラウドのWebサーバーで管理する会計ソフトとDVDソフトでローカル環境で使うスタンドアロンがあります。
フリーランスや個人事業主のかたはクラウド型のサービスがおすすめです。
PCのやスマホなどから入力ができて手早く処理できるのが特徴です。また、サービスが使いにくければ他のソフトに乗り換えるという手軽さもあります。
スタンドアロンやPCにインストールする買い切り型のソフトウェアは一度購入すればコストがかからないというメリットがあります。

無料と有料の違い

エクセルで無料で使えるソフトと有料の会計ソフトがあります。
テンプレートに入力するような無料の場合には費用がかからないメリットがありますが、自由さが逆にデメリットでもあります。
つまり、最終的な金額が合わないような場合には確定申告で使えないからです。ですので、エクセルと会計の両方に知識があるかたなら良いと思います。
有料の場合にはサポートが受けられたり、法改正があった場合にすぐに反映されるという安心感があります。
「やよいの青色申告」や「会計ソフト freee(フリー)」のような人気ソフトではネットでの情報が多くわからない時に処理しやすいという利点もあります。
機能とサービスが無料との大きな違いになります。

機能で選ぶ

レシートや利用明細などを取り込める会計ソフトもあります。手入力よりも正確にデーター化していくことができます。
会計事務所や税理士とデーターを共有できる機能はある程度、事業規模が大きくなると便利です。共有したい場合には会計事務所に対応している会計ソフトを確認しておくとスムーズです。

フリーランスの方なら勘定科目が迷わず入力できるタイプが便利です。検索で調べながら入力するのは時間がかかるので効率的ではありません。
補助のヘルプが表示されるなど実際に使ってみて、わかりやすいサービスを使うと良いですね。クラウド型では無料で試せるものもあります。

会計ソフトのおすすめ クラウド

弥生会計


弥生会計
やよいの青色申告オンラインはパソコンからクラウドで使える会計用ソフトウェアです。
初心者にもわかりやすい画面になっており迷わず入力できます。
会計業務を効率的に入力できるようになっており銀行明細やクレジットカードなど取引データを取り込んで自動で仕分けをする機能があります。
簿記の知識がなくても書類を作りやすい工夫がされており、勘定科目は仕訳しやすいようになっています。
入力していくことで必要な書類ができて確定申告ができます。

複式簿記帳簿を作成したことがないかたにおすすめです。

● 選ぶポイント

  • 入力すれば確定申告の書類ができる
  • 個人事業主向け会計ソフトでシェアNo.1 (2021年5月時点)
価格:¥無料 (1年間)
次年度以降プランにより、8000円、12000円、20000円
(価格は変動する可能性があります。)


クラウド会計ソフト freee


クラウド会計ソフト freee
クラウド会計ソフト freee(フリー)は、個人事業主向けと20名以下の小企業や中企業向け経理用のサービスがあります。
自動仕訳や決算書の作成など確定申告の時間短縮をしたい方におすすめです。
隙間の時間にスマホからでもレシートを読み取って処理することができます。
また、給与ジムの自動化や労務管理、年末調整などのクラウドで効率化することができます。

● 選ぶポイント

  • 会計ソフトのアプリが35,000件以上のレビューがあり人気
価格:¥980 / 月 ~
(価格は変動します。)


TKC FXクラウド


TKC FXクラウド
TKC FXクラウドシリーズでクラウド会計ソフトです。
社長のための会計ソフトで部門を抱える法人におすすめです。
業績を見える化したり変動する損益計算書で粗利や業績を把握することができます。

セキュリティー体制が高く堅牢で安全なデータセンターが特徴です。

● 選ぶポイント

  • 社長の意思決定がしやすいソフト
価格:有料
(価格は変動します。)


MF クラウド会計 マネーフォワード


MF クラウド マネーフォワード クラウド会計
Money Forward(マネーフォワード)のクラウド会計です。
MFクラウドはオンラインなのでデータが消えずWINDOWSやMacなどOSにかかわらず使うことができます
機能としては借方/貸方の伝票入力で仕訳をしたり支払管理などができます。
決算書を作成では、貸借対照表・損益計算書・減価償却の自動仕訳・固定資産管理や、消費税の集計として勘定科目別税区分集計表も作成できます。

初期費用は0円でスモールビジネスでは月額2,980円から使えます。

● 選ぶポイント

  • 簡単に複式簿記の入力ができる
月額 価格:¥2,980~
(価格は変動します。)

