子供用ブルーライトメガネ おすすめ10選!選び方

子供のブルーライトメガネ

子供用ブルーライトメガネのおすすめをご紹介します。

「子供がパソコンをする時に目は大丈夫?」
ということがあると思います。

子供の目は親からすると心配ですよね。
長時間パソコンやゲームをしていて声をかけてもなかなかやめられないものです。スマホやタブレットなどを見る時にはブルーライトメガネで有害な強い光線から目を保護しましょう。
成長途中なのお子さんの眼を紫外線やブルーライトからメガネで守るのは大事ですね。

ブルーライトメガネは子供用もあります。
顔にぴったりフィットして有害な可視光線をブロックできます。

jinsやZoffなど人気のメーカーもあわせて、人気ブランドのおすすめをまとめています。
デザインや安全性などそれぞれのメガネの特徴をあげて選びやすいようにしています
ぜひ、ご参考ください。

子供用ブルーライトメガネの選び方

子供用ブルーライトメガネの選び方

子供用のブルーライトメガネの選び方です。大人と同様に子供の目を強い光から守るようにしましょう。

メガネを選ぶときには年齢に対応しているかチェックすると良いです。

大人と子供の顔のサイズは違いますし、鼻の位置と高さが大人とは変わります。
ただ、メガネには細かいサイズがあるわけではなく、「小学生の低学年ぐらい」とか「中学生ぐらいまで」といった分け方です。
デザインも変わってくるので年齢にあったものを選びましょう。

ブルーライトメガネは度ありと度なしがある

ブルーライトメガネは度ありと度なしがある

ブルーライトメガネは度ありと度なしがあります。

目が悪くなってしまった子の場合にはZoffのメガネのように度付きのメガネを選んでレンズをブルーライト対応のコートをすることができます。

近くは見えるという子なら「度なしのブルーライトメガネ」が使えます。
度なしの伊達メガネの方が安く買えます。
金額的には1500円~3000円ぐらいが相場です。
度が入っているタイプなら5000円ぐらいはしますね。

子供がスポーツする時のメガネ

子供がスポーツする時のメガネ

ブルーライトメガネは「紫外線もカットするので、外でスポーツをする時にもかけた方が良いかもしれない。」と思われるかたもいるかもしれません。

結論としては、スポーツをする時にはメガネはしない方が良いです。
子供はドッチボールをやったりしますが、メガネに当たると壊れてしまうからです。

これは実体験なんですが、うちの子供はボールが顔に当たって壊してしまいました。
まだ小学生の低学年ぐらいだとボールを取るのも、よけるのもうまくないんですよね。

子供のブルーライトメガネ おすすめ8選

子供のブルーライトメガネおすすめをまとめました。
ネットで調べても意外と商品が多く、選ぶのが大変です。

そこで、評判が良いブルーライトメガネで、すでにレビューが付いて実績があるものだけに厳選しています。
どうぞご参考ください。

JINS 子供のブルーライトメガネ


JINS 子供のブルーライトメガネ
JINSの子供用ブルーライトメガネです。
日本の会社で世界展開をしている大きなブランドです。

JINSのキッズ用のメガネはおよそ7000人の子供の声を反映
メガネは軽くて柔らかくなっているので子供が付けても安心ですね。

安全な品質のブルーライト研究会認証企業に合格しています。
ジンズスクリーン40%カットは子供用はないので20%カットになります。

6歳~8歳ぐらいのお子さんにぴったりです。

●選ぶポイント

  • 大手のブランドで安心
  • 軽いメガネで付けていて楽
  • 有名なプロダクトデザイナーによるメガネ
価格:¥3,300
(2020年7月28日の時点です。価格は変動します。)

Zoff 子供のメガネ:ブルーライト対応可能


Zoff 子供のメガネ:ブルーライト対応可能

Zoff の子供用メガネです。
すでにちょっと目が悪くなってしまっている。
という場合には度が入っていてブルーライトカットのメガネをネットで作ることもできます。
どれぐらいの度を入れるか処方値がわかれば店舗に行かなくても大丈夫です。

