MARSHALの外付けHDDがおすすめ【激安】評判は?

MARSHAL SHELTERの外付けHDDがおすすめ

外付けHDDを選ぶ時にどのメーカーを買えば良いかわからないということはありませんか?
いろいろなメーカーの中で探していると、めちゃくちゃ売れているHDDを見たことがあるかもしれません。
MARSHALというメーカーのSHELTERシリーズの外付けハードディスクが人気です。

MARSHAL(マーシャル)のHDDは安くて安定したHDDで評判も良くおすすめです。

MARSHALの外付けHDDがおすすめ

MARSHALの外付け用ハードディスクがおすすめです。
なんといってもコストパフォーマンスの良さですね。


MARSHAL MAL33000EX3-BK

MARSHAL MAL33000EX3-BK
MARSHAL MAL33000EX3-BKは、USB3.1(Gen1)で接続できる外付けHDDです。
USB 3.0や2.0でも使うことが可能です。
容量は2TB~8TBまで選ぶことができます。

パソコンのデータを保存したり、テレビの番組を録画して保存できます。
目安として3TBだと約360時間の録画ができます。

パソコンの対応機種
Windows 10/8.1、Mac OS X 10.11以降

スペック

  • フォームファクタ:3.5インチ
  • HDD 回転数:7200
  • 重量:1.12 kg

TV対応機種
シャープ「アクオス」、ソニー「ブラビア」、パナソニック「ビエラ」、Hisense、東芝「レグザ」、FUNAI、オリオン、三菱電機、LG Electronics、日立「Wooo」など。
(対応の詳細はメーカーHPで確認する必要があります。)

価格の相場は3TBで、7,980 円です。(価格は日によって変動します。Amazonや楽天の詳細ページでご確認ください。)

3TBと2TBを比べると1,200円ぐらいしか違わないのでHDDがすぐにいっぱいになってしまうような時は3TBの方が良いですね。特に映画など動画のデータを保存する場合には容量も多く使うため、3TB以上あると長く使えると思います。データの容量がいっぱいにならないように不要なデータは削除することも必要ですね。


MARSHAL MAL34000EX3-BK

MAL34000EX3-BK
MARSHAL SHELTERで据え置き型のハードディスクでMAL34000EX3-BKです。
TV録画対応している3.5インチの外付けHDDで、パソコンの場合には電源が連動してOFFになるので切り忘れもなくなります。
熱の温度上昇を抑えるエアフロー設計になっておりハードディスクを長く使うことができるようになっています。

容量は320GB~8TBまで選ぶことができます。
※レビューでは動作音がうるさいという声もあるので静音性を重視するかたは避けた方が良いと思います。

4TB 価格:¥11,500
(価格は変動します。)

MARSHAL MAL32000EX3-BK

USB3.0を搭載したMARSHALの外付けHDDです。
USB2.0と比べると速さはおよそ10倍のスピード。
ファイルの書き込みをする時に使うのがストレージなので、速さはとても重要です。

テレビでデジタル放送を録画すると2TBなら約240時間分のデータを入れておくことができます。
価格の相場は2TBで、6,800円です。(楽天の方が安いですね。Amazonは売り切れました。)


MARSHAL MAL22000H2EX3-MK

MAL22000H2EX3-MK MARSHAL 外付け ハードディスク 2TB

MAL22000H2EX3-MKはMARSHALの外付けハードディスク。USB給電のバスパワー方式で電源不要です。ACアダプターがなくてもUSBケーブル1本で電源を供給できます。 放熱性のあるアルミボディが良いですね。光沢感がありスタイリッシュ。

持ち運びがしやすい機種で重さは約263gです。

容量は3TB~750GBまで選ぶことができるポータブルHDD。 テレビの録画対応もできるタイプで番組をたくさんいれるなら3TBが良いですね。 Windowsではフォーマット形式NTFSフォーマットです。MacではFAT32フォーマットに変更する必要があります。

価格の相場
  • 500GB 価格:4,818円
  • 1TB 価格:5,200円
  • 2TB 価格:7,160円

テレビで外付けHDDを使う

テレビで録画した番組をHDDに保存することができます。 お気に入りの番組が多いときには便利ですね。

テレビ側にUSB接続ポートがあるかどうか確認しましょう。 ハードディスクとテレビはUSBでつなげて転送します。

パソコンで外付けHDDを使う

ノートパソコンのようにHDDの容量の限界がある場合には外付けHDDを積極的に活用していきたいものです。 OSの更新などはストレージがいっぱいになると更新もできなくなってしまいます。 外付けのHDDの方に保存してよいファイルはパソコンのCドライブに入れるよりも、外付けHDDに入れましょう。

評価の高い外付けHDD

MARSHAL SHELTERの外付けHDDは楽天などのネットショップで星が多くレビューも良いです。 FFF SMART LIFE CONNECTED株式会社が販売店で長い実績がある会社ですね。

HDDの音がうるさいというレビューもありますが、それほど音はしないという話もあるので気にならない程度でしょう。 白いモデルもありますが、SHELTER 3000GB MAL33000EX3-WHには、初期不良のロットがあるようなので白いタイプはご紹介していません。

評価できる点はやはりコストパフォーマンスです。通常のHDDの相場よりも約40%ぐらい安いです。 品質も安定しており、おすすめできるHDDですね。

PCのHDDは3~5年という寿命があるので使う時だけ動く外付けHDDが安全です。 パソコンの買い替え時期を待たずにHDDだけでも大事なデータを保存して管理するのをおすすめします。

バッファローの外付けSSDは読み書きも高速です。ストレージのスピードが優先ならSSDは良いですね。