ぼっちテントがおすすめ!机でパソコン作業に集中できる

ぼっちテント

ぼっちテントは屋内に書斎をつくるためのテントです。

「パソコンで作業しているのを家族から丸見えだと集中できない。」
というかたには、
ぼっちテントはパソコンの机の周りに集中できる自分のスペースができておすすめです。
ゲームや勉強、仕事などでネットカフェのような個室の空間を作ることができます

部屋の中にテントを張って、机や椅子とパソコンを入れるとちょっと狭いですが、それぐらいの方が落ち着いて作業できるという方に良いアイテムです。

まずはぼっちテントについて知る

ぼっちテントについて知る

出典:Bauhutte

「ぼっちテント」はバウヒュッテの商品名ですね。
キングジムのtwitterで一気に人気が出ました。
その他、パソコンテントとか、机テントと呼ばれたりします。

自分だけのスペースを確保して集中して作業できるので、秘密基地のようにこもりたいという時に良いですね。一人用テントとしてプライベート空間でパソコン作業ができます。
でも夏場は暑いのでエアコンがある部屋に設置をした方が良いです。

パソコンのテントは黒しか販売されていないので、白が良いかたは自作をしたりパーティションを使うしかないですね。

でも、「ぼっちテント」の130cm×130cmの空間が良いのだと思います。
ネットカフェのような自分だけの空間です。

防音では無いので、楽器の演奏とかはだめですね。テントの外に全部聞こえます。

ぼっちテントの使い方

ぼっちテントの使い方

出典:バウヒュッテ/ ぼっちテント

バウヒュッテのぼっちてんとやぼん家具のパソコンテントを想定して使い方をまとめました。

まずテントを出す前に設置する場所を130cm角は確保する必要があります。
できれば、エアコンの近くだと中が暑くなった場合に快適です。

テントを開く前にコンセントの確認をしておくと良いですね。

収納袋からテントを出すと自然に開きます。
※開くときにゆっくり開いて収納できるように、たたむ向きを覚えておくと良いです。後で畳み方がわかるようにメモしておくのも良いですね。
畳めないという方もいるので、テストをせずに設置位置を決めてから開いた方がよいです。

テントを開いたら形を整えて、机やパソコン、椅子などを設置すれば完成です。デスクトップでモニタにケーブルが届くなら、PCのみテントの外に出すのもありですね。

ぼっちテントはフル集中したい方におすすめです。
例えば、ゲームに入り込んで楽しみたい方。
受験の勉強で集中したい学生さん。
テレワークでビジネスとスペースを分けたいかた。
クリエイティブな仕事で光源の色ブレをなくした環境を作りたいかた。

注意点としては、遮光性がある場合でも遮音性は無いのでスピーカーなどは大きくすると周囲に迷惑がかかるので注意です。

ぼっちテントのおすすめ8選

Bauhutte(バウヒュッテ)ぼっちてんと BBT1-130-BK


Bauhutte(バウヒュッテ)ぼっちてんと
Bauhutteの「ぼっちてんと」は人気のあるデスク用のテントです。
テントの中には最大で横幅100cmのデスクを置けます。

通気性に優れている構造のテントで、中が暑くならないような工夫がされています
大きめの入り口や、開け閉めできる窓、天井部分はファスナーになっているので開閉することが可能。
また、暗室化することできるように遮光性のある生地を使っており、ゲームや映画を見たりするのに最適です。

収納する時には、ねじるようにすればテントを小さく折り畳めるポップアップ構造になっています。たたむと直径が60cmぐらいにコンパクトなり、円形の収納袋に入れることができます。

ゲーミングや勉強など集中したいスペースができます
バウヒュッテはゲーミングチェアなどでも有名なゲーミング周辺のアイテムを作っている日本のブランドです。

スペック

  • サイズ:幅130cm×奥行き130cm×高さ150cm
  • 重量:2.85kg
  • Bauhutteデスクに適合。(BHD-1200M、BHD-1000M)
  • 生地:ポリエステル 100%
  • ワイヤー:スチール
  • spec6:000
  • spec7:000