度入りでブルーライトカットのメガネを作りたいときにおすすめです。

●選ぶポイント

  • ネットでブルーライトカットの度入りメガネが作れる
  • フレームの種類が豊富
  • 6ヶ月のあいだは無料で度数交換できる
価格:¥5,500~
(2020年7月28日の時点です。価格は変動します。)

Cyxus 子供のブルーライトメガネ


Cyxus 子供のブルーライトメガネ

Cyxusの子供用のブルーライトメガネです。
度は入っていません。
子供のブルーライトと紫外線から目を守るためのメガネです。

Cyxusはアメリカで登録されたPCメガネのブランドで国際的な技術も多くもっています。医療機器を販売するための米国FDA認証、CE認証などを受けています。

デザインも子供らしくていい感じですね。

●選ぶポイント

  • おしゃれな子供用メガネ
  • 米国FDA認証で安心
  • 医療用に開発された素材(TR-90)なので軽いフレーム
価格:¥2,999
(2020年7月28日の時点です。価格は変動します。)

女の子用 ブルーライトメガネ MARIDA


女の子用 ブルーライトメガネ MARIDA
MARIDAはアイウェア専門のメーカーです。

女の子が使えるピンクのブルーライトメガネです。
子供にとっても、メガネをかけた時にも見た目が気になるものです。
でも、色もカワイイのでこれなら良さそうですね。
2歳~10歳ぐらいの子に丁度良いサイズ。

●選ぶポイント

  • 価格が安いブルーライトメガネ
  • 紫外線カット
  • 色の差がほとんどない透明レンズ
価格:¥1,599
(価格は変動します。)

男の子用 ブルーライトメガネ MARIDA


男の子用 ブルーライトメガネ MARIDA
MARIDAの男の子におすすめのブルーライトカットのメガネです。
色は6種類から選べますが、ブラックにイエローのフレームはカッコいいですね。

子供がゲームやiPadなどのタブレットを子供が見ているとします。
そんな時でも、フレームが黄色だとお母さんがチェックする時にわかりやすい色です。
子供がちゃんとメガネをかけているかどうかすぐにわかります。

ゴム製のノーズパッドは鼻が痛くなりにくいので良いですね。

●選ぶポイント

  • 紫外線カット
  • フレームとレンズの生涯破損保証
  • ゴム製のノーズパッド
価格:¥1,799
(2020年5月1日の時点です。価格は変動します。)

4歳から8歳向けのブルーライトメガネ:Shinin’eyes


4歳から8歳向けのブルーライトメガネ

Shinin’eyes (シャイニンアイズ )の子供用のブルーライトメガネです。

Shinin’eyesの特徴は高エネルギーの可視光線から目を守ることができます。
目の奥にある網膜まで届くのが強い可視光線です。
このメガネはUV420まで対応しています。
HEV対応のブルーライトカットメガネで最強といえるでしょう。
(HEVは高エネルギー紫光線の意味です)

TR-90なのでフレームが軽く、4歳から8歳のお子様に最適なサイズです。

●選ぶポイント

  • UV420まで対応
  • 小学生の低学年向けのブルライトメガネ
  • 効果がない場合は全額返金
    (30日以内でメーカーから返金)
価格:¥2,480
(2020年5月1日の時点です。価格は変動します。)

10歳から15歳向けのブルーライトメガネ:Shinin’eyes


10歳から15歳向けのブルーライトメガネ:Shinin'eyes
Shinin’eyesの10歳から15歳向けのブルーライトメガネです。

小学生の高学年から中学生ぐらいまでの頭のサイズに対応しています。

ゲーム機やスマホなどからの有害な光線から目を守ります。
ちなみにゲーム用メガネもおすすめです。

ブルーライトは脳への影響も大きく、イライラしてしまうこともあります。

子供のイライラが反抗期なのか、ブルーライトが原因なのかよくわからない場合には、子供にメガネをかけてもらいましょう。
Shinin’eyesは有害光線を99.94%カットします。

●選ぶポイント

  • 有害光線のカットに優れているメガネ
  • 軽く耐久性に優れている
  • 度なしのメガネ
価格:¥3,650
(2020年5月1日の時点です。価格は変動します。)