会計ソフトのおすすめ パソコン用

エクセル簿記/ExcelB 無料


エクセル簿記/ExcelB 無料
エクセル(Excel)で使える簿記のソフトです。
無料で使えるシンプルな会計ソフトで不動産や農業などの業種でも使うことができます。
マクロを使っていないのでアレンジして使うことも可能になっています。
ある程度、知識があるかたに「エクセル簿記/ExcelB」はおすすめです。

● 選ぶポイント

  • 複式簿記や現金出納帳、売掛帳などを作成できる
価格:¥0
(価格は変動します。)


現金出納帳6 IRT


現金出納帳6 IRT
IRT(株式会社アイアールティー)の現金出納帳6です。
毎日の収支を記録できる現金出納帳や小口現金出納帳などがあり入力したデーターは科目で集計することができます。
部署や銀行ごとに入力することが可能でバックアップも自動でされるので安心です。
パソコンのOSはWindowsのみでMacには対応していません。

パッケージ版でPCへのインストールをして使うタイプで、ストレージは1GB以上の空き容量が必要になります。

● 選ぶポイント

  • 出納帳を印刷して管理することができる
価格:¥2,511
(価格は変動します。)


Weplat 財務応援 R4 Lite エプソン


Weplat 財務応援 R4 Lite エプソン
エプソンの会計ソフトで「Weplat 財務応援 R4 Lite」(ダウンロード版)です。
現金出納帳や売掛帳や毎日の入金・出金伝票など入力しやすい画面になっています。
POSレジデータの自動仕訳にも対応しています。
給与から財務、税務処理まで幅広い業務をカバーできます。
クラウド経由で会計事務所とデータの受け渡しができる法人向けソフトです。

自社サーバーに導入したい場合におすすめです。※買い切りではなく年間ライセンス料が必要になります。

● 選ぶポイント

  • 約10,000件の会計事務所が導入
価格:¥20,199
(価格は変動します。)


大蔵大臣NX


大蔵大臣NX
CMでもおなじみの大蔵大臣NXのスタンドアロン版です。
ディスクのメディアの製品なのでDVD-ROMドライブを搭載しているパソコンが必要になります。
初心者から上級者まで使えるソフトウェアです。
伝票入力と合わせて財務諸表ができるようになっており、支払いから売掛・買掛の管理まで行うことが可能になっています。

上場企業などでも使える大手の法人向けに最適な会計ソフトです。

● 選ぶポイント

  • キャッシュフローの計算まで行える企業向け会計ソフト
価格:¥176,000
(価格は変動します。)


ソリマチ会計王21 NPO法人スタイル


ソリマチ会計王21 NPO法人スタイル
会計王はソリマチ株式会社の会計ソフトです。
自動仕訳ができるのが特徴で、やりかたがわからない場合でも専属スタッフによる電話サポートが受けられます。
15ヶ月間サポートされるので、使い始めで不明点が多いときには便利です。
また、時期の最新製品がリリースされた時には無料で提供されるようになっています。

決算は印刷できるようになており、個人事業主は青色申告と白色申告の両方に対応しています。
税務署から配布されるOCR用紙に直接印刷できるのも便利ですね。

● 選ぶポイント

  • サポートがあり独立開業したビジネス初心者も便利
価格:¥44,000
(価格は変動します。)


青色申告らくだ21


青色申告らくだ21
青色申告らくだ21はBSLシステム研究所の会計ソフトです。
B/SやP/Lを見ることができるので経営判断するときに最適。消費税率10%と軽減税率に対応しています。
帳簿に記帳(入力)した内容より申告書に取り込むようになっています。

会計や経理などに関わったことがないと少し難しいかもしれません。

● 選ぶポイント

  • アップデート対応の保守サービス付き
価格:¥7,673
(価格は変動します。)

まとめ

会計ソフトはフリーランスや個人事業主なら手軽に始められるクラウドタイプがおすすめです。
Webブラウザやアプリで使えるのでインターネットに接続できればパソコンのスペックにとらわれず使うことができます。
年会費や月額など費用はソフトによって違ってきますが、事業規模によって選ぶと良いと思います。個人向けや中小企業が使うのに比べて大企業で使う勘定奉行のようなソフトウェアもあります。

青色申告で確定申告するときには使いやすい会計ソフトがあると効率的ですね。


関連情報
経理で使いやすいテンキー

●購入のご注意点 - ショップやメーカーの販売サイトにて価格や内容が更新されている場合があります。購入前に販売サイトにて商品の価格とスペックについて、ご確認をお願いいたします。(ボタンが2つある時は価格を比較をして安い値段を表示しています。)