●選ぶポイント

  • バウヒュッテで人気がある「ぼっちてんと」
  • ネットカフェのような没頭できる空間が作れる
  • 完全な暗室にすることも可能
価格:¥9,981
(価格は変動します。)


ぼん家具 ZESTRANSIR パソコン テント


ぼん家具 ZESTRANSIR ゲーミングテント
ぼん家具 ZESTRANSIRのパソコン用テントです。ゲーミングデスクなどを中に入れて使います。

勉強やゲームに集中できる空間ができるテントです。
テントのファスナーは両側から使えるので中に入ってから内側からでも閉めることができます。

サイズは高さ150cm×奥行き130cm×130cm。
収納バックが付属しており、たたむと直径59cmぐらいになります。
(遮音性や防音性はありません。)

バウヒュッテの「ぼっちてんと」と比較してもサイズや素材は、ほぼ同じです。
好きなブランドや価格などで選べば良いと思います。

スペック

  • サイズ:幅1300×奥行1300×高さ1500mm
  • 重量:約2.7kg
  • 材質:ポリエステル

●選ぶポイント

  • 安いパソコン用のテント
  • 日本のブランドで安心
価格:¥9,980
(価格は変動します。)


スマイル(SMILE) 机のテント


スマイル(SMILE) ぼっちテント
スマイル(SMILE) の机で使えるテントです。
バウヒュッテと比べると幅が一回り小さいサイズです。
幅125×奥行125×高さ160cm

安いテントなら良いですね。
ポップアップ式のワイヤー構造でワンタッチで開きます。
カーテンを固定することができます。

スペック

  • サイズ:幅125×奥行125×高さ160cm
  • 素材:ポリエステル

●選ぶポイント

  • コスパの良い机のテント
価格:¥8,990
(価格は変動します。)


サンワダイレクト パソコン テント


サンワダイレクト パソコン テント
サンワダイレクトのパソコン用テントです。
他のメーカーと比べると小さめのタイプ。
高さは150cm、幅が90cm、奥行きが110cmです。

幅があまり無いので、60cmまでのちゃぶ台や小さめの机が使えます。

スペック

  • サイズ:使用時/約W1100×D900×H1500mm
  • 収納時/直径800mm
  • 重量:約2.7kg
  • 生地:ポリエステル
  • 日本語取扱説明書あり

●選ぶポイント

  • 小さめのパソコン用テントが良い場合
価格:¥7,980
(価格は変動します。)


BIBILAB BT1-130-BK 間仕切り 机 テント


BIBILAB 間仕切り 机 テント
BIBILABの机用のテント BT1-130-BKです。
130cm角で高さは150cmです。

秘密基地のようなテントで勉強に集中できます。
自分だけの空間ですね。
現在は、売り切れになっています。
バウヒュッテの「ぼっちてんと」が同じようなスペックなのでそちらをおすすめします。
ブランドは違いますがビーズ株式会社はバウヒュッテと同じ運営会社なので安心です。

価格:- (売り切れ)


BIBILAB (ビビラボ) 室内用テント ぼっちてんと BT1-11


BIBILAB (ビビラボ) 室内用テント ぼっちてんと BT1-11
BIBILAB BT1-11のぼっちてんとです。
サイズは他のメーカーと比べると若干高さがあり、メッシュ窓は左右に2箇所あります。
サイズ:幅130×奥行130×高さ160cm
大型のDドアでダイヤルロック鍵が付属しています。
テントの四隅からパソコンの配線コードが出せるのが良いですね。

黒いテントでパソコン作業や仕事を覗き見されずに、集中できます。

価格:- (売り切れ)

まとめ

ぼっちテントがあれば部屋の中にテントを張って、自分のスペースができます。
落ち着いて作業できるので仕切りやパーティションよりもおすすめのアイテムです。

書斎がなくても集中してゲームや勉強、仕事ができますね。
誰にもじゃまされない自分だけの空間は快適です。

参考文献

Bauhutte(バウヒュッテ)公式サイト