Gudzws 子供のブルーライトメガネ


Gudzws 子供のブルーライトメガネ

Gudzwsの子供のためのブルーライトカットです。
ブルーライトを90%以上カットします。

とても安くコストパフォーマンスに優れたメガネです。
子供がメガネをかけるかどうか解らないので、ためしに用意しようという時に良いですね。3歳~10歳で使えます。

●選ぶポイント

  • 価格の安い子供用のブルーライトメガネ
  • メガネクロス付き
  • プラスチックケース付き
価格:¥1,399
(2020年5月1日の時点です。価格は変動します。)

FREESE 子供のブルーライトメガネ


FREESE 子供のブルーライトメガネ

FREESEのブルーライトメガネは人間工学に基づいたデザインで疲れにくいのが特徴です。
メガネをかけた時に子供にもあまり負担がかかりません。

使い心地を大切にしているFREESEはレビューの評価も良いですね。
小学生の低学年ぐらい、2歳〜6歳でお使いいただけます。

●選ぶポイント

  • 人間工学のデザイン
  • レビューで評価の良いブルーライトメガネ
  • メガネケースとメガネ拭き付き
価格:¥2,480
(2020年5月1日の時点です。価格は変動します。)

軽い子供のブルーライトメガネ:JIMMY ORANGE


JIMMY ORANGE 子供のブルーライトメガネ

とても軽い子供用ブルーライトメガネです。
重さは16gです。

JIMMY ORANGEのメガネは約40%のブルーライトをカットできます。
ポリエステル系熱可塑性エラストマーと呼ばれる、柔軟性に優れた素材です。

●選ぶポイント

  • とても軽いブルーライトメガネ
  • 柔らかいフレーム
  • ブルーライトを低減
価格:¥1,599
(価格は変動します。)

子供にブルーライトメガネは必要?

子供にブルーライトメガネは必要

「子供にブルーライトをカットする眼鏡は必要?」
そんな声もあります。

でも、子供は大人と違ってまだ成長中です。
メガネをかけるだけで有害な光源を低減したり、カットすることができます。レンズの色が濃い方がカットする割合も高まりますが、あまり色が濃いとサングラスのようになってしまうので、キッズ用なら見た目も大事ですね。

ブルーライトが体に及ぼす影響は大きいです。
紫外線より高い光線は角膜まで到達するので脳にも直接影響があります。
イライラしたり夜になってもなかなか眠れないといったことがおこります。

ほかにも、何回もこどもに声をかけてもなかなか寝ないってことがでてきます。
子供がイライラしたり、夜になってもなかなか寝ないのはブルーライトの可能性があります。

そのようなこともあるので、後で後悔しないためにもメガネを用意してあげましょう。
子供の目はこれから一生使います。

メガネをかけても効果がないのでは?

ブルーライトカットの効果

「メガネをかけても効果がないのでは?」
とお考えのお母さんやお父さんもいるかもしれません。

そんな時にはメガネを返却可能な商品を選ぶのも一つの方法です。
ブルーライトカットの効果が感じられなければ返品しましょう。
たとえば、「Shinin’eyes」では30日以内なら返品OKです。

まとめ

ブルーライト対応のメガネを子供に用意してあげれば安心してゲームやノートパソコンを使わせることができますね。

目を守る方法としてはブルーライトカットのコンタクトも存在します。
でも、小学生などではコンタクトを用意するまでではないという場合も多いと思います。
メガネならかけ外しするだけなので簡単ですね。

子供は伊達メガネとかも好きなので「メガネ似合っているね」と声をかければ、パソコンやゲームをする時には素直に使ってくれますよ。お気に入りのメガネが見つかると良いですね。

子供のためのパソコン関連記事
塾や一部の学校ではオンライン授業もはじまっています。
ますます子供がパソコンにふれる時間が増えてきていますね。
オンライン授業に最適なパソコンのおすすめもまとめています。

メガネよりも画面で紫外線などをカットする場合にはブルーライトカットフィルムもおすすめです。フィルムを画面に貼って失敗しても返品に受け付けていて、もう一度貼り直せるというメーカーもあります。

ブルーライトメガネの関連記事
大人向けのおしゃれなブルーライトカットメガネもあります。
目を長時間使うパソコンの作業に最適ですね。